あなたのGifアニメーション作品で、賞金25万円もらえるかも?

気になる話題

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。Gif っておもしろいですよね。今時アプリを使えば、手軽に Gif を作ることができるようになりました。実は 1987 年生まれという歴史を持つ Gif アニメーション。スマホの普及によって、モバイル環境でも動的な情報を伝えやすくなりました。

知ってましたか? Gif の個展や、コンテストが開かれていることを。2000 年代に廃れたように見えた Gif 文化がここにきて、大盛り上がりをみせています。今回は、Gif に興味を持っている映像クリエイターに耳寄りな情報をお伝えしちゃいます。

Gif の歴史

Whatisgif

Gifとは、グラフィックス・インターチェンジ・フォーマットの略です。256 色以下の可逆圧縮形式のファイルフォーマット。ちなみに呼び方は「ジフ」であると、設計者の Steve Wilhite がインタビューで答えています。

1987 年に規格 GIF87a が公開され、現在使われている規格は GIF89a となっています。ライセンスフリーだった経緯があり、日本以外での画像交換の標準フォーマットとして使われていました。

というわけで、サクッと歴史を振り返ってみました。もっと詳しくは wikipedia をご覧ください。

Twitter・Facebook では Gif を標準サポート

Twittergifhyoujun

2014 年に Twitter ・2017 年に Facebook で、標準サポートされました。それだけではなく Gif の検索エンジン GIPHY から動的コンテンツを添付できるんです。

Abstract loop

iPhone では LivePhoto や Instagram の 1 秒動画など無限にループして、クリックせずにみれる映像というコンテンツは時代に求められているのかもしれません。

Gif の企画展が開催されているって知ってた?

MASSIVE Expansion  sale
image:ジフ展

2015 年に東京 神田にあるギャラリー「TETOKA」で、「ジフ展」が開催されました。アトラス開発者ブログのデザイン担当まおさんのレポート記事「ジフ展に行ってきた!GIFアニメはやっぱり魅力的」が、イベント当時の様子がわかるので参考になります。

MASSIVE Expansion  sale
image:多摩美GIF部 『Room.gif』

他にも、2016 年には原宿のデザインフェスタギャラリーで、GIFMAGAZINEと「多摩美GIF部」とコラボレーションした企画展「Room.gif」が開催されたり Gif がにわかに脚光を浴びてきているんですよ。

日本最大級のGIFアニメコンテストで、賞金 25 万円を勝ちとれ!

Main

Gif の覇権を後押しする風が、今年も吹き荒れる気配がしてきました。日本最大級のGIFアニメコンテストが、今年も開催されます。

Sub4

GIFMAGAZINE とアドビ システムズ 株式会社が主催するGIF アニメーションコンテスト「theGIFs。今年で 5 周年を迎え、最優秀賞作品には賞金 25 万円が授与されます。マジで、Gif プロクリエイターへの期待が半端ない!

Sub1

応募期間は、2018 年 8 月 13 日(月)〜 2018 年 11 月 5 日(月)まで。作品の応募には、GIFMAGAZINE への会員登録が必須になります。表彰式イベントは、 2018 年 12 月 8 日(土)。

Gif の盛り上がりを全身で感じて、ちょっとでも Gif 制作に興味のあるクリエイターは賞金 25 万円を勝ち取りに行こう!

コンテストに参加する

GIF 作家という職業について

170208 cc gif main
image:20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス』- by DODA –

今回ご紹介したコンテストの主催の一つでもある GIFMAGAZINE を運営する creative box 代表取締役社長の大野謙介は、GIF の今後について次のように語っている。

「まず、GIFMAGAZINEをベースにGIFの仕事や作家が職業として確立していけばいいな、という願いがあります。
スマホ時代の楽しい瞬間映像体験!! 伝える!伝わるGIFアニメの魅力 より引用

私自身も、ブログで視覚情報を伝えるために Gif を使います。とても手軽に作れる無料ソフトや、スマホアプリが登場していますからね。それでも、YouTube 動画より、Gif を作る方が難しいんですよ。

容量や、ループのタイミング、どの場面を切り取るべきか、本当に伝わるのかどうか。突き詰めればアートの域にまで達します。それはプロの技術と呼べるのではないでしょうか。

GIF 作家が世間的に認知される日が、とても楽しみです。

まとめ

実は Gif と同い年なんですよ。どうでもいい情報ですけどね(笑)。個人的に Gif の歴史と、自分の人生を重ねてしまいました。一度廃れかけた画像フォーマットも、時代が追いつきさらに発展していく。なんだかワクワクしてきちゃいました。

もしかしたら「theGIFs」で最優秀賞に輝くのは、この記事を読んでくださったあなたかもしれませんよ。ご報告を、心よりお待ちしております。

 

それでは、あなたの人生にドラマを!

サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

記事へのお問い合わせ

soundorbis

293,895 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、ワクワクが止まらない情報を発信していきます。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS