• HOME
  • iPad
  • iPad Pro 11 vs 12.9 比較!画面サイズは、どっちを選ぶべき?

iPad Pro 11 vs 12.9 比較!画面サイズは、どっちを選ぶべき?

iPad
助手くん
助手くん
iPad Pro 買うなら、10.5 インチと 12.9 インチどっちがいいでしょうか?

って疑問を、解決していきます。こんな感じで iPad 使ってる方向けです↓

おもな iPad の使い方
  • DTM音楽制作
  • 映像コンテンツ視聴
  • ゲーム
  • ...など

Apple 製品歴 10 年以上のサウンドオルビスが、どちらのサイズを買うべきかズバリお答えしましょう。

というわけで今回は、iPad Pro のサイズは、どっちを選ぶべきなのか解説していきます。

注意

2019/07/14現在、9.7・10.5 インチは、整備済製品や中古品で入手可能です。以前は10.5インチがメインの内容でしたが、11インチむけに修正しました。

iPad Pro のサイズは、どっちを選ぶべき?

iPad Pro のサイズは、11 インチを選ぶべき!

わたしがオススメするのは、12.9インチではなく...11 インチです。

どうして、11 インチを選ぶべきなのか、3つの理由を説明させてください。

理由1:小さいくて。扱いやすい

1つ目の理由は、iPad Pro 11 インチは、12.9インチに比べて小さいくて扱いやすいからです。

  • 外に持ち運ぶ
  • 寝ながら作業
  • 写真を撮る

↑こんな感じで使うなら、11インチの小さい画面の方が扱いやすいです。

実際おおきすぎて困ったのは、音楽制作のように iPad Pro 全体を動かす動作です。

たとえば、Garageband のシンセサイザーで遊ぶときに、iPad Pro 全体をグリグリさせて遊ぶなら小さい方がいいです。

動かす範囲も少なく、見るべき範囲も小さいほうが、使いやすいと感じました。

Grageband 使うなら、Macbook Pro 買ったほうがいい

iPad Pro 12.9 インチで Garageband 使うなら、Macbook Pro を買ったほうがいいです。

iPad Pro 12.9 インチで曲作りをしようとおもうと、IK Multimedia の iLoud Micro Monitor でみられるような据え置きにする必要があります↓

Iloudmm sl ipad

小規模スタジオに最適なモニター IK Multimedia iLoud Micro Monitor より引用

据え置きにするなら、キーボードを使ったほうが効率的です。

さすがに、Macbook Proでエェやん!って結論にいきつきますよね。

録音の度に、iPad Pro の画面にタッチするのはめんどうです。

コンパクトな音楽制作環境を狙うなら、ますます 11 インチのほうがおすすめです。

理由2:軽くて、ギリギリ片手で操作できる

2つ目の理由は、11インチならギリギリ片手で操作できる範囲だからです。

iPad Pro のサイズの違いによる重さは、こんな感じ↓

11インチと12.9インチの重さ比較

重さ比較11インチ12.9インチ
重さ468 g631 g
重さの感想めちゃ重い。片手で5分も、持てない。軽い。片手で操作できるギリギリの重さ。

重さの参考:iPad Pro - 仕様 - Apple(日本)

12.9インチは、むかし700g をこえていました。それに比べて、かなり軽くなった印象です。

片手で操作しても大丈夫な 11 インチは、万人に受け入れてもらえるサイズ感だと思います。軽さはやっぱり正義です。

手に持って iPad Pro を使う機会がおおいなら、11インチがおすすめです。

理由3:タッチ操作の画面サイズは、11インチが最高

3つ目の理由は、タッチパネルの操作範囲は11インチが最高だからです。

12.9インチになると、画面の端から端までうでをうごかすことが、とても大変です。

15インチのパソコンで考えると、よくわかります。

パソコンは大きな画面サイズでも、マウスを使うため動作が少ないんです。

手首の動きだけで、大きな画面でも操作できるから発明だったんです。

12.9インチは、タッチで操作するタブレットの本当の限界だと思います。

とくに筆者のように手や体が小さいと、余計にそう感じやすいと思います。

タッチ操作の気持ち良さを感じたいなら、11インチのほうがおすすめです

12.9インチ買うなら、Macbook を買う選択肢がある

12.9インチ買えるなら、Macbook を買った方が幸せになれると思います。

価格を比較してみましょう↓

iPad Pro 11インチ と Macbook Air 13 インチの価格比較

価格比較11インチ iPad Pro13インチ MacBook Air
価格106,800 円(税別)139,800 円(税別)
カスタマイズ256GB・シルバー・Wi-Fiモデル1.6GHz(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)・256GB

参考:iPad Pro11インチ購入価格Macbook Air13インチ購入価格

33,000 円(税別)を追加すれば、iPad Pro よりもできることのおおい Macbook Air を買うことができるんです。

たとえば音楽制作で、こんなストレスを抱えることがあります↓

iPad Pro でできないこと
  • Garageband で MIDI を、オーディオで書き出せない
  • キーボードが使えない
  • マウスが使えない
  • ブログ更新で、HTMLコードが書きづらい
  • ...など。

まだまだ iOS は、macOS の機能削減版という立ち位置です。

個人的には、不満点の方がおおいです。

ただし、次のアップデート(iOS13)には、期待しています↓

マウスが使えるようになるなら、かなり 12.9 インチに希望の光が見えてきます。

ファイル機能の追加からも、iOS がだんだん Mac と似てきているのは言うまでもありません。

だからこそ、現状は iPad Pro 12.9 インチを、明確な理由もなく購入するならば、Mac シリーズの購入があるということをお伝えしたくなるんです。

まとめ

iPad Pro 11 vs 12.9 選ぶべきではないのは、どっち?という話をしてきました。まとめると、こんな感じ↓

iPad Pro 11 vs 12.9 比較!画面サイズは、どっちを選ぶべき?
    • 結論:iPad Pro 11 インチが、おすすめ
    • 理由1:小さいくて。扱いやすい
    • 理由2:軽くて、ギリギリ片手で操作できる
    • 理由3:タッチ操作の画面サイズは、11インチが最高
    • プラスα:12.9インチ買うなら、Macを買った方がいいかも?

重さのことを少しでも考えちゃう人は、11 インチを選ばないと絶対に後悔します。

イラストレーターのような絵を描くクリエイターなら、逆に12.9インチの方がいいかもしれません。

あくまでも、音楽制作と映像コンテンツの消費で iPad Pro を使っているユーザーの声として、参考にしてみてください。

さて、iPad の壮絶な悩みを、解消することはできたでしょうか?

iPad 買ったよ〜!って声が、たくさん届く日を、楽しみにしています。

そのほか、iPad で音楽制作や、ケースの話などまとめた記事は、こちらをどうぞ↓

サウンドオルビス

4,245,190 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事