新型リーフ40kWhの仕様変更とは?日産Dでも聞いてみた。

この記事のURLとタイトルをコピーする
日産リーフ

日産リーフのハイパフォーマンスモデル 62kWh「e+」の発売日が、2019 年 1 月 23 日に決定しました。

新型リーフe+62kWhの発売日は、2019年1月23日!

話題の e+ 62kWh だけじゃなく、40kWh も仕様変更があるみたいです。

というわけで今回は、新型リーフ 40kWh の一部改良の噂について、日産ディーラーに確認してみました。

新型リーフ40kWhの一部改良について、日産ディーラーに質問してみた

一ヶ月点検のとき、新型リーフ40kWhの一部改良について質問してみました。

巷の噂では、以下のようなことが囁かれています↓

  • LG製バッテリーになる
  • 冷却装置がつく
  • 価格改定がある
  • などなど

ディーラーも答えづらかったと思いますが、ありがとうございました。

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。


質問1:新型リーフ 40kWh に仕様変更はありますか?

仕様変更は、あります。

はっきりと、断言してましたね。

どんな内容なのかは、ほんとに言えないという感じでした。


質問2:40kWh は価格改定がありますか?

価格は安くならない

「おそらく…」との言葉はついていました。

補助金の減額があれば、価格の改定があるかもしれません。


質問3:デザインの変更点はありますか?

リーフの顔は変わりません!

新型になってからまだ1年目です。顔のデザインの変更はありません!とのことでした。

しかし、日産リーフを購入する層は顔よりも、スペックを気にしますからね。笑


質問4:バッテリーは LG 製ですよね?

むぅ〜…(微笑み)

明確な回答は、いただけませんでした。

「60kWh の発表会の話や、日産内部がちょっとゴタゴタしてますから〜」と、話をはぐらかされてしまいました。

すでに日産とNECが共同出資する電池事業会社のオートモーティブエナジーサプライは、中国系で再生可能エネルギー事業を手がけるエンビジョングループに身売りされています。

ということは、必ずしもリーフに乗せるバッテリーが AESC 製ではなくとも良いのでは?という結論に至ります。つまりは...。


各グレードの装備内容が見直される?

MAGX NEWS によれば、40kWhモデルにも手が加えられ、各グレードの装備内容が見直されるようです。

各グレード名追加される装備の予想
●S(40kWh)・前後ソナー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・LEDヘッドランプ
ドアミラーウインカー
●X(40kWh)・前後ソナー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・LEDヘッドランプ
・アルミホイール(センターキャップ黒)
・Android Auto対応
●G(40kWh)・アルミホイールのセンターキャップを黒に
・Android Auto対応

全グレード共通で、e-ペダルのチューニングも変更されるようです。

60kWh ではバッテリー重量増加によるサスペンションの再チューニングがありますが、40kWh では変更なさそうですね。足回りがないのは、ホッとしました。

40kWh の一部改良について、Twitter で調べてみた!

Twitter で 40kWh の一部改良について、情報がないか調べてみました。

40kWh はバージョンアップされ、価格が上がる?

まさかプロパイロット2.0つかないですよね?それだけが、ほんと怖い。

バッテリーに冷却装置はつかないだろうし、何が変わるんだろう?

おそらく、アンテナフィンになると予想していますw

仕様変更したモデルと、比較が楽しみ!

個人的には、2018 年 9 月に新型リーフ 40kWh(AESC製)を契約 & 納車しました。

60kWh だけがただ追加されるのと予想していたので、40kWh の仕様変更はすごく気になります。

リーフ LOVERS なブロガーとして、新型リーフの AESC と LG 製バッテリーの比較について記事にしていきますね。

あとがき

現行 40kWh 日産リーフに、確実に仕様変更はあります。そのために製造ラインの工場を、ストップしているようです。

日産リーフ 40kWh の一部改良、楽しみですね。

e+ 62kWh について知りたい方は、こちらのまとめ記事をご覧ください↓

そのほか、日産リーフのコラム記事はこちらをどうぞ↓

「電気自動車(EV)コラム」カテゴリ全記事をよむ

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ