• HOME
  • 日産リーフ
  • 日産Dで聞いてみた!現行の日産リーフ40kWhに、仕様変更はあるのか?

日産Dで聞いてみた!現行の日産リーフ40kWhに、仕様変更はあるのか?

日産リーフ

どうも、 soundorbis です。

日産リーフのハイパフォーマンスモデル 60kWh「E-Plus」について、話題になっていますよね?

忘れないで欲しいのは、40kWh の仕様変更です。巷の噂では、以下のようなことが囁かれています↓

  • LG製バッテリーになる
  • 冷却装置がつく
  • 価格改定がある
  • などなど

今回は、新型リーフの点検した際に、日産ディーラーで一部改良モデルについて聞いてきました!

質問1:新型リーフ 40kWh に仕様変更はありますか?

仕様変更は、あります。

はっきりと、断言してましたね。

どんな内容なのかは、ほんとに言えないという感じでした。

質問2:40kWh は価格改定がありますか?

価格は安くならない

「おそらく…」との言葉はついていました。

補助金の減額があれば、価格の改定があるかもしれません。

質問3:デザインの変更点はありますか?

リーフの顔は変わりません!

新型になってからまだ1年目です。顔のデザインの変更はありません!とのことでした。

しかし、日産リーフを購入する層は顔よりも、スペックを気にしますからね。笑

質問4:バッテリーは LG 製ですよね?

むぅ〜…(微笑み)

明確な回答は、いただけませんでした。

「60kWh の発表会の話や、日産内部がちょっとゴタゴタしてますから〜」と、話をはぐらかされてしまいました。

すでに日産とNECが共同出資する電池事業会社のオートモーティブエナジーサプライは、中国系で再生可能エネルギー事業を手がけるエンビジョングループに身売りされています。

ということは、必ずしもリーフに乗せるバッテリーが AESC 製ではなくとも良いのでは?という結論に至ります。つまりは…。

仕様変更したモデルと、比較が楽しみ!

2018年9月に新型リーフ 40kWh (AESC製)を購入しました。

60kWh が追加されるのかと思っていたので、40kWhの仕様変更はちと残念ですが…

新型リーフの AESC 製と、LG 製を比較できるブロガーとしてしっかり記事にまとめていきたいと思います。

Twitter で 40kWh の一部改良について、聞いてみた!

40kWh はバージョンアップされ、価格が上がる?

まさかプロパイロット2.0つかないですよね?それだけが、ほんと怖い。

バッテリーに冷却装置はつかないだろうし、何が変わるんだろう?

おそらく、アンテナフィンになると予想していますw

現在、生産車のみで投げ売りしているらしい…

グレードGだと、投げ売りできないっぽいです。価格.comの書き込みでは。グレードXが車両価格から、-30万ぐらいしてもらえるらしいです。

羨ましいぞ!!でも、自分の好きな色やオプションが選べるわけではないので、難しいところです。

あとがき

現行 40kWh 日産リーフに、確実に仕様変更はあります。そのために製造ラインの工場を、ストップしています。

以前私が所有していた 86 は、半年後にマイナーチェンジ!ということがありました。その時は、サスペンションのネジがひとつ変わった。という程度でした。

今回の日産リーフの一部改良は、どの程度なのか? 楽しみですね!60kWh についても調べましたので、気になる方は下記の記事をご覧ください↓

記事へのお問い合わせ

soundorbis

369,222 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、ワクワクが止まらない情報を発信していきます。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS