AKG EK300の音質は?端子と形状は?徹底レビュー

ヘッドホン

「AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル EK300 を、実際に使ってみてどうですか?」って悩みを、解決します。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のメーカーは、プロも使用するヘッドホンを販売・開発しているオーストリアのメーカーです。AKG K271mkII や AKG K240S など、多くの DTMer がお世話になっていると思うのですが...AKG のヘッドホンケーブルは、少し断線しやすいという声をちらほら目にします。

そのため、AKG ユーザーはリケーブルの時にケーブルの交換品として、純正の AKG ケーブルはやはり気になりますよね?そこでこの記事では、あなたの気になるAKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」について、使用感などまとめさせていただきました。

AKG交換ケーブル EK300 のスペック
Akg ek3001

  • 種類:ヘッドホン用ケーブル
  • 形状:ストレートコード
  • 端子:ミニXLR-ミニフォン
  • 長さ:約3m

当メディアでも、AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」実物を入手しました。きっと、AKG のヘッドホンを利用しているあなたの交換用ケーブル探しの参考になると思いますよ。

というわけで今回は、AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」について、レビューさせていただきます。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」をレビュー

Akg ek300 review icatch

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」を、レビューしていきます。

AKG EK300 自体が AKG 純正の交換用ヘッドホンケーブルなので、違いはほぼないとみていいですよ。ただ、AKG K271 mkII の交換ケーブルとしてだと「カールコード→ストレートコード」に変わることによる変化や、ミニXLR端子ってどんな形なのかわからないという人向けに記事にまとめてみることにしました。気になる人は、最後までご覧ください。それでは、いってみよ〜!

1.ミニXLR-ミニフォン端子をレビュー

Ek300 cable terminal

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のミニXLR-ミニフォン端子を、レビューしていきます。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」には、「ミニXLR - ミニフォン端子」が装備されていますよ。

Ek300 minixlr01

ミニ XLR 端子は、小さいサイズのキャノンコネクターのことです。コンデンサーマイクの接続に用いられる XLR タイプコネクターをコンパクトにした形ですね。AKG のヘッドホンについているピンを差し込めるように、ピン穴が3つあいている端子になります。

AKG のヘッドホンケーブルのリケーブル(交換すること)は、ミニ XLR 端子に接続できるタイプでなければいけません。もし購入する際には、対応ヘッドホンの記載が必ずあります。あなたの持っている AKG ヘッドホンが対応しているか確認しておきましょう。

Ek300 miniphone01

もう一方は、ミニフォン端子です。いわゆる 3.5mm ステレオミニジャックに接続できるプラグ形状をしていますよ。ポータブルプレイヤーなどの場合には、このままでも問題ありませんね。

Ek300 miniphone02

もしオーディオインターフェイスの 6.3mm ヘッドホン端子に接続する場合には、ステレオ変換プラグが必要になります。AKG ヘッドホンを持っている人なら、付属していた変換プラグがあるはずですよ。

EK300 のミニフォン端子はネジ式なので、外れないように固定することができます。

Ek300 miniphone03

こんな感じで EK300 に変換プラグをつければ、オーディオインターフェイスなどの 6.3mm ヘッドホンジャックでも使用可能になります。

ケーブルのミニXLR-ミニフォン端子レビューをまとめると、ミニXLR端子は AKG ヘッドホンのリケーブルで対応しているか確認する必要あり、ミニフォンは変換プラグがあればオーディオインターフェイスでも使用可能ってお話でした。

2.ストレートコードとカールコードの違いをレビュー

Akg ek300 curl straight

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のストレートコードとカールコードの違いを、レビューしていきます。

AKG EK300 は、まっすぐなストレートタイプのケーブルになっています。ちなみに AKG のヘッドホンによっては、カールコードが付属されているものもあります。例えば、筆者が持っていた「AKG K271 mkII」にはカールコードが付属していました。

ストレートコードとカールコードの違いとして、それぞれのメリット・デメリットは以下のような感じですね↓

カールコードのメリット・デメリット

Akg ek3005

  • 取り回しが楽
  • ケーブルが絡まったりしない
  • 人によっては、見た目が苦手かも?
  • カールコードの間に他のケーブルが挟まると面倒
  • 他のコードと見分けがつきやすい
  • ケーブル長よりも短く感じる
  • 伸縮性があるので、引っかかってもヘッドホンが引っ張られにくい
ストレートコードのメリット・デメリット
Akg ek3006

  • 取り回しや整理するのがが面倒
  • ケーブルが絡まってよれてしまう
  • 見た目がスッキリしている
  • ギター演奏していて、足に絡まって邪魔に感じることがある
  • 伸縮性がないので、机などに引っ掛かるとヘッドホンが引っ張られる感覚がある
  • 毎回ケーブルをしまうときにまとめる必要があって面倒

カールコード・ストレートコード比較してみると、一長一短があると思います。DTMer の筆者が個人的に使ってみた感想は、カールコードの方が便利だと感じる場面が多かったですね。

Akg ek3009

今回は検証のために、ストレートコードの「EK300」を選択してみました。もちろん、AKG の純正カールコードもございます。「AKG EK500」というヘッドホン純正ケーブルがリリースされているので、ご安心ください。

Akg ek3004

ちなみに EK300 のケーブルの長さは、3mあります。ストレートの方が長く感じるのですが、カールの方が伸縮性があり、楽器を演奏する人やデスク周りに物が多くてケーブルが引っかかる可能性がある人は、カールコードの方が扱いやすいかもしれません。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のケーブルの形状の違いについてまとめると、AKG のヘッドホンに EK300 をリケーブルする人は、ストレートコードがいいという人じゃなければ、EK500という選択肢もあるので検討してみてね!って感じのお話でした。

3.純正ケーブルと EK300 の音質の違いをレビュー

Akg ek300 onnsitu

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」の音質の違いを、レビューしていきます。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」の音質について、AKG K240S に付属していた純正ケーブルと比較してみました。比較してみた結果は、次のような感じです↓

「EK300」と AKG K240S 付属ケーブルを比較した感想
  • 音質はほぼ一緒
  • 入手した EK300 の方が、若干 200Hz 付近の音を感じやすいかったかも。少しだけ低音が豊かになったような気がする
  • AKG K240S の付属ケーブルの方が、低音が少なくスッキリした音に聞こえたイメージ
  • 正直、誤差程度の違い。あえて何か気づいたことを書くなら?ぐらいなので、ほとんど音質に違いはないと言ってもいい
  • なぜなら、純正の AKG ケーブルだから。おそらく同じ物だと思われる

AKG の純正ケーブルなので、音質に違いはないと思います。あえて、もしかしたら、ケーブルを交換したことで音質が変わるかも?というアラを探すように全神経を耳に集中した結果...なんとなく付属していたケーブルの方が聞き取りやすい気がする?程度の話です。

Akg ek30020

AKG ヘッドホンのケーブルを付属から変更したとしても、劇的な音の変化があるわけではありません。音の変化を求める場合には、他の選択肢を検討してみるといいでしょう。

まとめると、EK300 を選択する理由は、AKG メーカーの意図した音を、忠実にそのままリケーブルしても得たいからです。筆者も、そうでした。これから AKG EK300 の購入を考えている人で、音質面が心配な人はほぼ同じ音になりますので、ご安心ください。

ここまでで、AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のレビューは終了です。ぜひ、ご購入の参考にしてみてください。

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」の疑問を、1問1答形式で解決

みんなの質問にわかりやすく回答します

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」について、気になる疑問点を解決していきます。

1問1答形式で、実際につかっているユーザー目線でお答えいたします。あくまでも個人的な使ってみた検証結果ですので、正式なところはメーカーの製品ページやマニュアルを参照してください。それでは、いってみよ〜!

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」は、AKGのどのヘッドホンに対応していますか?

【質問】「EK300」は、AKGのどのヘッドホンに対応していますか?

【回答】サウンドハウスさんの製品説明欄や、AKG の製品ページの Q&Aをご確認ください。

【コメント】

対応機種(ミニXLR)
  • K275
  • K245
  • K175
  • K141mkII
  • K171mkII
  • K181DJ
  • K240mkII
  • K271mkII
  • K702
  • K141S
  • K171S
  • K240S
  • K271S

※旧モデル:ジャックがミニ XLR 端子の必要があるようです

サウンドハウスさんの製品説明欄や、AKG の製品ページの Q&A に、EK300 が対応しているヘッドホンについて言及がありますよ。大体上記リストの名前が挙げられていました。参考までに!!

AKG K271mk II で動作しますか?

【質問】AKG K271mk II で動作しますか?

【回答】動作を確認しました。

【コメント】

ちなみに筆者の環境では、「AKG K271 mkII・AKG K240S」の動作を確認しております。といっても、筆者の 10 年使い込んだ AKG K271 mkII で音が鳴ることを確認できたのは、片方だけだったんですよねorz どうやら、ヘッドホンバンド内部の断線が原因のようです。ちゃんと EK300 は K271 mkII で動作したのでご安心ください。

詳しい K271 mkII のレビュー記事や、EK300 を接続してみた時の話は、別記事「AKG「K271 MK2」徹底レビュー|10 年使い続けてわかったこと」にまとめておきました。もし興味のある人は、チェックしてみてください!

まとめ

AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」について、徹底的にレビューさせていただきました。

AKG K271 mkII のリケーブルで購入したのですが、結局ヘッドホン自体が断線して使えなくなってしまったんですよね。ケーブル自体レビューお蔵入りかも...なんて思っていたのですが、AKG K240S を入手したので日の目を浴びることができました。

やっぱり、AKG メーカーの意図した音で鳴らしたいですからね。純正の交換ケーブルは、やっぱり安心感があります。ケーブルの選択で悩んでいる人は、純正品がおすすめなのでもう一度レビュー記事の内容を読み返して悩んでみてください。

それじゃあ、今回はこの辺で!? AKG(アーカーゲー)のヘッドホン用ケーブル「EK300」のレビュー記事が、あなたの購入の参考になっていたらうれしいです。ほかにも、ヘッドホンやイヤホンに関する記事を書いています。気になる人は、あわせてこちらのカテゴリ&記事をどうぞ↓

【関連】

サウンドオルビス

5,900,610 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事