Apogee Duet3とは?伝説的なオーディオIF調べてみた!!

DTMニュース

「Apogee Duet3 って、どんなオーディオイターフェイスなの?」って疑問を、解決します。

伝説的なオーディオインターフェイス Apogee の「Duet3」が、ついに発表されました!音質、モバイル製、ハードウェアDSPなど、全く新しい Apogee のパーソナルレコーディングデバイスが気になる!!この記事では、新しく発表された Apogee Duet3 について、詳細をみていきたいと思います。

というわけで今回は、Apogee Duet3 の詳細について、まとめていきます。

Apogee Duet3 とは?

Apogee Duet3 とは、オーディオコンバーターのメーカー「Apogee Electronics」が、2021年7月に発売するオーディオインターフェイスのことです。

伝説的な音質・総合的なモバイル性・ハードウェアDSP、すべてが美しく新しいデザインにまとめらたオーディオインターフェイスとなっていますよ。

Apogee Duet3 は、音楽制作、音声レコーディング、ストリーミング、ゲームに最適と公式で表記されていました。さらに人間工学に基づいた究極のデスクトップ体験を実現する洗練された DuetDock アクセサリも登場しています。これは、Apogee の音質が好きな人にとっては、要チェックな音楽機材の登場ですね!

Apogee Duet3 の特徴
  • クラス最高のApogee変換とマイクプリアンプ
  • 2x4 USB TypeCオーディオインターフェース
  • アルミボディのロープロファイルデザイン
  • 傷のつきにくいトップ
  • 精密バランスバックライトノブ
  • ブレイクアウトケーブルを介した入力および出力接続:
  • 2x¼”機器入力
  • 2xマイク/ライン入力
  • 2x¼”バランス出力
  • ⅛”ヘッドフォン出力
  • 必要に応じて接続および外部電源用の2つのUSBTypeCポート
  • USB TypeCポートを介したバス電源/外部電源オプション
  • ApogeeFXを使用した低レイテンシーレコーディング用のオンボードハードウェアDSP
  • macOS、Windows10互換
  • トラベルケース付き

すごい所その1:音質(コンバーター・マイクプリ)

Apogee Duet3 のすごい所その1は、音質です。AD / DAコンバーターとマイクプリですね。

Apogee の公式サイトで、優れた音質に必要なものが掲載されていました。それは、以下の通りです↓

優れた音質に必要なもの
  • AD / DAコンバーター
  • デジタルクロッキング
  • アナログ回路
  • 電力管理テクノロジー

なるほど、なるほど。さらに、これらの必要な要素に加えて、以下の考え方や人が必要になるそうです↓

さらに優れた音質に必要なもの
  • 巧みな調整
  • 慎重に選択された部品
  • 思慮深い設計
  • 調和の取れたブレンドを実現する経験豊富なエンジニアリング

まさに、匠の技と言った所でしょうか? Apogee の Duet シリーズは、何十年にもわたる革新と専門知識の結果...このクラス帯では比類のない音質を提供してくれています。確かに Apogee Duet Firewire の時にも、そのクリアで透き通ったサウンドが今でも印象に残っています。さらに、詳細な音質についての説明がありましたので、取り上げていきたいと思います↓

Apogee Duet3 には、伝説的な AD / DAコンバーターが搭載されているとのことです。Apogee Duet3 の AD / DA コンバーターには、「入力×2・プリアンプ×2・出力×4」が備わっています。マイク、ギター、キーボード、ラインレベルデバイスの細部を、ばっちりキャプチャしてくれるようですね。

スピーカー用のバランスの取れたラインレベルアナログ出力を介して、サウンドの空間や奥行きを把握して、モニターやミックスをすることができます。また0Ω(ゼロオーム)のヘッドホン出力端子を搭載し、ヘッドホンに十分な電圧を流すことができるため、安定したヘッドホンミックスを実現しています。

Apogee Duet3 には、ワールドクラスのプリアンプが搭載されています。
最大 65dB のゲインと 48v のファンタム電源で、最も要求の厳しいマイクでも、あらゆるオーディオソースをクリーンかつ正確にキャプチャすることが可能とのことです。Apogee エンジニアリングのおかげで、ゲインを上げてもノイズと歪みを抑えてくれるんだとか...Apogee のエンジニアの方々に感謝ですね!

すごい所その2:デザイン

Apogee duet3 site01

Apogee Duet3 のすごい所その2は、デザインです。

Apogee Duet3 は、次世代の Apogee パフォーマンスと機能を備え、美しく超薄型のデザインに進化していますよ。Apogee 公式も「第1が音質・第2がエレガントなデザイン」と言っていました。さらに常にスタジオで触れているオーディオインターフェイスに高品質な「外観・感触」を求めないのはなぜですか?とユーザーに投げかけているんですよ。

Apogee Duet3 には、多機能デジタルコントローラーノブが搭載されています。Duet シリーズではお馴染みのノブですね。
モニターレベルとマイクプリゲインを豪華な感触で操作できるようです。紫色のLEDが、いい感じにアクセントになっていますよ。

人間工学に基づいて制御できるように完璧に輪郭が描かれた薄型のボディには、傷がつきにくいカバーガラスが搭載され、モダンな外観としっかりとした感触を実現していますよ。

すごい所その3:オンボードDSP

Apogee Duet3 のすごい所その3は、オンボードDSPです。

Apogee Duet3 には、FXを使用したゼロレイテンシーレコーディング用に Symphony ECS Channel Strip に電力を供給するオンボードハードウェア DSP が含まれているとのことです。この辺りは、筆者も調べている最中ですので、詳しくわかり次第情報を追記しますね。

Apogee Duet3 の発売日

Apogee Duet3 の発売日は、2021年7月中旬発売予定です。

Apogee Duet3 のサイトでは、2021年6月16日現在「Available July 2021」となっていました。

Apogee Duet3 の価格

Apogee Duet3 の価格は、599 ドルとなっていました。

国内では、日本代理店の「Media Integration, Inc.」様が Apogee Duet3 を取り扱っています。参考価格としては、以下の通りですね↓

Apogee Duet3 の販売価格
  • Apogee Duet3:税込価格 ¥77,000
  • USB-C Docking Station for Duet 3:税込価格 ¥22,000

【参考】Duet 3 | Media Integration, Inc.
https://www.minet.jp/brand/apogee/duet-3/

その他、Apogee Duet3 で気になるポイント

その他、Apogee Duet3 で気になるポイントについて、調べてみました。

記事執筆時点で、まだマニュアルなどの詳細スペックが分からない点も多いんですよね。発売前なので、仕方ないですが汗。そこで筆者が気になったポイントについて調べた結果を、まとめておきますので参考にしてみてください。それでは、いってよ〜!

Apogee Duet3 の「Dock」って、なに?

Apogee duet3 dock

Apogee Duet3 の「Dock」とは、スタジオで作業するのに最適な角度になるスタンドドッキングステーションのことですね。

Apogee Duet3 は、モバイル用途にぴったりのブレイクアウトケーブルが付属しています。外出時やモバイル DTM にかなり魅力的なデザインではありますが...スタジオに置くなら、最適な角度をつけて据え置きタイプにした方が便利です。

そこで Apogee 公式からリリースされたのが、ドッキングステーションの「Dock」なんです。「Dock」は、Apogee Duet3 を理想的な角度に配置して、迅速な調整とメーターおよび機能の可視性を実現しています。Apogee Duet3 の Dock 背面パネルコネクタを使用することで、すっきりとしたデザインのまま使用することができるってことですね。

オリジナルの Apogee Duet・Duet2 と Duet3 の違いについて

オリジナルの Apogee Duet・Duet2 と Duet3 の違いについて、調べてみました。

違いについては、Apogee Ekectronics が公式で Apogee FireWire 〜 Duet for iPad&Mac の違いを説明している動画をリリースしていました。比較してみると、その違いが見えてきますので「Ask Apogee - Don explains the three different Duets - YouTube」をチェックしてみましょう。

ちなみに Apogee Duet3 は、2007年に登場した Apogee Duet がオリジナルとなっています。いわゆる「Duet FireWire」と呼ばれるシルバーの筐体のオーディオインターフェイスですね。端子が Firewire なので、USB 端子では接続できないモデルだったんですよ。また Apple 製品と相性が良く、洗練されたデザインのオーディオインターフェイスでした。

確かに、自宅のスタジオでオーディオインターフェースがどうなるかという期待を、打ち砕いた製品だったと思います。(参考:Duet FireWire Support - Apogee Electronics)。あれから、記事執筆時点で14年が経過して登場した新製品が、Apogee Duet3 というわけなんですよ。感慨深いですね〜。筆者も、持っていましたよ!

使用できるWindows/Macとの互換性

互換性について
  • macOS: 10.15 and later (M1/Apple silicon or Intel processor)
  • PC: Windows 10 Anniversary update or later

Apogee Duet3 は、Windows/Mac どちらでも使用可能となっていました。

しかもすごいのは、ちゃんと MAc の Apple Silicon アーキテクチャに対応しているってことですね。M1 となっているため、2022 年以降の M2/M3 といった新型のアーキテクチャに対応するかは不透明ですが...現状、新しい環境に移行しても使用できると思うと嬉しい対応です。

ちなみに Windows 10 の「Anniversary Update」は、2016年8月3日から提供開始された Windows 10 の大規模アップデートのことのようです。それ以降の OS であればm対応しているということですので、ご確認ください!(参考:Windows 10の「Anniversary Update」ってどんなもの? - FMVサポート : 富士通パソコン

メーカー「Apogee」について

メーカー「Apogee」とは、Apogee Electronics(アポジーエレクトロニクス)のことです。1985年12月に、Soundcraft USA の社長「BettyBennett氏」、オーディオエンジニア「Bruce Jackson氏」、デジタルエレクトロニクスデザイナー「ChristofHeidelberger氏」によって設立設立されました。本社はアメリカ合衆国のサンタモニカにある、デジタルオーディオコンバーターのメーカです。

【参考】Apogee Electronics - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Apogee_Electronics

まとめ

2021年6月に発表された Apogee Duet3 について、気になる詳細を調べてまとめさせていただきました。

自宅のホームレコーディングスタジオで、ハイクオリティな録音やモニターを実現するオーディオインターフェイスは、各社鎬を削っておりますけれども。2021年になって、Apogee から新型デバイスがリリースされました。ファンの方々にとっては、新たな選択肢になるのではないでしょうか?新しい薄型のデザインで、売れそうな予感です!

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、おしゃれによむ DTM ニュースをお届けしています。毎朝のコーヒーのおともに、いかがでしょうか?

【関連】DTMニュース アーカイブ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

5,900,500 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事