Apple純正CPU「Apple Silicon」登場。MacでDTMの影響はある?

DTMニュース

Apple が、2020年6月23日の WWDC20 で、Apple 純正 CPU「Apple Silicon」を発表しました。

Apple チップ搭載 Mac の発売は、2020 年年末になるとのこと。移行期間は、2年を予定しており、今後も Intel 端末のサポートは続ける見通しも検討されているみたいですよ。

そこで気になるのが...ARM ベースの Apple 純正 CPU「Apple Silicon」が搭載されたら、DTM で Mac を使用しているユーザーはどうなるのか?ってことですよね。

助手くん
助手くん
えっ?DTM にむかなくなったりする?
助手ちゃん
助手ちゃん
Mac を買い換えようと思ってたけど、いまはダメ?
まだ情報がでたばかりです。いっしょに、考えていきましょう!!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

というわけで今回は、Apple純正CPU「Apple Silicon」登場で、Mac でおこなう DTM に影響はあるのか?せっかくなので、いっしょに考えていきたいと思います。

WWDC2020 で発表された Apple Silicon(ARM Mac)を、改めて振り返っておこう

Mac に搭載予定の Apple Silicon(ARM Mac)について、知識をえておきましょう。

Apple Silicon の特徴まとめ
  • Apple シリコンは 10 年以上の開発期間があった
  • Apple プロダクトのためにデザインしたスケーラブルなアーキテクチャ
  • 電力消費が少なくハイパフォーマンスが、Apple Silicon 搭載 Mac の目標であり特徴
  • iPhoneiPadApple Watch のグラフィック性能、省電力性能などの経験をもとに、設計されている
  • Apple の独自技術とフォフトウェアを統合し Mac にイノベーションを起こす
  • 独自の電力管理でパフォーマンスと、バッテリー駆動時間を向上。
  • プロ向けアプリケーションやゲームも最適化
  • Neural Engine 搭載により、Mac が AI などの機械学習プラットフォームになる
  • 映像やディスプレイヤ画像処理などのその他の独自技術も適用され、今まで以上にハイパフォーマンスになる
  • Family of Mac Esco SoCs になることで、iPhoneiPadApple Watch と同じアーキテクチャを持つことになり、Apple エコシステムのソフトウェア開発が簡単になる。
  • 次期 macOS「Big Sur」では、すべての標準アプリが Apple Silicon に最適化されている。プロ向けもふくめて。Logic Pro X も!!
  • アプリの最適化は、Xcode を使うだけ。デベロッパは、再コンパイルするだけ
  • Universal 2 が開発された。Universal バイナリで、Intel ベースの Mac でも、Apple Silicon 搭載 Mac でも機能する。デベロッパは、シングルバイナリで、Intel ベースの Mac 利用者にも対応可能。すでにマイクロソフトやアドビは、開発を進めている。
  • サードパーティー製アプリも、スムーズに稼働。WordやExcel などスムーズにうごく。アドビのフォトショップも、高速に稼働。Final Cut Pro X はリアルタイムにエフェクト効果をつけられたり、Neral Engine を活用した映像分析を活用した最適化がおこなわれている。詳しくは、デモ映像を参照。フル解像度の 4K ProRes の3ストリーム編集を、マルチコアアーキテクチャを活用して可能になっている。これらをすべて、A12Z プロセッサ上で行える設計がすごい
  • ユーザーは、シームレスに移行できる。PowerPC から Intel プロセッサ移行時には「Rosseta」の技術で実現できた。その経験から今回は、「Rosseta2」が開発された。
  • 「Rosseta2」によって、既存のMacアプリケーションを自動的に新しい Mac で動く形にしてくれる。インストール時にアプリを変換してくれる。JITコンパイラやJavaコードのブラウザにも対応。複雑なアプリや「プラグイン」も処理できる。
  • 「Universal 2」「Rosetta2」「Virtualization」が一体となり、多様なアプリケーションが動くシステムになる
  • iPhoneiPad のアプリが、修正を加えなくても Mac 上でうごく。新らしい Mac と同じ Apple Silicon で動くように作られているから。
  • 新しい Mac では、iPhone と iPad のアプリケーションを直接動かせる。Mac App Store でダウンロード可能になる

WWDC 2020 Special Event Keynote での言及をまとめると、こんな感じでしたね。ざっくりいうなら、Apple のプロダクトと親和性の高い CPU になるからよろしくね!!ってことですよ。

筆者は PowerPC からの移行時代を経験したわけではありませんが、よく Mac 系の雑誌で当時の話がでているのを「経験してみたかったなぁ〜」と指をくわえて読んでいたのをおぼえています。

まさか、その夢が叶うとは思いませんでした。ずっと ARM ベースの Mac になると噂されていましたが、とうとう現実になる。これは、なんだかワクワクしてきましたよ!!

Apple純正CPU「Apple Silicon」登場で、DTM で DTM の影響は...

Apple純正CPU「Apple Silicon」登場で、Mac で DTM の影響は、少ないかもしれません。

その理由は、Apple Silicon 搭載になっても、DTM で利用のユーザー側でできることはなさそうだからです。WWDC20 のなかでも、ユーザーはシームレスに移行できることが言及されていましたからね。

「Universal 2」と「Rosetta2」があれば、エミュレーション上で問題なくアプリケーションが動作する映像があったので、心配はなさそう。

とくに「Rosseta2」があれば、複雑なアプリや「プラグイン」も処理できるそうですよ。ただ DTM の場合の VST・AU・RTAS などのソフトウェア音源。エフェクトプラグインも同様に語れるのか?というところは、様子をみていきたいところです。

そこで、PowerPC から Intel 移行時の DTM 環境について調べていたところ、やっぱり頼れる DTM ステーションの藤本健さんですよ!!とても参考になる記事があったので、リンクを掲載させていただきますね。

ちょっとだけ、動かなくなるアプリや CPU 使用率が高くなってしまうものは出てきそうですが...Apple さんは、第2回目の移行期間の経験を活してくれるでしょう。

ちょっと待って、DTM 用の Mac の買い替えは控えるべき?

DTM 用の Mac の買い替えは控えるべきなのでしょうか?いっしょに、考えてみましょう。

個人的な意見でいえば...DTM 用の Mac に「Apple Silicon」搭載 Mac については、各メーカーの発表を待ってからにしたほうが無難だと思います。

とくに Apple Silicon 搭載 Mac が、2020 年の年末から発売されるという報告があると、いよいよ 2021 年からが本番といった流れになりますよね。そうなると...いま Mac を買おうかな?と思っていた人は、買うのをためらってしまうしましますよね。

ですが、2019 年 8 月にリリースされた、macOS「Catalina」で、DTM 関連の不具合が多発し、おおくのメーカーが対応するまでアップデートをしないよう呼びかけた経緯がありました。32ビット版アプリのサポート終了や、セキュリティ強化などの新しい取り組みの結果、いろいろと不具合がおこっていた印象です。

そうすると、予想できるのは...あたらしい CPU に移行したときにも、少なからず動作しない DTM のプラグインやソフトがでてきても、不思議ではないと思うんですよね。各メーカーさんは随時対応すると思います。それでも、移行期間の2年は様子をみるというのが、安定した DTM ライフを獲得するのに重要だと考えています。

つまり、いま DTM 用の Mac を購入しようか迷っている方は、むしろ買っておいた方が安心なんじゃないか?ってことですね。実はわたしも、つかっている Macbook Pro の動作がおかしくなってきているので、買い替えを検討中なんです。

わたしの場合は、人柱として「Apple Silicon」搭載 Mac を買うべきなんじゃないか?って悩みがありますが、DTM 専用用途なら、新しさより安定をとるべきです。といっても、こればかりは実際に移行してみないとわからないところですので、結論としては、

必要になった時が、Mac の買い替えどき!!

って言葉に限りますね。笑

GarageBand・Logic Pro X ユーザーは、いちはやく恩恵を受けられる

Wwdc20 applesilicon native

GarageBand・Logic Pro X ユーザーは、はやくからネイティブ化された状態でつかえるみたいですよ。

WWDC20 で、Apple Silicon に最適化されているアプリの一覧が表示される中に、以下の DTM に関係するアプリがはいっていました↓

  • GarageBand
  • MainStage 3
  • Logic Pro X

わたしのような Apple の 純正 DAW ユーザーなら、「Apple Silicon」の省電力かつハイパフォーマンスの恩恵をいちはやく受けることができそうです。

モバイル DTM ユーザーには、朗報となるかも?

Wwdc20 applesilicon mobileapp

今回の「Apple Silicon」搭載 Mac が登場することで、モバイル DTM ユーザーには、朗報となるかもしれません。

なんと、Mac 上で iPhone・iPad のアプリが起動できるんですよ。Mac App Store からダウンロードが可能になるとのこと。

なにも、音楽系のモバイルアプリが、Mac で使えたからといって、それがすごい!!と喜んでいるわけじゃないんですよ。

これにワクワクするところって、Mac・iPhone・iPad のアプリ開発が、デベロッパにとってすごく簡単になったことだと思うんですよね。

さらにワクワクする理由は、CPU が同じ系統になるってことは、Eventide の Crystals のように、すべてのプラットフォームで利用可能なプラグインや DAW が増えてくるんじゃないかと期待できるからなんです。

Apple ソフトウェアのエコシステムが進化していけば...iZotope さんの Neutron のように、複雑なアルゴリズムも処理できるプラグインが、iPhone・iPad の GarageBand で利用できる日も、そう遠くない気がしています。

未来の DTM に期待!!

Apple純正CPU「Apple Silicon」登場で、DTM で DTM の影響は?まとめ

Apple純正CPU「Apple Silicon」登場で、Mac で DTM に影響はあるのか?ってことについて、いっしょに考えてきました。まとめると、こんな感じ↓

この記事のまとめ
  • 影響はある?:影響は、少ないと予想
  • DTM 用 Mac の買い替えは?:買いたい時が買い時
  • GarageBand・Logic Pro X ユーザーは、いちはやく恩恵を受けられる
  • モバイル DTM ユーザーには、朗報の可能性だと思う

Apple 純正 CPU「Apple Silicon」搭載 Mac について詳しいことは、WWDC 2020 Special Event Keynote — Apple をごらんください。

藤本健さんの記事を読んで、Apple の発表をみるかぎりだと、DTM での影響はわりと少ないんじゃないかと希望的観測しちゃいますね。といっても、「Catalina」のバタバタもあったので DTM ガチ勢は飛びつく必要はないかもしれません。

個人的には試してみたいところもあるし、モバイル DTM の世界が広がりそうなので、いま Mac を買うのは控えちゃうかも。Intel Mac の販売も継続するみたいですし、いま Mac を買ってもきっと後悔はしないと思いますね。

助手くん
助手くん
Logic Pro X ネイティブ対応するなら、安心ですね。
助手ちゃん
助手ちゃん
Intel Mac は安定しているし、購入検討しちゃおうかな?
いろんな選択肢があるから、しっかり考えていこう!!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

それでは、今回はこの辺で!? Apple純正CPU「Apple Silicon」登場。MacでDTMの影響はある?って記事で、あなたの Mac 選びのお手伝いができていたらうれしいです。

それでは、今回はこの辺で!?この記事が、あなたのあたらしい DJ のやり方をみつけたい探究心のお手伝いができていたら、うれしいです。

ほかにも、おしゃれによむ DTM ニュースをお届けしています。毎朝のコーヒーのおともに、いかがでしょうか?

【関連】DTMニュース アーカイブ | サウンドテック・ラボ

関連する記事

サウンドオルビス

2,899,952 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

カテゴリ内の記事

おすすめの記事

カテゴリー