【簡単】Apple Watchのバックアップを復元する方法

Apple Watch

「Apple Watch を、バックアップから復元するには、どうしたらいいですか?」って疑問を、解決します。

Apple Watch のマイ文字盤や、アプリのデータ・バッチなど、いままでの情報を新しい Apple Watch に引き継ぐには、iPhone でバックアップする必要があるってご存知でしたか?

決して難しくないので、手順通りに進めてみてください。というわけで今回は、Apple Watch をバックアップから、復元する方法を解説します。

Apple Watch をバックアップから復元する方法【3ステップ】

Apple Watch をバックアップから復元する方法について、3つのステップで解説します。

Apple Watch をバックアップから復元するには、手順通りすすめることがとても重要です。動画でもチェクできるようにしましたので、上記の YouTube をご確認ください。

私のように間違えて、マイ文字盤のカスタマイズ情報を消してしまう人が、一人でも減ってほしくて記事にしてみました。それでは、ひとつずつやってみましょう〜!

【ステップ1】iPhone をバックアップする(Apple Watchもバックアップされる)

ステップ1は、iPhone をバックアップしていきます。Apple Watch も、同時にバックアップされますよ。

それでは、下記の手順どおりに iPhone の「設定」アプリで作業してください↓

【iPhone の設定アプリの手順1】

Applewatch backup01

  • iPhone の設定アプリをひらき、Apple ID をタップ
  • iCloud をタップ
  • iCloudバックアップをタップ

Apple watch backupkara02

  • iCloudバックアップのスイッチを、オンにする。今すぐバックアップを作成をタップ
  • バックアップの作成が始まる
  • バックアップが作成されたら、Apple Watch のバックアップも完了

iPhone をバックアップすることで、ペアリングされている Apple Watch の内容もバックアップされるようです。

アプリの設定やマイ文字盤など、カスマイズした設定を引き継ぎたい人は必ずバックアップをやっておきましょう。

ここまでで、ステップ1の作業は完了です。

【ステップ2】Apple Watch のペアリングを解除する

ステップ2は、Apple Watch のペアリングを解除します。

それでは、下記の手順どおりに iPhone の「Watch」アプリで作業してください。

Watch

無料
(2020.12.05時点)
posted with ポチレバ

【iPhone の Watch アプリの作業手順】

Applewatch nopairing01

  • iPhone の「Watch」アプリ左上のすべてのWatchをタップ
  • ペアリングを削除するApple Watchのiボタンをタップ
  • Apple Watchとのペアリングを解除をタップ

Applewatch nopairing02

  • 改めて Apple Watchとのペアリングを解除をタップ
  • Apple IDパスワードの入力を求められたら、パスワードを入力。右上のペアリング解除をタップ
  • Apple Watch とのペアリングの解除がはじまる

iPhone に「こんにちは」の挨拶がでたら、Apple Watch のペアリングが解除されて、初期化されている証拠です。

古い iPhone や、古い Apple Watch とのペアリングを解除したら、つづけて新しいデバイスとペアリングしていきましょう。

また、より詳しい Apple Watch のペアリング解除方法については、別の記事にまとめておきました。各種設定の詳しい説明など掲載していますので、あわせてこちらの関連記事をどうぞ↓

【関連】Apple Watch のペアリングを解除する方法【3ステップ】

【動画】Apple watchのペアリング解除方法【watchOS 7】

ここまでで、ステップ2の作業は完了です。

【ステップ3】新しい iPhone とペアリングする

Applewatch repairing1

ステップ3は、新しい iPhone と再ペアリングしていきます。

Apple Watch と iPhone を、近づけてください。

iPhone に Apple Watch のポップがでたら、続ける をタップします。

Applewatch repairing2

iPhone に「Apple Watchを設定」画面がでたら、自分用に設定 をタップします。

Applewatch repairing3

Apple Watch のディスプレイに、認証用のモヤモヤ映像がでています。

iPhone の Watch アプリのカメラで、撮影しましょう。

Applewatch repairing4

こんな感じで、四角いファインダーにおさめてあげればオッケーです。

Applewatch repairing5

バックアップから復元 を、タップしましょう!!

ここが大事!!

Apple Watch のバックアップに成功していれば、バックアップを復元の項目が出現しますよ。もしも出てこない時には、iPhone のバックアップが間違っていたか、iCloud で問題があるのかもしれません。ご確認を!!

Applewatch repairing6

「バックアップから復元」がでたら、復元したい Apple Watch をタップしてください。

さらに、続ける をタップします。

Applewatch repairing7

Apple Watch を iCloud のバックアップデータとの接続がスタートします。しばらく、待ちましょう。

Applewatch repairing8

利用規約がでたら、同意する をタップします。

Applewatch repairing9

確認のポップが出たら、同意するをタップしましょう。

Applewatch repairing10

Apple ID の画面がでたら、パスワードを入力してログインしてください。

Applewatch repairing11

Apple ID の確認がはじまります。

ちょっと時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

Applewatch repairing12

Siriを使用 を、タップしてください。

Applewatch repairing13

共有される設定がでたら、OK をタップします。

Applewatch font size

太文字とサイズがでたら、ちょうどいいサイズにスライダーを調節してください。文字を太くする時には、スイッチをオンにしてくださいね。

続ける を、タップします。

Applewatch passcode01

Apple Watch のパスコード画面がでたら、パスコードを作成 をタップします。

Applewatch passcode02

Apple Watch に、パスコードの入力画面がでてきます。

4桁の数字を入力して、パスコードを設定してください。

Applewatch repairing14

続ける をタップしてください。

Apple Watch を常に最新の状態にしてくれるので、よほどの理由がないかぎりは手動にする必要はありません。

Applewatch repairing15

あとで Apple Watch App でセットアップ をタップしてください。

Apple Pay は、あとから設定することをおすすめします。初期設定が長引いてしまうので、後からの方が確実ですからね。

Applewatch repairing16

続ける を、タップしてください。

緊急 SOS についての注意書きがでてきますので、よく読んでおきましょう。

Applewatch repairing17

「Apple Watch と同期中です」と表示されます。

Apple Watch が、バックアップデータをもとに復元をスタートしています。

けっこう時間がかかりますので、しばらくそっとしておいてあげてください。

Applewatch repairing18

iPhone の画面に「ようこそ Apple Watchへ」が表示されたら、OK をタップしてください。

Apple Watch の Digital Crown(ダイヤル部分)を、カチッと押してください。

Applewatch repairing19

Apple Watch の文字盤が、バックアップした状態と同じものがでていることを確認してください。

iPhone の Watch アプリでも、設定が引き継がれていることをチェックしましょう。実際にやってみましたが、わたしの場合はバッチリバックアップから Apple Watch を復元することができました!

ここまでで、ステップ3の作業およびApple Watchのバックアップを復元する方法の解説は、おわりです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
おつかれさまでした!

「今すぐバックアップ」で、確実にバックアップしよう!!

「今すぐバックアップを作成」で確実に!!

Apple watch backupkara02

Apple Watch をバックアップから復元するには、まず iPhone をバックアップすることが重要です。

iPhone の iCloudバックアップで、かならず今すぐバックアップをタップして、確実にバックアップするようにしてください。

筆者もバックアップからの復元を試したときに、iCloudバックアップがオンになっているから安心だと思っていました。ですが、いざバックアップしてみたら再ペアリングの際に、「バックアップから復元する」ボタンがでてこなかったんです。

助手くん
助手くん
うわぁ〜、それツライですね。
助手ちゃん
助手ちゃん
しっかり確認することって、大事ですよね。
今回の件で、バックアップの大切さを学んだよorz
サウンドオルビス
サウンドオルビス

Apple Watch のバックアップをするときには、自動だからと油断しないほうがいいかもしれませんね。

「今すぐバックアップ」で、確実にバックアップをする!ってことだけ、覚えていてください。

まとめ

Apple Watch のバックアップを復元する方法について、3つのステップで解説させていただきました。

あなたの大切な Apple Watch のカスタマイズ内容を、新しい Apple Watch にも引き継げるように、手順を守って作業するようにしてみてください

サウンドオルビス
サウンドオルビス
わたしは1度、失敗しちゃいました涙。同じ悲しみを体験する人が、一人でも少なくなりますように...

それでは、今回はこの辺で!? そのほか、Apple Watch 系の使い方やアプリの話をまとめた記事がありますので、あわせてご覧ください↓

【関連】Apple 記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

5,900,534 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事