• HOME
  • DTM機材
  • CLASSIC PRO「ASN221」とは?イヤホンを6.3mmフォンに変換!!

CLASSIC PRO「ASN221」とは?イヤホンを6.3mmフォンに変換!!

DTM機材

「イヤホンを、ギターやキーボードのアンプや、オーディオインターフェイスのヘッドホン端子に接続したい!」ってとき、ありますよね?

そんなときにあると便利なのが、TRS フォン端子の変換プラグCLASSIC PRO「ASN221」なんです。

メモ

【サウンドハウスで、確認する↓】

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN221
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN221

必要な場面がたくさんあるわけじゃないけれど、バックや作業場に1つあるとめちゃくちゃ便利なアイテムなんです。

この記事でわかること
  • CLASSIC PRO「ASN221」とは?
  • CLASSIC PRO「ASN221」の接続例
  • CLASSIC PRO「ASN221」の外観
  • CLASSIC PRO「ASN221」の詳細スペック
  • ...など。
サウンドオルビス
サウンドオルビス
イヤホンのミニジャックを、ヘッドホンの端子に接続したいと嘆くあなたの変換プラグ選びを、お助けいたしますよ!

というわけで今回は、CLASSIC PRO「ASN221」について、レビューしていきます。

CLASSIC PRO(クラシックプロ)の「ASN221」とは?

ASN221 appearance

CLASSIC PRO「ASN221」とは、イヤホンの 3.5mm ステレオミニジャックを、「フォン端子」に接続できるようにする変換プラグです。

要するに...↓

3kyoku minijack

イヤホンのミニジャックステレオミニ(メス)の端子を...

ASN221 jack

フォン端子に接続できる TRSフォン(オス) に変換してくれる!

って感じのプラグってことですね。

「ASN221」で、できること
  • エレキギターのアンプのフォン端子に、イヤホンを接続できる
  • キーボードのフォン端子に、イヤホンを接続できる
  • オーディオインターフェイスのヘッドホン端子に、イヤホンを接続できる
  • ...など。
サウンドオルビス
サウンドオルビス
1つあると、なにかと便利です!

詳細スペック

CLASSIC PRO(クラシックプロ)の「ASN221」詳細スペック
  • 種類:変換プラグ
  • 形状:ステレオミニ(メス)-TRSフォン(オス)

CLASSIC PRO(クラシックプロ)の「ASN221」は、変換プラグの一種です。サウンドハウスさんのプロデュースするブランド。「CLASSIC PRO(クラシックプロ)」だから、品質も申し分ありません。

TRS フォンは、3極ですね。だから、イヤホンがヘッドセットのようにマイクがついてても、おそらく使えなくなるはずです。あくまでも、イヤホンの出力機能だけ接続するイメージ。

外観をチェック

ASN221 front

CLASSIC PRO「ASN221」の外観を、チェックしていきましょう。

ステレオミニジャックを、フォン端子に変換するプラグです。決して、安っぽさは感じません。

ASN221 ministereo

写真は、ステレオミニの端子です。3.5mm のイヤホンジャックを、接続できますよ。

手でもつところは、プラスチック素材になっています。長さがじゅうぶんあるので、抜き差しで困ることはありません。

ASN221 phone plug

プラグ部分は金属でできています。素手でさわってしまったら、ちゃんと汚れをふき取るようにしましょう。

ガリつく原因になるので、注意が必要ですよ。

CLASSIC PRO「ASN221」の接続例

CLASSIC PRO「ASN221」の接続例を、みていきましょう。。

CLASSIC PRO「ASN221」で、いろいろ接続してみました。

とりあえず試せるものは、どんどん追記していきますね。といっても、あまりフォン端子で接続するような機器がないので...オーディオインターフェイスと、キーボードに接続してみました!

マイク付きのイヤホンで、オーディオインターフェイスに接続する方法

ASN221 earpods

イク付きのイヤホンで、オーディオインターフェイスに接続する方法を解説してみました。

CLASSIC PRO「ASN221」と、Apple の付属イヤホン(EarPods)をつかって接続します。EarPods のマイクは使用できないはずですので、ご確認ください。

ASN221 earpods interface1

今回は、オーディオインターフェイス M-AUDIO の「M-Track 2×2」につなげてみましょう。

ヘッドホンの 6.3mm フォン端子(メス)に、CLASSIC PRO「ASN221」を接続してみます。

ASN221 earpods interface2

接続完了です。この状態で、DAW を再生したり、音楽プレイヤーからミュージックをかければ、EarPods から音がでてくるはずです。

ヘッドホンと違って、インピーダンスが低いので、ヘッドホンの音量は小さくしぼってご利用ください!

ここまでで、マイク付きのイヤホンで、オーディオインターフェイスに接続する方法の解説はおわりです。

マイクなしのイヤホンで、キーボード・シンセサイザーのフォン端子に接続する方法

ASN221 key1

マイクなしのイヤホンで、キーボード・シンセサイザーのフォン端子に接続する方法を解説します。

キーボード・シンセサイザーは、Roland の「 XP-10」で解説していきますね。さらに今回は、マイク機能のないイヤホン「CX 270」を使用します。どちらも3極ですね。カチッと、接続しちゃいましょう。

ASN221 key2

いやほんと接続したCLASSIC PRO「ASN221」は、キーボード・シンセサイザーの「PHONES」という端子に接続してみましょう。ここにさしこめば、ステレオで出力されますよ。

ASN221 key3

接続完了です。この状態で、キーボード・シンセサイザーの電源入れて演奏すれば、イヤホンから音が出力されますよ!

ヘッドホンと違って、インピーダンスが低いので、ヘッドホンの音量は小さくしぼってご利用ください!

ここまでで、マイクなしのイヤホンで、キーボード・シンセサイザーのフォン端子に接続する方法の解説はおわりです。

まとめ

CLASSIC PRO「ASN221」について、レビューさせていただきました。まとめると、こんな感じ↓

記事のまとめ
  • CLASSIC PRO「ASN221」とは?:イヤホンの 3.5mm ステレオミニジャックを、「フォン端子」に接続できるようにする変換プラグ
  • 詳細スペック:種類:変換プラグ。形状は、ステレオミニ(メス)-TRSフォン(オス)
  • 外観:もつところはプラスチックだが、安っぽさは感じない
  • 接続:イヤホンを、オーディオインターフェイスのヘッドホン端子や、キーボードシンセサイザーの「PHONES」に接続できる

CLASSIC PRO「ASN221」があれば、イヤホンしかもっていないときに、役立つことがあるかもしれません。コスパもいいので、いくつか持っておくと便利ですよ!

イヤホンの 3.5mm ステレオミニジャックを 6.3mm の TRS フォン端子に変換してくれるアイテム、CLASSIC PRO「ASN221」は、どんな人にもおすすめです。

あらためて、接続方法を見てみたい方は、「CLASSIC PRO「ASN221」の接続例」から、お試しください!

今回の記事が、あなたのイヤホンをギターのアンプや、太いフォン端子の音楽機材に接続したい!という悩みを、解消できていたらうれしいです。

メモ

【サウンドハウスで、確認する↓】

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN221
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / ASN221

ほかにも DTM 音楽制作に必要な機材を、がっつりまとめた記事をご用意しました。

ほかの変換プラグについても語っていますので、ぜひチェックしてみてください↓

【関連】DTMの必要機材おすすめ7選|初心者はまずコレ読んで!!【2020】

サウンドオルビス

4,183,419 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事