Audio Units機能拡張の使い方【3ステップで解説+動画付き】

この記事のURLとタイトルをコピーする
Garageband for iOS

Audio Units機能拡張の使い方をマスターすることで、iPhone・iPad・Ipod Touch での音楽制作にひろがりがうまれます。

たしかに、Apple の DAW アプリ「GarageBand iOS」だけでも、音楽をつくることができます。

ただ、モバイル端末で音楽制作をしていて、次のようなことを思ったことはありませんか?

  • もっと太いシンセサイザーの音がほしい
  • プリセットの数が少ない
  • 毎回おなじ画面で、あきた
  • いつもおなじ音色を、えらんでしまう
  • かわったエフェクトがつかいたい

Audio Units機能拡張の使い方をおぼえることで、このような考えがあっというまに消しとんでいきますよ!!

使い方をおぼえて手にはいるスキル
  • 音が太いシンセサイザーが使える
  • Audio Units がよくわかる
  • 純正にはないエフェクト効果が期待できる
  • 無料で外部エフェクト・音源が手に入る
  • 内臓音源にはできない表現ができる

ちなみに iOS デバイスでつかえる Audio Units には、つぎの2つのタイプがあります。

2種類の Audio Units
  • 音源タイプ
  • エフェクトタイプ

それぞれ使い方がちがいます。もちろん両方のやり方を解説していますので、ご安心ください。

この記事が読みおわったときに、あなたの GarageBand iOS での音楽制作に可能性を感じることになるでしょう。

もちろん、GarageBand iOS 以外のホストアプリケーション DAW も、同じ感覚で操作できるはずです。参考にしてみてください。

というわけで今回は、Audio Units機能拡張の使い方を、3ステップ+動画付きで解説していきます。

音源Audio Units機能拡張の使い方【3つのステップ】

音源タイプの Audio Units 機能拡張の使い方は、次の3つのステップが必要です。

  1. Audio Units 対応アプリを用意する
  2. Audio Units 機能拡張トラックを用意する
  3. 動作をチェックする

他社製アプリを準備する必要がありますが、今回は無料(フリー)のものだけをつかっています。

安心して読み進めてください。それでは、さっそくやってみましょう!!

【ステップ1】Audio Units 対応アプリを用意する

動画の ボリュームボタン タッチで、音チェック!!
(Size: 490KB)

Audio Units 対応アプリは、App Store からダウンロードすることができます。

App Store で、「Audio Units」と検索すると対応アプリがたくさんでてきますよ。

今回はその中でも、高品質な Blamsoft, Inc. のモノフォニックシンセサイザー「Viking Synth」をつかっていきます。

もちろん無料ですので、ご安心ください。それでは、下記のダウンロードボタンから「Viking Synth」を、お手持ちの iOS デバイスにいれてください↓

Viking Synth

Viking Synth

Blamsoft, Inc.無料posted withアプリーチ

【ステップ2】Audio Units 機能拡張トラックを用意する

動画の ボリュームボタン タッチで、音チェック!!
(Size: 798KB)

Viking Synth」をダウンロードしたら、GarageBand iOS で Audio Units 機能拡張トラックを用意つくっていきましょう。

ざっくりやり方を説明すると、こんな感じです↓

音源タイプの Audio Units を準備するやり方
  • Browser0btn ブラウザボタンを、タップ
  • 「EXTERNAL」>「Audio Units機能拡張」をタップ
  • Audio Units 対応アプリをタップ
  • トラックの準備完了

それでは、くわしくみていきましょう↓

Gbios browser tap

Browser0btn ブラウザボタンを、タップしてください。

Gbios au tap

ブラウザ画面をスワイプして、「EXTERNAL」の Audio Units機能拡張 をタップします。

Gbios vikingsynth tap

Viking Synth」を、タップしてみましょう。

Gbios auinstruments display

Audio Units 専用のピアノが、でてきましたね。

赤いところが普段とちがっていて、ここでプリセットや数値を設定することができますよ。

Gbios auinstruments display2

トラックのアイコンも、「Viking Synth」専用になっています。

ここまでできたら、いよいよステップ3で音をチェックしていきましょう。

【ステップ3】動作をチェックする

動画の ボリュームボタン タッチで、音チェック!!
(Size: 840KB)

さいごは、Audio Units 専用画面の操作方法と、実際に音をだして動作をチェックしていくステップです。

まずは、操作画面の見方を確認してみましょう。

Audio Units 演奏画面の見方

Gbios aupiano 123

  1. Gbios au btn Audio Units ボタン:プリセットの読み込み・保存
  2. Gbios meter btn 切り替えボタン:数値でAudio Unitsを設定できる
  3. Gbios nob コントロールボタン:Audio Units の画面をひらく

さらにくわしく、みていきましょう。

Gbios au aubtn

Gbios au btn Audio Units ボタンをタップすると、読み込んだ AUdio Units に搭載されているプリセットを読み込むことができます。

自分でつくった設定値も、右上の保存から残しておくこともできるみたいですよ。

Gbios au controlbtn

Gbios meter btn 切り替えボタンをタップすると、コントロールででてくる Audio Units の画面がシンプルな数値だけのものに切り替わります。

他社製のアプリを表示すると、画面が小さくなってしまいます。設定ノブがちいさいときの救済処置ですね!!

ワンポイントアドバイス

切り替えボタンをおしただけでは、画面がでてこないときは Gbios nob コントロールボタンをタップしよう!!

Gbios au kirikaebtn

Gbios nob コントロールボタンをタップすると、Audio Units の操作画面がでてきます。

Inter-App Audio の時代から使っている人は、GarageBand iOS で他社製のアプリを操作できるだけでも感動ものですよ。笑

それでは最後に、鍵盤をタップして「Viking Synth」の音がなるかチェックしてみましょう...

バッチリですね!!

サウンドオルビス
サウンドオルビス
音源タイプの Auido Units の使い方は、これで完璧です!!

エフェクトAudio Units機能拡張の使い方【3つのステップ】

エフェクトタイプの Audio Units 機能拡張の使い方は、次の3つのステップが必要です。

  • Audio Units 対応アプリを用意する
  • プラグインとEQにアサインする
  • 動作をチェックする

他社製アプリを準備する必要がありますが、今回も無料(フリー)のものだけをつかっています。

安心して読み進めてください。それでは、さっそくやってみましょう!!


【ステップ1】Audio Units 対応アプリを用意する

Zero reverb dl

エフェクトタイプの Audio Units 対応アプリも、App Store からダウンロードすることができます。

今回はその中でも、つかいやすい Blamsoft, Inc. のリバーブプラグイン「Zero Reverb」をつかっていきます。

もちろん無料ですので、ご安心ください。

それでは、下記のダウンロードボタンから「Zero Reverb」を、お手持ちの iOS デバイスにダウンロードしてみましょう↓

Zero Reverb

Zero Reverb

Blamsoft, Inc.無料posted withアプリーチ

【ステップ2】プラグインとEQにアサインする

動画の ボリュームボタン タッチで、音チェック!!
(Size: 690KB)

Zero Reverb」をダウンロードしたら、GarageBand iOS で「プラグインとEQ」にアサインしていきましょう。

アサインとは?

ここでいうアサインとは、エフェクトをトラックに設定することをいいますよ!!

ざっくりやり方を説明すると、こんな感じです↓

エフェクトタイプの Audio Units をアサインするやり方
  • 新規トラックをつくる(参考記事)
  • Gbios mixer btnトラック設定ボタンをタップ
  • プラグインとEQをタップ
  • 編集をタップ
  • なし」を、タップ
  • Audio Units機能拡張タブをタップ
  • Audio units 対応アプリをタップ
  • 準備完了

それでは、くわしくみていきましょう↓

Gbios effect au step27

新規トラックを用意したら、Gbios mixer btnトラック設定ボタンをタップします。

Gbios effect au step26

そのなかにあるプラグインとEQをタップしてください。

Gbios effect au step25

つづけて 編集 をタップします。

Gbios effect au step24

なし」を、タップしましょう。

Gbios effect au step23

Audio Units機能拡張 タブを、タップしてください。

Gbios effect au step22

Audio Units「Zero Reverb」をタップします。

Gbios effect au step21

プラグインと EQ に、「Zero Reverb」のアイコンが表示された OK です。

アサインが完了したら、いよいよステップ3にすすみましょう。

【ステップ3】動作をチェックする

動画の ボリュームボタン タッチで、音チェック!!
(Size: 1MB)

さいごは、GarageBand iOS から、エフェクトの Audio Units 操作方法と、実際に音をだして動作をチェックしていくステップになります。

まずは、操作画面の見方を確認してみましょう。

Effect audiounits01

Audio Units エフェクト画面の見方
  1. Audio Unitsの操作画面
  2. Gbios meter btn 切り替えボタン:数値で設定するモードになる
  3. プリセット:AU標準装備のプリセット呼び出しと自作ものを保存

さらにくわしく、みていきましょう。

Effect audiounits02

プリセットボタンをタップすると、読み込んだ AUdio Units に搭載されているプリセットを読み込むことができます。

Zero Reverb」には、プリセットはありません。無料だから、仕方ないですね!!
でもその場合は、自分でつくった設定を保存しておけるので問題なしです!!

Effect audiounits03

Gbios meter btn 切り替えボタンをタップすると、シンプルな数値のみで設定するモードに切り替わります。

小さい画面でも操作しやすいので、おすすめです。

ワンポイントアドバイス

シンプルモードで、スライダー部分を2回連続でタップすると、さいしょの値にもどります。設定がおかしくなったときは、試してみましょう!!

再生ボタンをタップして、音を確認しながらいろいろ設定をいじってみましょう。

Audio Units の設定変更にあわせて、音はかわりましたか?

サウンドオルビス
サウンドオルビス
エフェクトタイプの Auido Units の使い方は、これで完璧です!!

Audio Units 対応アプリをダウンロードしよう

Gbios au thum

Audio Units の使い方をおぼえたら、さっそく Audio Units 対応アプリをダウンロードしてみましょう。

探すのはたいへんなので、一覧でリストアップした記事がありますのでこちらを参照してください↓

Audio Units 対応アプリ17選

Inter-App Audioは廃止予定

Gbios add instruments01

GarageBand iOS で、「Audio Units」をえらぼうとすると...気になりませんか?

「Inter-App Audio」って文字を。

実はこれ、iOS13 から非推奨になっているんです。

残っているのに、非推奨?って感じですけれども。

詳しい話は、外部アプリの録音をする方法にまとめておきました。

気になる方は、こちらの記事をどうぞ↓
GarageBand iOS で、外部アプリの音源を録音する方法

まとめ

Audio Units機能拡張の使い方を、3ステップで解説してきました。

今回の方法をおぼえてしまえば、GarageBand iOS だけではつくれない音を奏でることができます。

ほかのホストアプリケーション DAW でも、応用できますので身につけておきましょう。

動画も、ステップごとに分割してみました。
あたらしい試みだったので、1本動画とどっちがみやすいか検証していきます。

GarageBand iOS での音楽制作に、可能性を感じることはできたでしょうか?

もし感じた!! というかたは、ほかにも GarageBand iOS の使い方を解説しています。

あわせて、こちらの記事もごらんください↓

GarageBand iOSの使い方を徹底解説!!【iPhone・iPad専用】

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,754,721 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール