【簡単】Audacityで録音する方法を解説します!!

歌ってみた

「Audacity で、録音する方法が知りたい!」って悩みを、サクッと解決します。

はじめて Audacity を起動した初心者は、まず操作するボタンがおおくて、ビックリしますよね?

そこで今回は、「とにかく音声を、録音したいんだ!」という人のために、Audacity で録音する方法を、最速で解説します!

まだダウンロードしていないときは?

Audacity をまだ入手していたい方のために、「Audacityのダウンロード方法」も解説しています。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

Audacity で録音する方法【3ステップ】

Audacity で録音する方法を、最速で解説します。

今回はだれでも挑戦できるように、PC(パソコン)に直挿ししたカラオケマイクで、録音してみました。

さらにわかりやすく、3ステップで説明しています。それでは順番に、やってみましょう〜!

【ステップ1】Audacity で新規トラックを追加する

Audacity rec1

ステップ1は、Audacity で新規トラックを追加します。

Audacity を起動したら、メニューバーのトラックをクリックしてください。

新しく追加にマウスカーソルをあわせて、モノラルトラックをクリックしましょう。

Audacity rec2

マイクの音を録音するためのトラックが、追加されました。

ここまでで、ステップ1「Audacity で新規トラックを追加する」の作業は完了です。

ワンポイントアドバイス

声を録音する場合には、必ずモノラルトラックを選びましょう。ステレオトラックは、マイクが2本あるときや、ステレオ録音対応のマイクを接続する必要があります。

【ステップ2】録音に使うマイクを、選択する

マイク・チャンネル・ヘッドホンの選び方

Audacity mic change

  1. マイク(Realtek High Definition):ここで直挿ししたマイクを選択できます
  2. 1(モノラル)録音チャンネル:音声の場合は、モノラルの録音チャンネルを選んでください
  3. ヘッドホン:ここで、イヤホンなど音を出す場所を選ぶことができます

ステップ2は、録音に使うマイクを、選択しましょう。

トラック画面のうえにある「マイク」「ボリューム」アイコンの横に、選択ボックスがあります。

使ってるパソコンによって、ちょっと名前が違いますので、とりあえず一つずつ試してみてください!

助手ちゃん
助手ちゃん
マイクの音が、ちゃんと選択できているか不安です...
そんなときは、Audacity のモニター機能をつかうといいよ!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

Audacity rec14

モニター開始 を、クリックしてみましょう。

同時に、マイクに向かって声を出してみてください。

Audacity rec13

モニターのところに、緑のゲージがでてきたら Audacity がマイクの音声を認識ている証拠ですよ。

だいたい -18 〜 -12 ぐらいまで、緑色のゲージがくるように調節するのがいいですね。ゲージが赤くならないようにだけ、気をつけてください。

ここまでで、ステップ2「録音に使うマイクを、選択する」の作業はおわりです。

【ステップ3】実際に Audacity で録音する

Audacity rec3

ステップ3は、実際に Audacity で録音してみましょう。

赤いまるの 録音ボタンを、クリックしてみましょう。

Audacity の録音が、スタートします。

Audacity rec4

録音がおわったら ■ 停止ボタンを、クリックしてください。

録音が成功していたら、トラックに波形が表示されているはずです。

Audacity rec5

▶︎ 再生ボタンを、クリックしてみましょう。

マイクで録音した音声が、イヤホンから聞けてくるはずです。

実際に録音した結果は、次の見出しでご紹介しますので、ぜひ聞いてみてください。

ここまでで、ステップ3「実際に Audacity で録音する」の作業および、Audacityで録音する方法の解説は終了です。

Audcity で書き出した音源を、聞いてみよう!

Audacity で、PC に直挿ししたマイクで録音した音声
(size:892KB/.wav)

Audcity で書き出した音源を、聞いてみましょう。

再生プレイヤーで、3ステップを試した結果を、確認できます。

また、今回 Audacity で録音した音声は、「wav」や「mp3」といった音声形式で保存することができます。それのやり方を、「書き出し」といいます。

とくに歌ってみたなどの音声ファイルを提出する時には、wav で書き出す必要があります。くわしいやり方は別記事にまとめますので、しらばらくお待ちください!

【関連】Audacity で、wav ファイルを書き出す方法 ※準備中

ワンポイントアドバイス

PC(パソコン)にマイクを直挿しした場合は、やはり音質が悪くなってしまいますね。解消するには、オーディインターフェイスなどを利用する必要があります。解決策は、また別の記事で解説しますね!

Audacity で録音するマイク音声を、リアルタイムでモニタリングする方法

Audacity monitor01

Audacity で録音するマイク音声を、リアルタイムでモニタリングする方法を、ご紹介します。

Audacity メニューの 録音と再生 を、クリックしてください。

録音/再生オプション にマウスカーソルをあわせて、ソフトウェアによる再生(オン/オフ) をクリックしてみましょう。

Audacity monitor02

あらためて、モニター開始 をクリックしてください。

するとマイクの音量ゲージの下に、モニタリングのゲージが表示されるようになりましたね。

これで、イヤホンで Audacity で録音される音声をモニタリングすることができますよ!

モニターできるけれど...

Audacity では、モニタリングの音に遅延が発生してしまいます。そのため録音するときには、モニター機能はオフににしていおきましょう。

まとめ

Audacity で録音する方法を、3ステップで解説させていただきました。

今回は Audacity で、最速で録音できるように無駄を省いて説明させていただきましたよ。

歌ってみたなど、より高品質な録音をするには、設定を変える必要があります。おって解説する予定ですので、しばらくおまちください。

それでは、今回はこの辺で!? ほかにも、歌ってみた系の記事を書いています。きになる人は、「歌ってみたカテゴリ」を読んでみてください!!

サウンドオルビス

3,802,764 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事