オーディオインターフェイスおすすめ!超絶まとめ【2020年】

この記事のURLとタイトルをコピーする
オーディオインターフェイス
オーディオインターフェイスって、どれを買ったらいいんだろう?わたしにぴったりの「おすすめ」が、知りたい!

って疑問を、解決します。現在はモバイル DTMer として、GarageBand iOS の使い方をとおして、スマホで音楽づくりをひろめる活動をしています。

そんな DTM 専門家のわたしが、初心者のオーディオインターフェイス選びのお手伝いがしたくて、記事を書いてみました。

この記事を読んでわかること
  • オーディオインターフェイスの選び方
  • あなたにぴったりのオーディオインターフェースが見つかる
  • オーディオインターフェイスのメーカー知識
  • オーディオインターフェイスとは?
  • ...などなど。

パソコン・スマホで、高音質な録音・出音は、DTMer として最低限のお作法です。しっかり、この記事で知識を身につけておきましょう。

記事が読み終わったときには、あなたがオーディオインターフェイスをポチって、輝かしい音楽のプロ第一歩を踏み出せると信じていますよ。

というわけで今回は、2020年のオーディオインターフェイスおすすめを、超絶まとめてみました。

オーディオインターフェイス、おすすめは?【まとめ】

あなたにおすすめのオーディオインターフェイスを、超絶まとめていきますよ!

オーディオインターフェイスのタイプ別に、どんなひとにおすすめなのか解説します。

「詳しくはこちら」より、詳細記事をごらんになれます。それでは、いってみよ〜!

USB-C対応オーデイオンターフェイス

Usbc if
USB-Cタイプがおすすめなのは、こんなひと!
Mac が、USB-C タイプメイン搭載なんです。パソコンも USB-C 搭載されていくから、URB-Cで規格を統一したDTM環境がつくりたい!

裏表のない端子のほうが、やっぱりわかりやすい!ハイスピードだし、いい音が録音できそう。なにより、新しいオーディオインターフェイスがほしい!
これからオーディオインターフェイスを買うなら、USB-Cタイプがおすすめですね。USB-C対応オーディオインターフェイス、まとめておきましたよ。
管理人
管理人

iPhone接続タイプのオーディオインターフェイス

Iphone io
iPhoneに接続タイプがおすすめなのは、こんなひと!
まずは iPhone をつかって、モバイル DTM から挑戦したいんです。GarageBand iOS で1曲作れるようになってから、本気でDTMの機材をそろえようと思っています。

iPhoneだって、高品質な録音・モニタリングができるって聞きました。iPhone で歌ってみたのレコーディングができたり、楽器の録音ができたらスマートですよね。
時代はますます、モバイル DTM!そんなあなたのために、iPhoneに接続できる、オーディオインターフェースをご紹介します。
管理人
管理人

ギター・ベースむけオーディオインターフェイス

Audiointer guitar
ギター・ベースむけがおすすめなのは、こんなひと!
ギター・ベースの音をキレイに録音できて、レイテンシーの少ない専用オーディオインターフェイスがほしい!

ギタ練習用に、安いオーディオインターフェイスがほしい!ほかにもライブで使えたり、スマホとかでギター・ベースの音作りをたのしみたい!
そんななたに、ギタリスト・ベーシストむけオーディオインターフェースを、ご紹介します。
管理人
管理人

MIDI機能つきオーデイオンターフェイス

Audio inter midi
MIDI機能つきがおすすめなのは、こんなひと!
MIDIインターフェイスをなくして、DTM 机にスペースをつくりたい!

MIDI キーボードはワイヤレスだけど、MIDI コントローラーはオーディオインターフェイス接続で使いたい!
1つで2つの機能が味わえるMIDI 機能つきオーディオインターフェイス、おすすめですよ。
管理人
管理人

コスパ・安いオーデイオンターフェイス

Cheap interface
コスパ・安いオーディオインターフェイスがおすすめなのは、こんなひと!
オーディオインターフェイスがほしいけど、予算の都合でなるべく安いものがほしい!

コスパがいい、初心者むけモデルがほしい!
それなら、エントリーモデルのオーディオインターフェイスをまとめておきましたので、ご紹介させてください!
管理人
管理人

オーデイオンターフェイス内蔵ミキサー

Mixer interface
オーディオインターフェイス内蔵ミキサーがおすすめなのは、こんなひと!
バンドとか、みんあで集まった貸しスタジオで録音したりするんだけど、あんまり機材を持ち歩きたくないなぁ...

YouTube 動画の対談動画とか、効果音とか二人同時にマイクを録音したりしたい!でも、パソコンは苦手...
それなら、アナログな質感がわかりやすい、オーディオインターフェイス内蔵ミキサーがおすすめかもしれません!
管理人
管理人

USB3.0対応オーデイオンターフェイス

Usb3 interface
USB3.0対応オーディオインターフェイスがおすすめなのは、こんなひと!
せっかくだから、新しい規格・次世代のオーディオインターフェイスがほしい!

さいきんパソコン買ったばっかりで、USB Type-C のケーブルしかないから、端子をそろえたい
対応している数はすくないですが、USB 3.0 対応のオーディオインターフェイスを紹介しましょう。
管理人
管理人

順次、追記予定

現在、オーディオインターフェースについて調べております。

あらためて、自分で調べていると、わからないところが浮き彫りになるので勉強になりますね。

しばらく、お待ちください。

オーディオインターフェイスメーカー一覧

Audio interface maker

オーディオインターフェイスを扱っているメーカーを、まとめてみました。

DTM 機材をリリースしている会社って、たくさんあります。そのなかでも、オーディオインターフェイスを販売しているメーカーって、どこなの?って疑問を解決しています。

さらに、メーカーごと販売している製品の公式ページへリンクを貼っておきました。オーディオインターフェイス探しの参考に、ご利用ください↓

【関連】オーディオインターフェイスのメーカー一覧まとめ

オーディオインターフェイスとは?

オーディオインターフェイスとは、キレイな音を録音するため・音を出すための DTM 機材です。

初心者 DTMer なら、ざっくりとこんな感じで抑えておけばいいと思います。

むずしくいえば、違うんでしょうけどね。オーディオインターフェイスを長年使っていて、わかりやすく説明するなら、そんな感じですね。

オーディオインターフェイスでできること

オーディオインターフェイスでできること
  • ギター・ベースなどライン入力楽器の録音
  • ファンタム電源を必要とするコンデンサーマイクでの録音
  • 遅延のないモニター(ヘッドホン・スピーカー)
  • 遅延のない DAW 操作(要ドライバ)
  • 複数の入出力をつかって、ドラムパーカッションや大人数での録音
  • ハイレゾ対応のクリアなモニタリング・レコーディング
  • ...など。

わたしの持っている知識以外にも、最新のオーディオインターフェイスが追加されており、もっとできることが増えているように感じます。

さらに詳しいことは、わたしもさらに勉強して追記していきます。

私が使っているオーディオインターフェイス

M track2x2katta2

わたしは、「M-AUDIO M-Track 2X2」をつかっています。

安価で USB-C 対応しているので、はじめに買うなら候補としておすすめできますよ。

実際につかってみたレビューは、関連記事をどうぞ↓

【関連】M-AUDIO M-Track 2X2レビュー

あとがき

おすすめのオーディオインターフェイスを、まとめてみました。

といっても、まだまだこれから記事内容を追記していくところですので、完成までしばらくお待ちいただけましたら幸いです。

技術の進歩、時代の進化がすごくて、ちょっと目を離した隙にオーディオインターフェイスもパワーアップしているようでした。

調べた知識は、自分の忘備録用として、そして初心者のオーディオインターフェイス選びの参考になるように、これからもまとめていきます。

そのほか、DTM に関する記事は、サウンドテック・ラボの DTM まとめページをごらんください↓

【関連】DTM音楽制作の記事まとめ | サウンドテック・ラボ

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ