BackWPupの使い方を解説!!WordPressを自動でバックアップ

この記事のURLとタイトルをコピーする
WordPressプラグイン
読者さん
読者さん
WordPress のバックアップって、どうすればいいんだろう?

って疑問を、解決していきます。今回使うプラグインは、「BackWPup」です。

自分の好きなタイミングでも、スケージュールを設定して自動で WordPress ブログをバックアップしてくれるのですごく便利です。

もちろん、無料版で十分すぎるほどの性能を発揮してくれますよ。

というわけで今回は、WordPressを自動でバックアッププラグイン「BackWPup」の使い方を、解説していきます。

WordPressプラグイン「BackWPup」の使い方

BackWPup capture1

BackWPup – WordPress Backup Plugin – WordPress プラグイン | WordPress.orgより引用

WordPressプラグイン「BackWPup」の使い方を、解説していきます。

ダウンロード・インストール方法

BackWPup capture2

  • プラグイン新規追加をクリック
  • BackWPupを検索
  • BackWPup の今すぐインストールをクリックして、有効化します

ダウンロード:BackWPup – WordPress Backup Plugin

作者が、「Inpsyde GmbH」さんであることを確認してください。

バックアップのやり方

「BackWPup」でバックアップする方法を、解説していきます。

バックアップのやり方の順番
  1. バックアップのジョブを作成する
  2. 作成したジョブを実行する
  3. ジョブのログを確認する

手順としては、こんな感じですね。

順番に説明していきますので、そのまま読み進めてくださいね↓

バックアップのジョブを作成する

Sidebar BackWPup new

サイドバーの BackWPup にある新規ジョブを追加を、クリックします。

バックアップのジョブを作成していきましょう。

一般タブの設定

一般タブの設定は、こんな感じです↓

01

設定項目内容
ジョブ名
このジョブの名前テスト(お好みで)
ジョブタスク
このジョブは...
  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • WordPress の XML エクスポート
  • インストール済みプラグイン一覧
  • データベーステーブルをチェック
バックアップファイルの作成
アーカイブ名変更なしでOK
アーカイブ形式「Zip」を選択
バックアップファイルの保存方法
  • フォルダーへバックアップ
  • メールでバックアップを送信
  • FTP にバックアップ
  • Dropbox にバックアップ
  • S3 サービスにバックアップ
  • Microsoft Azure にバックアップ (Blob)
  • Rackspace のクラウドファイルにバックアップ
  • SugarSync にバックアップ
  • ログファイル
    ログの送信先メールアドレスあなたのメールアドレスを記入。バックアップ状況を知らせてくれるぞ!!
    メールの送信元メールの件名に入る名前を、設定できる。
    エラー ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信できる。エラーだけメールが来ればいいので、チェックを入れておこう。
    スケジュールタブの設定
    設定項目内容
    ジョブスケジュール
    ジョブの開始 手動:自分でやる設定なのでチェックなし。
    WordPressのcron:自動でバックアップしたいので、チェックを入れる。
    リンク:外部スタートは必要なし。
    実行時間をスケジュール
    スケジューラーの種類 基本
    高度
    スケジューラーおすすめ: 毎週 月曜日 時間
    DBバックアップの設定

    DBバックアップの設定は、そのままデフォルトでOKです。

    バックアップするテーブルは、すべてバックアップしたいのでぜんぶチェックを入れておいた方が無難でしょう。

    バックアップファイル名はデフォルトで、バックアップファイルの圧縮も「なし」で問題なさそうです。

    ファイルの設定
    設定項目内容
    バックアップするフォルダー
    WordPress をインストールしたフォルダーをバックアップそのままでOK
    コンテンツフォルダーをバックアップそのままでOK
    プラグインのバックアップそのままでOK
    テーマのバックアップそのままでOK
    uploads フォルダーをバックアップそのままでOK
    バックアップするその他のフォルダー空欄でOK
    バックアップから除外
    uploads 内のサムネイルチェックなし
    バックアップから除外するファイル / フォルダーそのままでOK
    特別なオプション
    特殊ファイルを含めるチェックいれる
    1階層上のフォルダーを WP インストールフォルダーとして使用するチェックなしでOK

    除外したいファイルがある場合は、チェックを入れてください。基本的には、なにもしなくてOKですよ。

    宛先の設定
    設定項目内容
    バックアップするフォルダー
    認証DropBoxアカウントを持ってない場合は、作成をクリック
    Dropbox のアプリへのアクセスDropbox のアプリ認証コードを取得をクリックして、取得したコードを貼り付ける。
    Dropbox へのフルアクセスDropbox フル認証コードを取得をクリックして、取得したコードを貼り付ける。
    バックアップ設定
    保存先フォルダー/好きな名前をつけてOK/
    ファイルを削除そのままでOK

    最後に、変更を保存をクリックして設定は完了です。

    作成したジョブを実行する

    Backwpup job

    サイドバーの BackWPup にあるジョブを、クリックします。

    作成したジョブを実行していきましょう。

    Backpup1

    手動でバックアップする場合は、今すぐ実行をクリックしれば、バックアップがはじまります。

    作成したジョブにスケジュールが設定されているので、わたしと同じ設定にしている場合は「毎週月曜日の3時」にバックアップが実行されるはずですよ。

    ジョブのログを確認する

    Backpup log

    サイドバーの BackWPup にあるログを、クリックします。

    バックアップ作成したログを、確認してみましょう。

    Backpup log2

    ログに問題がなければ、すべて白い文字で表示されます。

    Backpup log3

    警告やエラーの場合は、黄色や赤の背景で文字が表示されます。


    バックアップにかかる時間

    BackWPup time1

    「BackWPup」のバックアップにかかる時間を、計測してみました。いざ、スタート!!

    20 秒時点で、あおいバーがだいぶ右まですすんでいますね。これはいいタイムが期待できそうな予感。

    ゴーーーーールッ!!

    BackWPup time2

    タイム:6分19秒!!

    500記事ぐらいのブログにかかるバックアップタイムです。

    もちろん、画像がおおいタイプや動画を多用する場合は、もっと長くなると思います。参考程度に、みておきましょう。

    BackWPupで復元する方法

    BackWPup で復元する方法は、ちょっと難しいです。

    むずかしくても画像や記事内容などをバックアップしておけるなら、定期的に BackWPup を稼働させておくメリットがあります。

    ありがたいことに、実際にバックアップが必要になる場面には、まだなっていません。

    ちなみにバックアップの流れとしては...

    BackWPup バックアップの流れ
    1. FTPソフトでバックアップファイルを、サーバーにアップロード
    2. サーバー上の「phpMyAdmin」で、データベースを復元
    3. ワードプレスの動作チェック

    って感じですね。

    バックアップ復元方法は、外部記事におまかせいたします。とくにわかりやすかった記事は、こちらです↓

    まとめ

    WordPressを自動でバックアップする「BackWPup」の使い方を解説してきました。

    手動だけではなく、自動でバックアップをしてくれるので重宝しています。

    はじめの設定さえしておけば、毎週決まった時間にあなたのWordPressサイトを、守ってくれますよ。

    そのほか、おすすめの WordPress プラグインに関する記事は、こちらをどうぞ↓

    「WordPressプラグイン」カテゴリの新着記事はこちら

    この記事のURLとタイトルをコピーする
    記事へのお問い合わせ

    サウンドオルビス

    1,755,273 views

    悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

    プロフィール