• HOME
  • DTM
  • ナレーションの声とBGMを合わせるコンプレッサーの設定を解説します

ナレーションの声とBGMを合わせるコンプレッサーの設定を解説します

DTM

どうも。音楽クリエイターのサウンドオルビス( @soundorbis )です。

ナレーションの声と BGM を、バランスよく調整するのって難しくないですか? 原因は音量の平均に、差があるからなんです。この記事では、音量の平均差をキレイにそろえてくれる「コンプレッサーの設定」について解説していきます。

コンプレッサーを使いこなせれば、クオリティアップ間違いなしだぜ!

ナレーションとBGMを合わせるため使うコンプレッサーの設定について

役立つコンプレッサーの使い方と設定

Apple の Logic Pro X 標準コンプレッサーで解説します。ナレーションで BGM と合わせるために使うコンプレッサーの設定は、次のとおりです。

ナレーションとBGMを合わせるため使うコンプレッサーの設定値について
  • アタック:32ms
  • リリース:51ms
  • レシオ:4:1:1
  • 二ー:0.7
  • スレッショルド:-6.0db

設定のポイントは、次のとおり↓

  • 子音を聞き取りやすくするため、アタック遅め
  • リリースは早口だから早め
  • レシオは 4:1 ぐらいで自然な圧縮感を演出
  • ニーは耳で聞きながら、一番音のいい値で設定
  • スレッショルドは、収録された声の音量に合わせて変更する

自分のラジオ配信や YouTube では、コンプレッサーの設定値をこんな感じで決めています。

とにかく声を大きくするなら、アタック最速。レシオ比率を高めにしてスレッショルド下げてください。耳に痛い声になるので、オススメしませんが。

音の大きさを揃えるコンプレッサーとは?

音の大きさをコントロールするソフトのことを、コンプレッサーと呼びます。声が大きいところを潰して、全体の大きさを平均化にしてくれるんですよ。

音量の大小が少なくなることで、人間の耳は音がすごく大きいと感じるようになるんです。不思議ですねぇ〜。

Meganegaikokuzin

どうして BGM とナレーションの声を合わせるのにコンプレッサーを使うの?

  • 生身のナレーションの声
  • たくさんの楽器で構成された BGM

どちらの音量が大きいでしょうか? 

その通り。BGM の音量の方が、大きいですよね。

だからコンプレッサーを使って、ナレーションの声と BGM の音量を同じにするんです。声と BGM の音量が同じなら、編集できれいに合わせることができるようになります。

声を大きくする秘密兵器 Waves の「MV2」

3 MV2

MV2 – Waves

有料のソフトを使えば、コンプレッサーよりもきれいに音量をそろえることができます。

Waves の MV2 は大きい音をつぶさず、小さい音を持ち上げるので音質の劣化が少ないのです。まさに、秘密兵器ですよね。

まとめ

ナレーションの声と BGM を合わせるコンプレッサーの設定について、分かっていただけましたでしょうか? BGM に負けない声をつくることで、きれいに混ぜ合わせることが簡単にできます。

次回は、EQ イコライザーを使った音質補正について書きたいと思います。

次回予告>>>ナレーションの声と、BGMを合わせるのに役立つEQ・イコライザーの使い方と、設定値。

ナレーションの声と BGM を編集するのに役立つ「3 つのポイント」をまとめた記事も、合わせて読んでみてください。あなたの作品のクオリティが、さらに一段アップしますよ!

記事へのお問い合わせ

soundorbis

369,248 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、ワクワクが止まらない情報を発信していきます。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS