• HOME
  • YouTubeの編集
  • 動画でリバーブ(エコー)を使いたい?おすすめの設定値おしえます

動画でリバーブ(エコー)を使いたい?おすすめの設定値おしえます

YouTubeの編集

YouTuber って「重大発表!」みたいな場面で、反響する声にすることがありますよね。

あの反響する声は、「リバーブ」「エコー」と呼ばれるエフェクトで効果をつけているんです。

というわけで今回は、YouTube で重大発表したいときに使う「エコー(リバーブ)の設定値」について教えちゃます。

YouTuber のエコー(リバーブ)を、動画で聞いてみよう!

リバーブ・エコーの効果を、あらためて確認しみましょう。

動画冒頭の「タイトルコール」に、リバーブ(エコー)がかかっています。広い部屋で話しているような効果を「リバーブ」または、「エコー」と呼びます。

リバーブとは、空間の反響。エコーとは、繰り返させる反響。ぐらいの感覚で覚えておけば大丈夫だと思います。

リバーブ(エコー)の設定値について

echoparefe

おすすめのリバーブ(エコー)の設定値
  • Pre-delay(プリディレイ):0ms
  • Decay (リバーブタイム):1.8sec
  • Width (広がり):100%
  • Wet (音の混ぜる量):20%

参考動画で使ったエコー(リバーブ)の設定値です。

使用したエコー(リバーブ)ソフトは、「iZotope Nectar2」。有料ソフトですが設定値を参考にすれば、無料のソフトでも同じことができます。

注意

Decay (リバーブタイム)を 3s 以上にすると、何を話しているか分からなくなります。初心者は深くかけすぎてしまうので、注意してください。

スポンサーリンク


隠し味に、ディレイを使おう!

隠し味のディレイ

隠し味のディレイ設定
  • Delay(繰り返す時間):200ms
  • Feedback(響く時間):20%
  • Width(広がり):100%
  • Wet(混ぜる量):20%

参考動画では、ディレイを混ぜています。リバーブとディレイの機能が備わっている

エコー(リバーブ)に少しだけディレイを混ぜると、説得力が 2 割増になる気がします。絶対にこのスキルを、獲得しておきましょう。

ディレイとは?

ディレイとは、「やまびこ」のように音が繰り返し反響するエフェクトのことです。「ヤッホー」と山に向かって叫ぶと、「ヤッホー」と山から声が返ってくるアレです。一手間加えることで、ライバル YouTuber に差をつけることができます。

まとめ

エコー(リバーブ)をYouTubeの重大発表で使うときの設定値について、まとめてみました。これで今日からあなたも、YouTube で好きなだけ重大発表することができますね!

ですが、毎回動画で重大発表していたら……視聴者に飽きられちゃいますからね。なにごともほどよくやりましょう。

ナレーションの声と BGM を編集するのに役立つ「3 つのポイント」をまとめた記事も、合わせて読んでみてください。

あなたの作品のクオリティが、さらに一段アップしますよ!

記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

933,084 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS