• HOME
  • 動画編集
  • ナレーションの声とBGMを合わせるEQイコライザーの設定を解説します

ナレーションの声とBGMを合わせるEQイコライザーの設定を解説します

この記事のURLとタイトルをコピーする
動画編集
読者さん
読者さん
EQはどこをいじったらいいのか、分からない!

って悩みを、解決していきます。

前回はコンプレッサーについてふれてみましたが、合わせて読むとよりクオリティの高いラジオ番組や YouTube 動画を作成できますので、まだの方はこちらからどうぞ↓

前回の記事>>>ナレーションの声とBGMを合わせる!役立つコンプの使い方と設定

ナレーションの声と、BGM音質をあわせることができれば、いまより一段レベルアップした番組を作れます。でもナレーションの EQ イコライザーって、奥が深いんですよ。

というわけで今回は、EQ イコライザーの設定を学びながら、ナレーションの声と BGM を合わせる方法を解説していきます。

ナレーションの声とBGMを合わせる EQ イコライザーの設定

それでは EQ イコライザーの設定について、解説していきます。

EQ(イコライザー)の設定値

ナレーションの声とBGMを合わせる EQ イコライザーの設定

EQ イコライザーのおすすめ設定値
  • 72.0Hz以下:ローカット。
  • 166Hz:-4.5db
  • 2650Hz:+2.0db
  • 10400Hz以上:+2.5db

男性の声なら、こんな感じですね。

画像は Apple の DAW「Logic Pro X」標準の EQ(イコライザー)です。

EQの設定で迷ったときは、この設定値を参考にしてみてください。応用できるように、帯域ごとの考え方も書いておきますね。

設定値の考え方について

帯域ごとの EQ イコライザーの考え方
  • 72.0Hz以下:声に必要ないので、バッサリカットします。
  • 166Hz:声のこもりを解消するポイント。
  • 2650Hz:声のキャラクターを強調しました。
  • 10400Hz以上:声がよく聴き取れるように、子音を際立たせました。

録音環境や、声質によっては、設定がガラッと変わることもあります。

正直、こればかりは正解がないので仕方ないです。紹介した値を参考に、微調整してみましょう。

読者さん
読者さん
EQ イコライザーの使い方に自信がないよ〜

って方に、おすすめの 1 冊をご紹介します↓

「スグに使えるEQレシピ 」ざっくりレビュー
  • Kindle Unlimited なら、定額で読める
  • EQの例題がたくさんのってる
  • EQ 考え方を、早見表感覚で読める。
  • わかりやすい文章で、いい感じ!

簡単なEQ(イコライザー)の本を読んでおくと、結果として近道になりますよ。

音質をそろえる EQ イコライザーとは?

音質を補正するソフトのことを、EQイコライザーといいます。

EQイコライザーの働き
  • 音質をブーストして強調
  • 音質をカットして抑える
  • 音に迫力を増したり
  • 逆に軽くしたりできる
  • BGMと音のすみ分けができる

みたいなことが、できます。

わかりやすくイコライザーが、どんな感じで作用しているのかわかりやすい動画を見つけました↓

EQ 適用前と、後で変わる音質を耳で確認してみてください。

ナレーションも同様に、BGMと上手に音を馴染ませるということをすれば基本的には OK です。


なぜ EQ イコライザーを使うの?

EQ イコライザーを使う理由は、ナレーションの声と BGM を、合体支えるためにEQイコライザーを使います。

EQ イコライザーを使う2つの個人的な理由
  • ナレーションの声と BGM の音質をそろえて「一体感」をつくる
  • ナレーションの声と BGM の帯域をずらして聞きやすくする

みたいな感じ。

「ラジオみたいな声+高音質BGM放送」なんて、聞きたくないですよもんね。

耳に痛い音がありませんか?

ラジオや YouTube の動画で「シュッ」「シャッ」って感じのサ行の声で、

読者さん
読者さん
耳が痛い!!

って感じたこと、ないですか?

2,000Hz〜9,000Hz ぐらいの高音に、耳の痛さを感じる音の原因があります。

EQ(イコライザー)で削ることもできますが、音質が悪くなってしまうんです。

そんなときは、「ディエッサー」を使うといいですよ!

「ディエッサー」を使ってみよう!

Waves の DeEsser

ディエッサーとは?

特定の狭い周波数を、ピンポイントで圧縮できるプラグインです。EQのように常時かかるのではなく、耳障りな音が出た時だけ作用させることができます。

ディエッサーを使えば、「サ行」がでた瞬間だけ耳に痛い音を軽減してくれます。

耳に痛い音があったとき、リスナーは相手をよほど好きでなければ、離脱してしまいます。その判断は早いです。

個人の配信でも、ワンステップ上げたいですよね。代表的なところで、DeEsser - Waves があります。いちばん安いバンドルに収録されているので、操作のしやすさ、導入の敷居が低いのもありがたいです↓

耳に痛い音をなくして、リスナーに優しいナレーション編集を手に入れましょう!

まとめ

ナレーションの声と BGM を合わせる「EQ イコライザーの設定」について、まとめてみました。

EQ イコライザーのおすすめ設定値
  • 72.0Hz以下:ローカット。
  • 166Hz:-4.5db
  • 2650Hz:+2.0db
  • 10400Hz以上:+2.5db

男性の声の場合です。女性の声の場合は、全体的に数値を高めに設定するといいかも。

声質に合わせて、ちょっと調整して使ってください。

次回予告>>>ナレーションの声と、BGMを合わせるのに役立つエコーの使い方と、設定値。

ナレーションの声と BGM を編集するのに役立つ「3 つのポイント」をまとめた記事も、合わせて読んでみてください。

あなたの作品のクオリティが、さらに一段アップしますよ!

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,578,767 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS

インスタグラム