コード進行スタイル・ブックのレビュー!改訂版あるベストセラー

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM
読者さん
読者さん
コード進行の引き出しを、もっと増やしたい!

そんな風にわたしも思っていた時期に、出会った本が「コード進行スタイル・ブック」でした。

ギタリストの成瀬正樹先生の著書で、10年以上売れ続けているベストセラー。改訂版がでるほどの信頼度。これを買わないわけには、いきません。

120種類以上のコードパターンが収められ、例題曲や巻末にダイアトニックのコード表までついてくるなんて、至れり尽くせりのコード進行のガイドブックですよ。あなたも、気になってきちゃいましたか?

というわけで今回は、コード進行スタイル・ブックのレビュー記事です。

コード進行スタイル・ブックのレビュー

コード進行スタイル・ブックを読んで、解決できる悩み、できるようになることとは?に焦点をおいて、レビューしていきます。

コード進行の基礎を学べる

Code sinkou stylebook3

コード進行の基礎を、しっかり学ぶことができます。

コード進行の仕組みについて、36ページを使って説明してくれます。Cm7-5 のようなコードネームの仕組みや、表記の読み解き方を1から学べます。ただのパターン集ではありません。

トニック・ドミナント・サブドミナントといった働きについても、実際の曲作りの中で参照したいときに重宝します。

この本は、コード進行の基礎を学びたい人にもおすすめです。

12パターンで引き出しを、増やすことができる

Code sinkou stylebook2

コード進行の引き出しを増やすことができます。

120の整理された進行パターンが、収録されています。すべての調で応用しやすいローマ字表記だけじゃなくて、C調(ドからはじまるキー)でのコードネームも書いてあるので、わかりやすいです。

後半にはクリシェの長めのパターンから、ジャズ・ブルースの基本進行まで網羅されています。さらにこの本が売れ続けた理由に、コード進行の例題曲が掲載されているところです。

F→G→Em→Am が使われてる曲
  • サヨナラバス(イントロ) - ゆず
  • いとしのエリー(サビ) - サザンオールスターズ
  • 遥か(間奏) - スピッツ
  • Driver's High(イントロ、間奏) - ラルク・アン・シエル
  • Burnin7 X'mas(サビ) - T.M Revolution

たとえば、こんな感じで記されています。少し古い感じがしますが、その点が改良されたようです。記事の後半で、ご説明いたします。

コード進行の引き出しを増やすしたい人に、おすすめです。


迷ったときのガイドブックになる

Code sinkou stylebook1

コード進行で迷ったときのガイドブックです。

コード進行スタイル・ブック 1 冊あれば、コード進行で困ることはなさそうです。コードネームや鍵盤でどこを弾けばいいのか基礎知識編で復習できますし、コードパターンについては自分の楽曲で使うパターンは、この本で取り扱っているものばかりです。

好きなコード進行って、曲をつくっていくとだんだん決まってきちゃうんですけどね。まぁそれは、よしとして。

巻末にはキーごとのコード一覧表が、付属しています。

ダイアトニック・コード一覧表
  • メジャー・キーにおけるダイアトニック・コード
  • マイナー・キーのダイアトニック・コード①ナチュラル・マイナー・スケールから派生
  • マイナー・キーのダイアトニック・コード②ハーモニック・マイナー・スケールから派生
  • マイナー・キーのダイアトニック・コード③メロディック・マイナー・スケールから派生

この見出しはじめの引用画像のように、テーブル表形式になっています。パッと見てわかりやすいので重宝してます。こういうのって、転調するときにもアイディアわくので、重宝しますよね。

コード進行で迷ったときのガイドブックが欲しい人に、おすすめです。

改訂版が2011年にリリース

10年売れ続けて、改訂版がでたみたいです!

今回紹介した「コード進行スタイル・ブック」の初版は、2001年07月28日でした。

その後、10年間売れつづけた結果...

改訂版に「決定版 コード進行スタイル・ブック」が、2011年12月22日に発売されました。私の持っている改定前より、例題曲がアップデートされ、より見やすくなっているようなので、とても気になりますねぇ...

しっかし、ロングベストセラーですよ。信頼度が違います。成瀬正樹先生は現役のギタリストで、現在もご活躍をされていらっしゃいます。すごいですねぇ。

購入はこちら

コード進行の引き出しを持っておきたい人には、とくにおすすめです。電子書籍版もあるみたいですよ!

中古で安く書いたひとは、こちらからどうぞ。

まとめ

コード進行スタイル・ブックレビューをまとめると、こんな感じです↓

コード進行スタイル・ブックレビューまとめ
  • コード進行の基礎を学べる
  • 120パターンで、引き出しを増やすことができる
  • 迷ったときのガイドブックになる

コード進行にハマりはじめると、いろいろ凝ったことをしたくなりますよね。だけど、結局パターン通りで作った方が、まとまりもあって耳に馴染む仕上がりになりがちです。

ですがそこには、先人たちの知恵があり、和音の並びを徹底的に研究していった結果、パターンという形で昇華されたんだと思います。

まずはコード進行・スタイルブックのパターンを徹底的に使い込むところから、初めてみると新しい世界が見えてくるかもしれません。日々、研究です。

いままで読んだ DTM 本のレビューを、まとめた記事を用意しました。サウンドオルビスを育ててくれたDTM本を、一挙公開です↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,601,407 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS

インスタグラム