無償のチャリティーサウンドパックをリリース-Native Instruments

サンプリング素材

Native Instruments が、無償チャリティーサウンドパック「COMMUNITY DRIVE」をリリースしました。(2020年7月15日確認)

「COMMUNITY DRIVE」は、コロナ(COVID-19)の影響で経済的に苦しむミュージシャンの支援を目的としたチャリティ用のサウンドパックです。ダウンロード自体は無料ですが、活動に賛同する方は寄付することも可能です。

世界的な危機に、手を取りあってサポートしあえるチャリティー企画。アーティストの支援を考えていた方は、チェックしてみてください。

無償チャリティーサウンドパック「COMMUNITY DRIVE」とは

「COMMUNITY DRIVE」は、拡大が続くコロナ(COVID-19)の影響で経済的な問題に苦しんでいるミュージシャンをサポートするために、制作されたチャリティ用のサウンドパックです。

インストーラーサイズ 451MB、全サンプル268という大容量の内容となっています。Native Instruments の YouTube チャンネルで、参加アーティストの声やメッセージを聞くことができますよ。

ダウンロードのやり方

サウンドパックを入手するには、Native Instrumentsの「Native ID」が必要です。アカウントを作成しておきましょう。

配布ページにて、今すぐダウンロードする ボタンからリクエストを行います。そのあと「Native Access」から「COMMUNITY DRIVE」を、ダウンロードできるようになります。

ダウンロードは無償、寄付金は音楽コミュニティーの支援に分配

チャリティーサウンドパック「COMMUNITY DRIVE」のダウンロードは、無料で行うことができます。

また「COMMUNITY DRIVE」のダウンロードは無償ですが、活動に賛同する場合に「寄付」を行うこともできます。

集められた寄付金は、すべて音楽コミュニティーを支援する団体組織に分配されるようになっています。支援先の単体等は、公式サイトを参照してください。

14組の参加アーティスト

チャリティーサウンドパックには、14組のアーティストが参加しています。

某ファッションブランドの日本CMの曲として耳にしたことも多いであろう「SIA」や、DTMer の多くが話題にする「BT」など有名なミュージシャンの名前が掲載されています。

以下、参加アーティストのリスト↓

  1. SIA
  2. TAKE A DAYTRIP’S NO IDLE CREW
  3. GEORGIA ANNE MULDROW
  4. DJ DAHI
  5. JUST BLAZE
  6. PEACHES
  7. PHILOMÈNE TSOUNGUI
  8. KAITLYN AURELIA SMITH
  9. JUNKIE XL
  10. MIQUELA
  11. RICHARD DEVINE
  12. BT
  13. LAUREL HALO
  14. KIMBRA

「COMMUNITY DRIVE」268 全サンプルの収録内容

チャリティーサウンドパック「COMMUNITY DRIVE」には、インストーラーサイズ 451MB もの内容(268 全サンプル)が収録されています。

以下、収録内容のリスト↓

  • 12 MASCHINEキット
  • 10 BATTERYキット
  • 14 Logic DMDキット
  • 14 Abletonキット
  • 11 MASSIVEプリセット
  • 27 MONARKプリセット
  • 10 PRISMプリセット
  • 10 SKANNER XTプリセット
  • 74 ループ
  • 104 のドラムサンプル: 6 クラップ
  • 6 シンバル
  • 14 ハイハット
  • 33 キック
  • 10 タム
  • 38 スネア
  • 8 パーカッションサンプル

無償チャリティーサウンドパック「COMMUNITY DRIVE」の楽曲使用について

「COMMUNITY DRIVE」の使用には、以下の免責事項がありますので、ご確認ください↓

COMMUNITY DRIVEパックのサウンド、サンプル、プリセットは、ロイヤリティーフリーでご使用いただけます。ただしトラック名やアートワークなどに当プロジェクトに貢献したアーティストの名前や画像を使用したり、宣伝に使用することは許可されていません。

出典:Community Driveより引用

無償のチャリティーサウンドパックをリリース-Native Instruments のあとがき

世界的に辛い状況のなかで、音楽の力ができることについて、考えさせてくれるチャリティ企画ですね。苦しいときこそ、助け合うことができれば、どんな困難にも立ち向かっていけます。

ともに手を取り合い、サポートし合いながら、世界的な危機を乗り切っていきましょう!

サウンドオルビス

4,582,168 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事