DTMのPC移行!!ライセンス移動・アクティベート解除方法

プラグイン・ソフト音源・ツール

「DTM の PC を移行したんだけど、プラグインのライセンス移動とか、アクティベーション解除って、どうすればいいの?」って疑問を、解決します。

DTM DTM のプラグインやソフトウェア音源の移行のときって、どんな作業をすればいいのかわかりませんよね?

筆者も新しい DTM パソコンを購入してせっかく移行作業をしてみたので、メーカーごとのライセンス移動やディアクティベーションのやり方を、まとめてみることにしました。

というわけで今回は、DTM 系のプラグイン・ソフトウェア音源などのライセンス移動やアクティベート解除方法について、メーカー別にまとめていきますので参考にしてみてください。

現在、記事内容を修正中です

2021年5月3日現在、記事内容を修正中です。Macbook Pro 2016 年モデルから、M1 Mac mini 2020 モデルに移行するため、現在も DTM のライセンス系の移行作業中です。今のところ、iZotope さんの完了が完了しております。随時、移行作業を追記していきますので、しばらくお待ちください。

【解説】ライセンス移動・アクティベーション解除方法【まとめ】

DTMのPCを移行したときの「ライセンス移動・アクティベート解除方法」について、メーカー別に解説していきます。

すごーくすごーく大変だった記憶が残っているので、これから DTM の PC 移行をする DTMer 達のために、筆者が経験した作業内容をまとめておきますね。

この記事では、主に Mac の画面を例に説明していきますが、ご了承ください。そのかわりに解除方法と、公式のヘルプ等のリンクをあわせて掲載してく形式となっています。それでは、1つずつみていきましょう。

XLN AUDIO

XLN AUDIO のライセンス解除手順
Xln deactivation

  • 古いコンピューターでオンラインインストーラーを実行
  • すべてのチェックボックスをオフにして、オンラインインストーラーにすべての製品をアンインストール
  • 公式サイト「Software for music production - XLN Audio」にアクセス
  • ユーザーアカウントにログインし、[My Account]ページに移動
  • 左側のメニューから[Computers]を選択
  • 使用しなくなった古いコンピューターの REMOVE をクリックで削除する

XLN AUDIO のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

XLN AUDIO は、「XO・Addictive Drums 2・Addictive Keys」といった即戦力のソフトウェア音源をリリースしているメーカーです。特に「Addictive Drums」はボカロ楽曲を作っているときに、とても助けられました。手軽にハイになれるドラム音源ですね。

ちなみに XLN AUDIO のライセンス登録は、2台のコンピューターまで OK とのことです。新しいパソコンに XLN AUDIO 製品をインストールしてから、紐付けを解除すれば大丈夫そうですよ。

XLN AUDIO の DTM PC 移行時の流れは、「古いパソコンから製品をアンインストールして、アカウントの関連づけを解除する」って感じですね。詳しいやり方は、別記事にまとめています。気になった人は、あわせてこちらの記事をご確認ください↓

Spectrasonics

Spectrasonics のライセンス解除手順
Spctrasonics uninstall

ライセンス解除やディアクティベーションは、必要なさそうです。

Spectrasonics のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

Spectrasonics は、「Omnisphere・Keyscape・Trilian・Stylus RMX」をリリースしているメーカーです。DTMer の即戦力かつ一生かかっても使いきれない音源が魅力の製品ですよ。

Spectrasonics の DTM PC 移行の流れは、「ディアクティベーションの必要がない」って感じですね。なぜなら、Spectrasonics のライセンスは「シングルユーザー/マルチコンピューターライセンス」となっているからです。

新しいパソコンが届いたら、新たにインストール作業を行いましょう。Spectrasonics のライセンスポリシーでは、あなたが唯一のユーザーで、あなたが複数のパソコンで使用する場合にインストールを許可してくれています。詳しいことは、公式のヘルプを参考にしてください。

基本的には移行する上で、特別な作業はなさそうですね、古いコンピュータを家族に譲渡する場合など。Spectrasonics 製品をアンインストールしておきたいこともありますよね?

当メディアで実際にアンインストールしてみた内容をまとめた記事をご用意しました。Spectrasonics 製品を削除したいと悩んでいた人はこちらの記事をご覧ください↓

【関連】Spectrasonics製品のアンインストール方法

IK Multimdia

IK Multimdia のオーソライズ解除手順
Ik deautorize

  • 通常製品:IK Multimedia Product Manager を使用する
  • 旧製品:オーソライズ回数が残っていれば、古いコンピューターでは何もする必要がなさそう

IK Multimdia のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

IK Multimdia は、「AmpliTube・ARC System・SampleTank・Lurssen Mastering Console」をリリースしているメーカーです。本格DTMからモバイル DTM まで、幅広くクリエイターをサポートしてくれる製品が魅力的です。

IK Multimdia の DTM PC 移行の流れは、「IK Product Manager で管理する」って感じですね。旧製品の場合には、[Authorizations left]の回数をサポートに連絡する必要があります。

筆者の「ARC System 2」を、IK Multimedia のアカウントページで確認すると、[8 authorizations left]となっていました。意味は、「残り8回オーソライズできる」ってことです。ディアクティベートのやり方を調べたのですが。使用上難しいみたいです。オーソライズ回数が 0 になったら、サポートに連絡すれば解決できるようですね。

IK Multimdia では、ライセンス移動・アクティベート解除のことを、オーソライズ解除と表現されています。IK Multimedia のオーソライズ解除方法について、別記事でまとめています。ぜひこちらの記事を参考にしてみてください↓

【関連】IK Multimedia製品をオーソライズ解除する方法

Waves

Waves ライセンスを非アクティブ化する手順
  • Waves Central を起動
  • Waves Central にログイン
  • 左サイドバーの[Licenses]をクリック
  • Connected Devices タブをクリック
  • リストを展開して、右側のドロップダウン矢印をクリック
  • 非アクティブ化するライセンスを選択
  • ライセンスのターゲットデバイスを選択
  • 「私のライセンスクラウド」をターゲットデバイスにする
  • [非アクティブ化]をクリック

Waves のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

Waves は、「Vocal Rider・Kramer Master Tape・L3-16 Multimaximizer」などをリリースしているメーカーです。イスラエル発の録音、ミキシング、マスタリングなどのプロフェッショナルなプラグインを開発している老舗サプライヤーですよ。

Waves の DTM PC 移行の流れは、「Waves Central で管理する」って感じですね。ポータルとなるアプリケーションがあるので、ディアクティベーションが楽々です。

詳しいやり方は、How to Deactivate Waves Licenses | Support | Waves の公式ヘルプがあるのでチェックしてみてください。

ライセンス移動前に壊れた場合は、年に1回のオーソライズ復旧作業が許されているようです。Waves Update Planに加入している必要はあるけどね(汗)。非アクティブ化したら、Waves 製品をアンインストールしておきましょう。詳しくは、下記の参考ヘルプをご確認ください↓

Native Instruments

Native Instruments のアクティベート無効は?

古いコンピュータから、アンインストールすることでOK。Native Instruments の製品は、アクティベートを無効にする必要はない。

Native Instruments のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

Native Instruments は、「KONTAKT・KOMPLETE・MASSIVE X・BATTERY」などをリリースしているメーカーです。996 年にドイツのベルリンに設立した音響合成を得意とする会社です。

Native Instruments の DTM PC 移行の流れは、「アクティベートを無効にする必要はない」って感じですね。なぜなら、Native Instruments のライセンスは、2台のコンピューターへのアクティベートが許可されているからです。

ただ同時使用は認められていないので、新しい PC(パソコン)・Mac にインストールしてアクティベーションできたら、古いコンピューターからアンインストールしておくといいでしょう。

詳しいことは、公式サポートの「NI製品を2台目のコンピュータにインストールするには、別のシリアルナンバーが必要ですか?」に書いてありましたので、ご確認ください。

Native Instruments のソフトウェアをアンインストールする方法は、下記の参考公式サポートをご確認ください。

VOCALOID(ボーカロイド)

VOCALOID の認証解除方法
  1. 認証解除ツールを起動
  2. アクティベーション解除したいキャラ名を選ぶ
  3. 製品のディアクティベーションを実行
VOCALOID認証解除ツール公式リンク

VOCALOID のライセンス移動・アクティベーション解除の方法を、解説します。

VOCALOID は、ヤマハ株式会社の製品ですね。ボーカロイド・ボカロとも呼ばれていますね。VOCALOID の PC 移行は、認証解除ツールを使いましょう。

VOCALOID Authorizer over
画像:筆者の操作完了画面。全てのステータスを未認証にしました。これで、大丈夫なはず!

VOCALOID 5 の認証解除は「VOCALOID Authorizer」です。詳しいやり方は、公式ヘルプの VOCALOID5 インストールマニュアル PDF がわかりやすいですね。

VOCALOID License Manager over
画像:筆者の操作完了画面。IA・初音ミクを持っています。全てディアクティベーションして、ライセンスを切り離しました。

VOCALOID 4 以前のものは、「VOCALOID Deactivation Tool」「VOCALOID License Manager」を使用します。詳しいやり方は、公式ヘルプのVOCALOID製品のオフラインディアクティベーションについて | サポート | VOCALOID ( ボーカロイド・ボカロ ) がわかりやすいので、チェックです!

助手くん
助手くん
キャラデータベースごと、ディアクティベーションする必要があるんですね。
助手ちゃん
助手ちゃん
初音ミク無印・Dark・Sweet ...1つずつ認証解除!
これやっとかないと、大変なことになるからね汗
サウンドオルビス
サウンドオルビス

VOCALOID は、パソコンの買い替えや初期化などの作業を行う前に、必ずライセンスをディアクティベーションしておかないといけません。なぜなら原則として、VOCALOID 製品は1つの商品で1台のコンピューターというライセンス形式になっているからですね。

もしディアクティベーションを行わないと、VOCALOID の認証情報が消滅してしまうため、最悪購入した VOCALOID 製品を利用できなくなってしまいます。心配な時には、商品パッケージに記載されている VOCALOID のサポート窓口に質問してみてください。

VOCALOID 系のアンインストール方法は?

VOCALOID 系のアンインストール方法について調べてみたのですが、公式のサポートページに記載がなくて困ってしまいました。

とりあえず Mac の場合は、アプリケーションフォルダに「アンインストーラスクリプト」が入っていたため、1つずつ実行してみました。各キャラクター音源を1つずつ削除することができて、外付け SSD に移動していたサウンドライブラリも削除することができました。

Application Support に残っていた「VOCALOID5」フォルダがあり、1GB ほどのサイズになっていました。削除して良いか不明でしたが...必要ないだろうということで削除汗。ライセンスさえディアクティベーションしていれば、きっと大丈夫でしょう。

iLok 系

iLok でライセンス移動・アクティベート解除するには?

iLok でドングル管理しているソフトウェア音源やプラグインは、基本的に iLock を差し替えれば OK

【iLok 公式サイト】iLok.com

iLok で、ライセンス移動・アクティベート解除する方法についてみていきましょう。

iLok とは、参加しているソフトウェア製品のライセンスを保持する主要なデバイスのことを指します。

iLok で管理するプラグインなどを使う時には、利用しているパソコンの USB に iLok USB を接続すれば基本的に大丈夫ですね。

ただ、iLok をマシンでアクティベートしている場合には、iLok LicenseManagerアプリケーションで iLok USB 等に戻す必要があるみたいです。詳しくは、iLok のサポートをご確認ください↓

【公式サポート】iLok.com-よくある質問

Synthogy

Synthogy は、「Ivory American Concert D・IVORY II GRAND PIANOS」といったプロ品質のピアノ音源をリリースするメーカーです。

Synthogy は、iLok でライセンスを管理するため、iLok を新しい PC(パソコン)・Mac に接続すればOKですね。しかし、マシンでライセンスをアクティブ化できるので、移行する前に iLok USB にライセンスを戻す作業をしたほうがいいでしょう。

Slate Digital

Slate Digital は、「FG-X MASTERING PROCESSOR・VIRTUAL TAPE MACHINES」といったマスタリングでお世話になるプラグインを開発しているメーカーです。

AllAccess Passメンバーは、iLokCloud を使用できるようです。筆者のように永久ライセンスの場合は、iLokCloud へのアクセスは許可されていません。※ 参考:iLok Cloudにアクセスできますか? –スレートデジタル

Slate Digital の公式ヘルプでも、ライセンスを新しいコンピューターに移す方法を説明してくれています。詳しいやり方は、公式ヘルプを参考にしてください。

Antares

Antares は、「Auto-Tune・Harmony Engine」など、ボーカルエディット系のプラグインで超有名なメーカーです。

筆者が使っているレガシーな「Harmony Engine Evo」は、iLok での管理なので、抜き出しだけで大丈夫ですね。

しかし、2021年5月3日現在の Antares のライセンス管理は、「Antares Central」を利用することになったみたいです。

Antares 製品を非アクティブ化する手順
  • Antares Centralを起動し、Antaresアカウントにログイン
  • [Manage Licenses]画面に移動
  • コンピューターからすべてのライセンスを非アクティブ化する
  • AntaresCentralを終了する
  • 新しいパソコンで、Antares Central の認証手順に従って、新しいコンピューターのライセンスを再アクティブ化

How do I install my Antares plugins after repairing my computer or getting a new one using Antares Central

Antares Central で承認された Antares 製のプラグインは、最大2台のコンピューターで使用できるようです。※ 参考:Don't see your license in Antares Central?

Antares Central の入手は、公式ヘルプの「1. Install CodeMeter」を参照してください↓

AIR Music Technology

AIR Music Technology は、「Xpand!2・hybrid・The Riser」で有名なメーカーです。キーボードとかの付属音源としても、入手可能なので知らない人はいないでしょう。

AIR Music Technology の公式ヘルプでは、動画を含めてライセンスの管理について教えてくれています。気になる人は、公式ヘルプwを読んでおきましょう。

ライセンス移行・アクティベーション解除は、非クリエイティブな作業

ライセンス移行・アクティベーション解除は、非クリエイティブな作業だと思っています。。

DTM 用の PC(パソコン)や Mac を、なかなか買い替えたくないというのは、この作業があるからなんですよね。

助手くん
助手くん
おるびす先生、いやいやいやいや、めちゃくちゃ面倒です!
助手ちゃん
助手ちゃん
いちいち公式サイト飛んだり、専用ソフトからライセンスを移行とか…涙
ライセンスを守るために、やるべき大切な作業だからね。しっかり、覚えておきましょう。
サウンドオルビス
サウンドオルビス

メーカー様も近年は、非常にわかりやすいライセンス移行やアクティベーション解除をしてくれる仕組みを、一生懸命考えてくれています。

その恩恵を受けつつ、ユーザーもしっかりライセンスの使い方を守って、気持ちよく使っていきたいですよね。今回調べた以外にも、たくさんプラグインを開発しているメーカーがあります。

参考にする場合には、ぜひ各メーカーの公式ヘルプを読んでみてくださいね!英語表記も、ブラウザの翻訳機能を使えば、読めるようになります。DTM をするには英語がわかると有利なので、少しずつ勉強していきましょう。筆者も、まだまだ勉強不足ですが、辞書を引きつつ頑張っておりますよ!

まとめ

DTMのPC移行!!ライセンス移動・アクティベート解除方法について、解説察せていただきました。

筆者の使っているメーカーを中心に、DTM PC(パソコン)・Mac の移行時に必要な作業を、まとめています。現在も内容を修正しておりますので、気になるメーカーがある場合にはブックマークしてお待ちください。

それじゃあ、今回はこの辺で!? 他にも DTM プラグインについて書いた記事がありますので、あわせてこちらの記事をご覧ください↓

【関連】DTM音楽制作で役立つおすすめプラグイン全まとめ

サウンドオルビス

5,222,751 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事