こたつでDTMが本当は恐ろしい3つの理由

DTM

冬になると、こたつで DTM なんてしていませんか?

最低気温が 10℃ を下回り始めると、こたつに吸いこまれていく気持ち分かります。

この記事は、こたつで DTM って本当はこわいってことを伝えていきます。

準備はよろしいですか?

サウンドオルビス
サウンドオルビス
本当はコワイ...こたつで DTM ( ;∀;)

こたつでDTMが、本当は恐ろしい3つの理由

Kotatumiryokuteki

DTMerにとって、冬は辛い季節ですね。

  • キーボードを叩く指はかじかむ。
  • ペダルを踏む足は、冷たくなる。
  • エアコン・ヒーターの電気代がかさんでいく

我慢してたら、寒さでカゼひきました。こたつに入って温まると、抜け出せなくなるんですよねぇ。DTM の作業や、勉強をこたつで始めると……

  • 眠くなる。
  • 集中できない。
  • 腰が痛くなる。

日本人最強のリラクゼーショングッズ「こたつ」どうして私たちのやる気を「こたつ」は、奪ってしまうのか?

調べてみたら、本当は危険な「こたつ」の正体がわかりました!


理由その1:腰の椎間板と筋肉に掛かる負担が大きいから、腰痛になるから。

<床に座る姿勢は全て腰に悪い!>

  • 長座(足を伸ばした座り方、赤ちゃん座り)
  • 女の子座り(アヒル座り、ぺたん座り、おばあちゃん座り)
  • 体育座り
  • あぐら
  • 崩した正座(お姉さん座り)
  • 正座

床に座る姿勢はすべて腰痛の原因になる!より引用

1つ目の理由は、腰にかかる負担が大きいからです。

こたつは、床に直接座ることになります。

だから、腰に悪い座り方になってしまうんです。

長座・あぐら・体育座りは、腰の椎間板と筋肉に掛かる負担が大きくなり特に悪い座り方だそうです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
そりゃ腰が痛くなるわ。

デスクに戻っても、疲れがとれない理由はコレでした。


理由その2:こたつに入ると、眠くなってしまうから。

コタツので眠くなる理由コタツに入ると確実に眠くなる事に関して、何年か前にNHKの情報番組の内容を紹介したことがあるが、参考情報として再掲載する。
コタツに入ると(かなりの確率で)眠くなる。
実験方法:詳細省略 1時間の書き写し問題をで、男女3人ずつ
のグループでコタツに入っている場合と、入っていない場合で
交互に作業を行ったところ、コタツに入ると全員眠った。
入らない場合は、眠らなかった。
原因:体温が下がった為に眠くなった。
からだの部分を暖めると体は、体温のバランスをとるため
体温を下げる。(実際に測定)
人間の体は、体温が下がると眠くなる。

眠気との関係―低体温・冷え・コタツ・満腹とオレキシンとレプチンとメタボ・リバウンド(追) - 散歩者gooより引用

2つ目の理由は、こたつに入ると眠くなるからです。

手と足を温めると眠くなってしまう経験、あなたもありませんか?

眠ると作業が止まって、納期に遅れちゃう。

勉強もできなくなるってことが、危険ではないんです。

こたつで眠りはじめると、さらに危険な体の状態を起こします。

それは、理由 3 をご覧ください。


理由その3:こたつ寝をすると危険な症状になるから。

3つ目の理由は、脳梗塞になる危険性があるからです。

こたつで寝ることに潜んでいる危険性 健康だけではなく肌にも悪影響 - ライブドアニュースによると、血液中の水分が減るから脳梗塞になる危険性がある可能性があるとしています。

こたつで寝ると、とても危険な状態になるようです。

腰痛だけじゃなくて、健康に影響が出てしまうのは辛いですね。

こたつの甘美なあたたかさが、ときに人を苦しませるというのはまるで

ウツボカズラみたいじゃないか!

Utubokazura画像:ウツボカズラ植物の庭園 - Pixabay

甘い誘いにみちびかれ、入ったらトロトロになるまで溶かされてしまう。DTMer を誘いこむウツボカズラならぬ「こたつ」

サウンドオルビス
サウンドオルビス
冬にこたつ DTM に、ご注意ください。

まとめ

こたつでDTMが本当は恐ろしい3つの理由
  • 理由その 1 :腰の椎間板と筋肉に掛かる負担が大きいから、腰痛になるから。
  • 理由その 2 :こたつに入ると、眠くなってしまうから。
  • 理由その 3 :こたつ寝をすると 5 つの危険な症状を起こすから。

以上、こたつで DTM が本当は恐ろしい 3 つの理由でした。日本人 DTMer 永遠の課題。

こたつの魔の手から抜け出す方法を、これから探しだす旅に出なければ!

そのほか、DTMデスクに関する記事は、こちらをどうぞ↓

サウンドオルビス

4,183,907 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事