• HOME
  • Audible
  • メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」レビュー。リライト前に読んで!

メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」レビュー。リライト前に読んで!

この記事のURLとタイトルをコピーする
Audible

たった一行の文章で、相手の心を動かすことができたら、もっとあなたのブログや、作品をみてもらえる機会が増えるかもしれません。

ぜひあなたには、メンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」を読んでから、記事のリライトをはじめることを、おすすめします。

なぜなら、文章をかくことがメインではない音楽畑の人たちは、マジメに書きすぎるあまり、すばらしい内容なのに、読んでもらえない可能性が高いからです。私が、まさにそれでした。

いまわたしもリライト作業しながら、書きたいことだけ書いてた状態に、読んでくれた読者さまに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
あなたには、同じ失敗をして欲しくない!

というわけで今回は、音楽ブロガーも参考にしたい売り上げを伸ばすテクニックが収録されたDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」をレビューをさせていただきます。

メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」とは

紹介するまでもないですが、いま日本でいちばん稼ぐ個人メンタリストDaiGoさんの著書。

「人を操る禁断の文章術」では、人の心を動かすテクニックを、3つの文章術から学ぶことができます。

  • 書かない3原則
  • 人を動かす7つのトリガー
  • 相手の心を揺さぶる5つのテクニック

この本を読めば、文章以外のたとえば音楽をメインに活動していたり、プログラマーが情報発信のために文章を書くような場面で、確実にまわりのライバルと差をつけた文章を書くことができるようになります。

まして、私のようにブログをリライトする作業前によめば、確実に間に入れるアフィリエイト商品や、物販といった記事で商品を気持ちよく読者に買ってもらえるようになると思います。

レビュー

たくさん読書をされている方には、当たり前すぎることが書かれていると思います。しかし、その当たり前が大切なんだと、DaiGoさんは伝えたいのだと勝手に解釈しています。

知識や情報は、知っていても、それを使って行動できる人はほんの一握りなんです。私たちも、「人を操る禁断の文章術」を読んで行動できる大人になりたいものですね。

それでは、今回のレビューがあなたの参考になりますように、祈っております。

ブログのリライトで大活躍

ブログのリライトで、かなり役立ちます。

ブログ運営で、過去記事のリライト作業は必須です。

古くなった情報や、時代にあわせて文章や構成を修正する作業のことを、リライトといいます。

昔の記事を。あらためて読むと↓

  • やたら長い文章がある
  • キレイな文章を書こうとしてる
  • 自分の話ばっかり

こんな感じの記事ばっかり。これって、人の心を動かす文章の土台から、思いっきり外れていたんです。

書かない3原則
  • あれこれ書かない
  • きれいに書かない
  • 自分で書かない

人は論理ではなく、感情でしか動かない。

わたしたち書き手が重要視することは、3原則でどれだけ行動したくなる文章を書けるかってことだったんですよ。

書いた文章を、すみずみまで読者は読んでくれません。

ブログのリライト作業の前に、本書を読むことで、読者を行動させる内容に書き換えることができるようになります。

記事の内容にもよりますが、読者にとって意味のある記事は、読み終わったあと、読者がなにかしらの行動を起こさせる内容になっているはずです。

  • 悩み解決
  • ハウツー系
  • 経験アウトプット系
  • レビュー記事

どれも、何かを買おうと思わせたり、何かをしようとさせたりなど、行動につながっています。

せっかく時間をかけて、昔の記事をバージョンアップさせるのですから、読者にとって意味のある内容にしたいですよね。

わたしはリライト作業前に、この本読むことで、時間的な損しなくてすみました。

名言を残したいアーティストに役立つ

作品を残したいアーティストは、読んでおいた方がいいです。

名言とは、個人的にその人が生きた証だと思います。

有名な名言といえば、こんな感じ↓

私は、それほど賢くはありません。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

アインシュタイン | 名言集 より引用

子供は感情でしか大人を支配できない。大人になってからも感情を使って人を動かそうとするのは、幼稚である。

アルフレッド・アドラー | 名言集 より引用

すべては奇跡だ。例えば、お風呂に入ったとき、あなたがお湯に溶けてしまわないことだって。

パブロ・ピカソ | 名言集 より引用

金がどうした? 朝起きてから夜寝るまでの間にやりたいことをやったら、その人は成功者だ

ボブ・ディラン | 名言集 より引用

ブロガーも、音楽家も、言葉1つひとつが、アーティスティックな響きを放つことで、より読者やリスナーを引きつけることができると思います。

といいますか、単純に名言になりえる言葉を発することができたら、かっこいいと思いませんか?

実は、この名言というのは、作り方があるんです。

たとえば、「努力したから、成功がある。」みたいな言葉は、当たり前のことなので、名言とは呼べませんよね?

この「ありきたりな文章」に、ある文章を加えると、とたんい名言になる。

そんな文章のエッセンスが、メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」の中に書かれているんです。

詳細は書けませんが、エッセンスを利用して、私も名言を作ってみました↓

  • 努力したから、成功がある。(ありきたりな文章)
  • ブログの売り上げを0円から1円にするために、たくさんの0.01円になる作業を繰り返してきただけなんです。その結果、好きなことを書くだけで、10万円ぐらい稼げるようになりました。

なにが違うのか気になる人は、ぜひ本書をご覧ください。

名言を残したい音楽ブロガーに、とても役立つ本でした。

作品の説明欄で、役立つ

動画説明欄の文章作成に、役立ちます。

動画や作品をアップロードする際に、説明欄っていつも悩みますよね。

音楽作っている人のおおくは、職人気質の方がおおいのではないでしょうか?

主観ですが、自分の作品を説明するのって、ダサく感じてしまうんですよね。

「作品を作ったので、文章ではなく直感で感じてください。もしくは、作品を聴いてください。」

よくよく考えると、これはものすごい機会損失なのかもしれません。

本書の中でも、オムツ売り場で使い捨てカメラを売るキャッチコピーの話が掲載されていました。

キャッチコピー1つで、使い捨てカメラが、オムツ売り場でですよ?ものすごい売り上げを作った話に、正直鳥肌が立ちました。

私たちの音楽作品も、たった1つの文章で再生回数がバク伸びする可能性を秘めているということです。

これから動画説明欄や、作品の説明を書くのが、ちょっとワクワクしてきました。

クリエイターの売り込みセールスで役立つ

クリエイターが、自分の作品を売り込む時に、役立ちます。

音楽クリエイターの場合、自分の音楽作品をどんな人に売り込みたいのか?

この本に書いてあることを活用すれば、かなりの高確率で相手の心を動かすことができるようになります。

「人を動かす7つの引き金」テクニックを活用することで、まず相手に自分に対して興味を持ってもらえる文章や音楽の魅せ方ができるようにあるからです。

たとえばフリーBGMを例にすると、1つ目のテクニック「興味」を用いて、音楽を使って欲しいユーザーのSNSを拝見して、どんな音楽が欲しいのか?を理解することができます。

ブロガーの場合も、ブログのネタを調べるのに、もはや検索する必要もありません。

読ませたいターゲットを絞り、徹底的に調べることで、相手を動かすことができるようになるのです。

相手の欲している情報を、ピンポイントで届けられるようになれば、クリエイターとして売りたい商品を、欲しい人にまっすぐ届けられるということです。

売り込みセールスのテクニックが、この本を読むことで得られるということです。

なんども、くりかえし聴きたい!

audible で、なんども聴き直して、骨の髄までしみこませています!

Kindle を買うか、書籍版で買うかずっと悩んでいたんですよ。そしたら、無料で読める方法を見つけたので、シェアさせていただきます。

その方法が、audible です。

あの Amazon が、力を入れている音声読書サービスです。

ドライブやランニング中に本でインプット学習できる点は、最高です。

バンドマンや音楽クリエイターの人にとっても、耳から学習できるのって、とっつきやすくていいんですよ。

音楽関係の人は、目からの情報より、耳からのほうが入りやすいですよね?

まとめ

メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術」レビューさせていただきました。まとめると、こんな感じ↓

レビューまとめ
  • ブログのリライトで大活躍
  • 名言を残したいアーティストに役立つ
  • 作品の説明欄で、役立つ
  • クリエイターの売り込みセールスで役立つ

ずっと欲しかった本を、audibleでやっと聞くことができました。あまりにも良書だったので、あとからKindle版も購入予定です。

この本に書かれていることは、も当たり前の話だと感じる方も多いと思います。

しかし、ブログでまだ売り上げや読まれる文章がわからないという初心者や、私のような音楽畑のブロガーには。目からウロコが飛び出るし、文章が書けるようになるという魔法のような本になっていると思います。

わたしは本書の3つのテクニックを、A4の紙に印刷して貼ってあります。

ブログを書くときなど、いつでも目に入るところに置いておき、骨の髄まで沁みこむようにしています。

リライト作業の前に、この本に出会い、読むことができてほんとよかった...

そのほか、読んだ本について、こちらのまとめ記事もあわせてどうぞ↓

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,860,205 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール