• HOME
  • DTM , DTMの本
  • レビュー!DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説

レビュー!DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説

DTM

せっかく良い曲ができたのに、プロと比べて音質や音の大きさが小さくて悩んでいる人に、DTM初心者むけのマスタリング本があります。

それが、「DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説」です。

これまでにも永野光浩先生の著書「音を大きくする本」のレビューをおこない、プロのレベルまで音を大きくする本の紹介をしたことがあります。こちらでも十分な知識を得られるのですが、2006年の本なので掲載されているDAWの画像などが古くなっています。

そこで今回紹介するマスタリング本は2011年が初版なので、より親しみやすくなっています。

というわけで今回は、DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説のレビューをしていきます。

DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説のレビュー

レビューの視点
  • この本を読むと、何ができるようになるのか?
  • この本は、どんな人が買うべき本なのか?
  • この本で、どんな悩みが解決できるのか?

って視点で、DTM本をレビューしていきます。

マスタリングの基礎から学びたい人

PART1で、マスタリングの基礎をやさしく学べます。

Part1は、マスタリングに関するコラム的なページになっています。

PART1の内容
  • マスタリングとは?
  • 正確なスピーカー配置
  • モニタリング環境
  • 集音パネルの作り方
  • サンプリングレート・ビットの話
  • 低域はセンター定位が基本
  • ...などなど。

やさしく丁寧に、むずかしいマスタリングについて解説してくれています。

そもそもマスタリングとは、20年ほど前までは PC のスペックが伴わなかったり、情報が少なすぎて、自宅でなんてできませんでした。

ニコニコ動画でボーカロイドが流行り、DTMを趣味で手軽にできるようになってから、自宅でこうしたマスタリングできる環境が作れるようになってきました。いまなんて、スマホがあれば曲作りできちゃいますからね!

DAW自宅マスタリングは、マスタリングを基礎から学びたい人に、おすすめです。

例題曲の音圧リファレンス解説が、勉強になる!

有名な曲の音圧解説のページが、勉強になります。

メインの内容の間にある巻末コラムって、気になって読んじゃいますよね。箸休め的な感じでね!この本では、音圧に注目して有名な楽曲を紹介してくれています。

一例を挙げると、ジャック・ジョンソンの『イン・ビトウィーン・ドリームス』です。アコースティック作品のまさにリファレンスとなるアルバム。音圧のバランスが良く、RMS-10dbあたりで調整されていて、音圧の高い曲に混じっても小さいと感じない...こういうのもっと知りたくなります。

ほかに、どんなリファレンス曲が紹介されているかというと...

他のリファレンス曲
  • 現代的ロック・サウンド
  • 多ジャンルを作りたい人向け
  • 聴感重視のマスタリング
  • ボーカルをミックスする参考
  • ボーカルを前に出したいときに聞くアルバム

こんな感じで、気になるキャッチコピーのついたリファレンス曲が紹介されています。気になる方は、DAW自宅マスタリングを買ってみてください。

音圧について、有名な曲から勉強したい人にもおすすめです。

大容量のサンプルデータで、耳から分析できる!

約 1.6GB の大容量サンプルデータが、付属で分析できます!

付録のサンプルデータ
  • PART1(ZIP)[52.3MB]
  • PART2-1(ZIP)[148MB]
  • PART2-2(ZIP)[322MB]
  • PART3-1(ZIP)[317MB]
  • PART3-2(ZIP)[227MB]
  • PART3-3(ZIP)[551MB]

ミキシングの本じゃないのにですよ。

Mastering tamesreu

デモ曲のパラデータや、ミックスされた素材があるから、画像みたいな感じで DAW にサンプルデータを並べて、マスタリングを試すことができるんです。

さらにパラデータをひとつずつ分析することで、1曲がどんな楽器から作られているのか分析することができます。1冊で多角的に勉強できる本ですよ。お得感あります。

付属サンプルデータのダウンロードは、こちらのURLからどうぞ↓

http://www.rittor-music.co.jp/e/furoku/

スポンサーリンク


歌ってみたミックスがうまくなる

歌ってみた系ボーカルミックスが、うまくなります

参考用2ミックス素材「DeepColors」で、歌モノミックスを勉強することができるんです。ダウンロードしてきたパラデータを、自分のDAWに入れながら、作者のミックス時における楽器の音量バランスを学ぶことができるんです。

初心者のころって、どれだけプロの曲を聴いても、ボーカルの声とベースの音量差はどのくらいなんだろう?とか、自分の耳に自信がないんですよ。

読者さん
具体的な数値でみたいんです!

って、泣きながら参考になる本を探してみたりするんですよね。その悩みを、「DAW自宅マスタリング」は解決してくれます。

ボーカル系のミックスが、確実に上達します。DAW でフェーダーを弄りながら作業するので、音量のバランス感覚が養われていく感じがします。

だからこの本はボーカルのミックス、マスタリングを勉強したい人におすすめだと思います。

音圧を最大RMS値 -8db を目指せる

音圧レベルを、最大RMS値 -8db まで上げる方法が掲載されています。

本書の中で、「マキシマイザーで最大RMS値-8db を目指す」チャプターは、もっとも目を引く項目です。っで、実際に私もためしてみました↓

Rms 8 5 zitakumastering

収録されているデモ曲「DeepColors」に、Logic Pro X のマキシマイザー「Adaptive Limiter」で Gain を 2.3db だけあげてみました。

結果は、画像のとおり RMS 値 -8.5db まであげることができました。もう少し追い込んでもよかったのですが、マキシマイザーの性能上限界を感じました。

というように、マスタリングにおける音質調査を見極めるために、マキシマイザーに頼らない方法がほかにページを割いて解説されています。マキシマイザーは簡単ですが、頼ってばかりだと腕前があがりませんからね。

なのでこの本は、手っ取り早く音圧を稼ぐ方法と、丁寧な音質チェックをする上で前を磨きたい人に、おすすめです。

書籍対応の音楽データ、無料ダウンロードはこちら

http://www.rittor-music.co.jp/e/furoku/

書籍に対応したデータは、リットーミュージックのウェブサイトから無料でダウンロードできます。

なんと書籍を持っていなくても、リットーミュージックさんのウェブサイトから音楽素材だけダウンロードできちゃうんです。リットーさん、太っ腹!

データだけじゃ100%理解できないと思いますし、ダウンロードしたデータの本は...ほしくなる不思議なので、覚悟してください。笑

購入はこちら

マスタリングって難しそう...なにをすればいいの?って疑問から、ガンガンに音圧を上げる方法まで、わかりやすく丁寧に、そして優しく掲載されています。

大容量のサンプルデータやデモ曲もあるので、本気でマスタリングを勉強したい人から、これからはじめる初心者までしっかりカバーしてくれる本だと思います。

文章の端々に、ぽろっとテクニックがこぼれているので、読めば読むほど読者のレベルもあがっていきます。たとえば、マスタリングをするとボーカルの中域が若干目立つみたいな小ワザ、見逃さないようにしましょう!

DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説のレビューまとめ

DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説のレビューは、まとめるとこんな感じです↓

レビューまとめ
  • マスタリングの基礎から学びたい人
  • 例題曲の音圧リファレンス解説が、勉強になる!
  • 大容量のサンプルデータで、耳から分析できる!
  • 歌ってみたミックスがうまくなる
  • 音圧を最大RMS値 –8db を目指せる

音圧だけが音楽のすべてではありません。しかし、音圧はないよりあった方がいいです。また、プロと同じレベルを出せないと、まずリスナーに届きませんからね。

マスタリングだけこだわっても、音圧があがらないこともあります。その原因は、ミキシングだったり、そもそものアレンジでバランスよく作られていないパターンがほとんどです。

もしマスタリングで悩んだときは、ほかにも DTM の本をレビューしていますので、自分に足りないな?って感じる部分を、勉強してみると成長を感じられると思います↓

さらに、1日1曲作れるようになろう!という初心にかえる思いと、初心者 DTMer と一緒に成長したいと思い、「DTMerのための初心者講座」をスタートさせました。まだ研究中ですが、いっしょに有名になってやりましょう!

記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,143,272 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS