動画ファイルを変換できるWEBツール探してみた

WEBツール
この記事のURLとタイトルをコピーする

「動画ファイルを変換できるサイトって、どんなのがあるの?」って悩みを、解決していきます。

ネット広告で何度も怖い体験をし、耐性のついてる私があなたの代わりに探してみました。

というわけで今回は、動画ファイルを、変換できるサイトを探していきます。

動画を変換できるWEBツール3選

OnlineVideoConverter

OnlineVideoConverter cap
ポイント!
  • 広告がすくなめ、シンプル
  • 動画ファイルをMP3、MP4、AVI、MOVその他のフォーマットに変換してくれる
  • フォーマット:MP3・AAC・OGG・WMA・M4A・FLAC・WAV・MP4・AVI・MPG・MOV・WMV・MKV・M4V・WEBM・FLV・3GP

Media.io

Mediaio cap
ポイント!
  • 日本語対応
  • こわい広告なさそう
  • 対応動画フォーマット:mp4・3gp・webm

Aconvert

ポイント!
  • 広告がすくなめ、シンプル
  • 無料などのくわしい表記がない
  • フォーマット:MP4、AVI、FLV、MPG、MKV、WMV、M2TS、WEBM、ASF、MOV、M4V、RM、VOB、OGV

海外のサイトは、危険?

海外のサイトが、特別危険なわけではありません。それでも、変な表示が出て怖い思いをした経験が、だれしもあると思います。

そんな時には、どうしたらいいのか?

これまでの経験則にもとづいて、対処法を解説いたします↓

あやしい広告は、アドブロックで防ぐ

アドブロックを使いましょう。怪しい広告が出たら、クリックしない。ブラウザを即閉じましょう。

といっても、全画面表示の広告とか、ブラウザをいちいち初期状態に戻すのは面倒です。その場合は、アドブロックが有効です↓

Google Chrome:Adblock Plus

Safari: AdGuard for Safari

iPhone: AdFilter – Safariを快適にする広告ブロックアプリ

アドブロックとは?

インターネット上の広告が、表示されないように広告をブロックしてくれる機能のこと。

ウィルス対策ソフトの導入

ウィルス対策ソフトを、導入しましょう。広告をブロックしても、ファイルにウィルスが...なんてことになったら、目も当てられません。わたしは、ノートンを利用しています。

世界で一番売れているーノートン

3年分ぐらいどどーんと買うと、いいかもしれません。

URLチェクツール

URLチェクツールを使って、安心を計りましょう。

サイトに訪れることも怖いなら、事前にURLを入力するだけでそのサイトが安全か図るサービスを利用しましょう。

ウィルス対策ソフトを販売している会社が運営しているサービスを使えば、さらに安心度がアップです↓

トレンドマイクロ サイトセーフティ センター

Virustotal

ノートンセーフウェブ

マカフィー サイトアドバイザー

SecURL(セキュアール)

チェックして確かめておくだけでも、安心感が変わりますね。

まとめ

動画ファイルを変換できるWEBツールを、探してみました。

エンコードソフトがない場合など、活用できるサービスです。海外のサイトですので対策をして、あくまでも自己責任でおねがいいたします。

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする

サウンドオルビス

2,557,050 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール
記事へのお問い合わせ