DTMデスクは自作しよう!買わない決断とコスパ意識を高める話

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM

DTMデスクを買わずに、結局自作するという決断になってしまいました。

というわけで今回は、DTMデスクを自作し、買わない決断にいたった話をさせてください。

DTMデスクは自作すべし!

DTMデスクは、自作した方がいいです。

理由は、2つ考えられます。

DTMデスクは自作した方がいい理由
  • DTM専用デスクは、高い
  • ジャンルごとに必要なデスクが違う
  • 種類がきかないから、悩む時間が増える

まえまではサクッと、DTM専用デスクをかったほうがいい派の人間でした。じっさいに自分だけのDTMデスクを用意しようとしたところ、考え方がかわったので、シェアしていきたいと思います。

DTMデスクを自作するまでの話

というわけで、DTMデスクを自作するまでの経緯をお話しさせてください。

自作といっても、DIYするわけじゃないです。必要最低限な労力と、時間、費用で、だれでも再現できるDTMデスクを自作してみました。


MIDIキーボードのL字置きで大失敗

DTMデスクを自作しようと思ったきっかけは、L字にキーボードを設置したことでした。急に曲が描けなくなったんです。

それまでは、学生時代に使っていた机や台をDTMデスクにしていました。このことをキッカケに、ちゃんとしたDTMデスクを作ろうと考えるようになりました。

このへんの失敗について、詳細はこちらの記事にまとめておきました↓


DTMデスクは100cmの奥行きが欲しいと気づく

自宅にあったテーブルや台で試行錯誤した結果、DTMデスクには 100cm の奥行きが必要だとわかりました。

作曲のスタイルによりますが、「ディスプレイ - MIDI鍵盤 - キーボード」で置くためには広いデスクが必須だったんです。

100cm の詳しい話は、こちらの記事をごらんください↓


DTMerのデスクを調べてみる

8prince 03 04
image:Miku Creator's Project on Google+ ボカロクリエイターズインタビューSPECIAL +八王子ぴー

試行錯誤したとで、プロ作曲家や他の DTMer は、どんな DTM デスクを使っているのか知りたくなりました。

さらにネットで買えるタイプは、どんな感じだろう?っていうのも気になり調べてみることに。

調べた結果は、以下の記事になります↓


ニトリの組み合わせフリーデスクとの出会い

調べてみると、大きかったり、ネットで買えたりするDTM専用デスクは、高額でした。できれば予算は2万円、欲を言えば1万円以下にしたかったんです。

諦めかけたそのとき、ニトリ様で見つけちゃいました。天板と脚を組み合わせて、5000円以下で買えるんです。

なぜか購入したときの記事はありませんが、コスパがいいのでおすすめです↓



昇降式のテーブルで、キーボードを収納する決断にいたる

DTMデスクを昇降式にするか悩む

DTM だけをやるなら、MIDIキーボードをしまう必要はありません。

しかしサウンドオルビスは、ブログも書いているのでその都度MIDIキーボードをしまっていました。配線がめんどうなんですよね。

そこで、ニトリのデスクの下にMIDIキーボードをしまえないかと作戦を考えたんです↓

ついにDTMデスクを自作、完成する!

DTMデスクを自作、完成

そしてついに!DTMデスクを自作し、完成にいたりました。いい仕上がりなっています。

開封の儀式や、#MIDIキーボード机の下推奨委員会 の発足の話は、こちらの記事をごらんください↓

理想のDTMデスク。必要だったもの

理想のDTMデスク。必要だったもの
  • 奥行き100cmのデスク(買った)
  • 昇降式のテーブル(買った)
  • スピーカースタンド(買った)
  • ディスプレイを置くための台(家にあった)

デスクだけ新たに購入しました。スピーカースタンドは、サウンドハウスさんでCLASSIC PRO MST20 PAIRを以前に購入していましたが...

実質 2 万円以内で治りました。

理想のDTMデスクを手に入れた、サウンドオルビスです。

買わない決断とコスパ意識を高める話

高額な費用はいらないんじゃ!

DTMデスクはこだわりはじめると、高額な費用と時間をとられます。音楽を作るほかの時間には、コスパ意識をもって臨まないと1曲も完成しないままになります。

DTMは、音楽をつくる趣味です。

高額なDTMデスクを購入しようかと悩む DTM 初心者のあなたに、アドバイスとなっていたら幸いです。

DTMデスクで、やってはいけないこと

確実にやってはいけないことは、こたつDTMです。

個人的な感想ですが、こたつで DTM をしていると、腰痛がほんとうにひどくなります。

実はこたつでDTMをすると、本当はおそろしいんですよ。

3つの理由で説明していますので、気になる方はこちらの記事をどうぞ↓

まとめ

DTMデスクは自作してみた話を、まとめてきました。高額なDTMデスクは、憧れるんですよね...ただ買わない決断と、コスパ意識を高めることはとても重要です。

どれだけ素晴らしいデスクを導入しても、曲がつくれるようになるわけではありません。一時的な気持ちの高ぶりだけでは、曲をつくることはできませんからね。

DTMデスクが用意できたら、DTM初心者講座を読んで、さっそく曲を作りはじめましょう

そのほか、DTM音楽制作についての記事は、こちらをどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,900,878 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール