ネットで買えるDTMデスク!おすすめ6選

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM
読者さん
読者さん
DTMデスクがほしんだけど、ネットで買えないかな〜?

って悩みを、解決します。自作 DTM 机は、時間のない社会人にとっては、時間がかかりすぎます。お金のもっとも賢い使い方は、時間を買うことです。

というわけで今回は、 ネットで買えるおすすめのDTMデスクを、ご紹介いたします。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
高いもの、安いものありますが、予算にあわせて選んでくださいね!

ネットで買えるDTMデスク!おすすめ6選。

今回まとめたDTMデスクは、こちら↓

  1. ProStyle KWD-200
  2. パソコンデスク デスク 幅160cm L字型デスク
  3. システムデスク 「ゼフィール」
  4. サンワダイレクト ワークデスク100-DESK039シリーズ
  5. 山善(YAMAZEN) HDM-120(DBR/BR)
  6. fantoni ME (ファントーニME)

一つずつみていきましょう↓


ProStyle KWD-200

Pro Style KWD-200 (Home Recording Table)

DTMデスクといえば、ProStyle ホームレコーディングテーブル KWS-16でした。現在は入手不可能となってしまいました。

その ProStyle さんが販売している DTM 専用デスクは、現在 ProStyle KWD-200 となっております。価格は 6 万円ほど。品質と、実用性なら選びたいDTMデスクです。


パソコンデスク デスク 幅160cm L字型デスク

奥行き 60cm は、最低ほしいです。希望は、100cm 以上。L字で作業って、憧れますよね?

サウンドオルビス
サウンドオルビス
しかもガラス製は、カッコいい!

通販ショップで販売されている L 字デスクも、選択肢にはいりますね。

LOWYA(ロウヤ)楽天市場店で販売されてるL字デスクのスペック

サイズ幅160x奥行160x高760cm
素材8mm強化ガラス、スチールパイプ(クロムメッキ)プラスチックパーツ、コーナー天板:MDF+PVC
重量50kg
耐荷重左右天板各:20kg、コーナー:20kg、スライド板5kg
梱包サイズ107x65x8cm(28kg)・145x81x15cm(28kg)

音楽制作向けのアイテムは、黒が多いから統一感が出ていい感じになるやもしれません。ただ、ガラス製は音の共振を考えた場合はそれ相応の処理が必要になりますね。


システムデスク 「ゼフィール」

奥域が100cm以上あって、色はホワイトがいいんだ!って人は、システムデスク「ゼフィール」があります。

サイズ幅147cm奥行き147cm高さ73cm
長方形のデスク部分幅96cm奥行き50cm高さ73cm
コーナー部幅50cm奥行き50cm高さ73cmm
キーボードスライダー幅51cm奥行き30cm(手前使用範囲約18cm)
素材天板:MDFフレーム:スチール
重量約28kg
生産地マレーシア

価格1万円以下で、L 字がほしいなら、買いですよね。



サンワダイレクト ワークデスク100-DESK039シリーズ

ガジェット好きで、みんなが知ってるメーカーのデスクを使いたいなら、サンワダイレクト ワークデスク 100-DESK039 も、候補入りです。

サイズ幅120cm奥行き60cm高さ70cm
材質天板/木製(ポリエステル塗装) フレーム/スチール(エポキシ粉体塗装)
重量約30kg

悩みすぎて、極論これで十分だと思えちゃう。

奥行き60cmあるし、横も一般的な120cmあるし。

入力するキーボードを置く引き出し的なやつがないけど、最低限ディスプレイなどをおくデスクを探しているなら、お勧め。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
カラーリングも、えらべる!

山善(YAMAZEN) HDM-120(DBR/BR)

L字で、入力キーボードを収納できて、足元にラック的なものを置けるデスク。

お探しなら、山善(YAMAZEN) HDM-120(DBR/BR)がいいですね。

本体サイズ:幅120~204×奥行54×高さ73cm
重量:29kg
材質:天板=合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)、フレーム=スチール(粉体塗装)
原産国:中国
天板サイズ:メイン天板=幅120×奥行50cm、サブ天板=幅100(有効88)×奥行40cm
棚板サイズ:スライド棚=幅60×奥行30cm(スライド幅:18cm)、下棚=幅20×奥行40cm
床からの高さ:サブ天板=61cm、下棚=14cm

モニターを高くするのは、工夫が必要です。

メイン天板が61cmだから他のデスクより、低いです。

キーボードL字置きをねらうなら、これもアリだけど...個人的にはオススメできないですね。


fantoni ME (ファントーニME)

Amazonで買えて、とにかく小洒落た海外って感じのデスクを探しているんだ!って方には、fantoni ME (ファントーニME)が良いですね。配線とり回しで悩むなら、四つ足ではなくて中央足タイプもあります。

【カラー】天板:くるみ  脚(高さ調整脚):シルバー
【サイズ】W1600×D800×H620~H820mm ※天板の厚さ:28mm
【本体重量】45kg 【最大積載質量(等分布)】80kg
【素材】天板:MDF・低圧メラミン仕上げ+UV塗装・脚:スチール・塗装仕上げ
【生産国】イタリア 【組立】大人2名で25分くらい(必要工具付属)

奥さん!生産国がイタリアでっせ。価格もまさかの12万オーバーですが...やすいデスクを買うと、足のグラつきとか、天板の歪みに悩まされて、大事なDTM音楽制作を妨げる恐れがありますからね。

ネットで買えるDTMデスクは、種類が少ない?

DTMに最適なデスクって、あまりないんですよ。

スピーカー置いたり、MIDI キーボード置くって特殊な使い方ですからね。

メーカーとしても、ニッチな DTM 市場に専用デスクをリリースするって、勇気がいることだと思います。

う〜ん。3万円以下で、品質の良い DTM デスクが欲しいですね。

まとめ

ということで、ネットで買えるDTMデスクを探してみました。

個人的、DTMデスクの条件
  • 作業領域が広いこと
  • 足回りがスッキリして配線がラク
  • グラグラしないこと

この3つは、ゆずれないところです。スピーカースタンド+天板の大きなデスクを複数買うほうが、コスパいいかもしれませんね。

そんなわけで、昇降式テーブルとニトリのテーブルでコスパよく時間が節約になる DTM テーブルをつくってみました↓

DTM デスク探しの記事を、まとめておきました。DTMデスクでお悩みの方は、こちらからどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,880,590 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール