iPhone機種変更で、作曲・DTMアプリのやることまとめ

作曲アプリ

「iPhone を機種変更したときに、作曲・DTM アプリでやることはありますか?」って悩みを、解決します。

初期費用が少ないのに、けっこう本格的に音楽制作ができてしまう作曲・DTM アプリ。しかし、iPhone/iPadは気軽に買い替えができてしまうぶん、その度に度移行作業が発生してしまうのは困りものです。

そこで今回は、とくにiPhoneで作曲・DTMアプリで音楽制作をしている筆者が、毎回どんな作業をしているのかまとめてみました。ぜひ、あなたの iPhone 音楽制作環境を移行するときに、参考にしてみてください。

【まとめ】iPhoneの機種変更時に、作曲・DTM アプリでやること

iPhoneの機種変更時に、作曲・DTM アプリでやることについて、まとめてみました。

いくらアプリとはいえ、アプリごとのプロジェクトファイルや設定、プリセットなど、慎重に扱わないといけないものがたくさんありますよ。

移行作業で失敗しないためにも、ひとつずつじっくり取り組んでいきましょう。それでは、いってみよ〜!

iOS版GarageBand

GarageBand

無料
(2020.12.06時点)
posted with ポチレバ

iOS版 GarageBand は、再インストールおよび追加音源のダウンロードが必要です。

新しい iPhone に乗り換えたら、まず iOS 版 GarageBand をインストールします。そのままプロジェクトを開こうとすると、音源が足りないと言われる場合があります。GarageBand サウンドライブラリを、すべてダウンロードしておきましょう。

人によっては外部 Audio Units アプリを、インストールしておく必要もあります。

プロジェクトファイル自体は、iCloud に保存されていますので、バックアップは特別な作業は必要なかったですね。

IK Multimedia 系アプリ

IK Multimedia 系のアプリは、アカウントにログインすればオッケーのようです。

たとえば、Lurssen Mastering Console であれば、メニューにあるAccount をタップして、ログインすればオッケーです。古い iPhone で購入した App 課金についても、復元することができました。

プリセットやプロジェクトファイルは、iTunes のファイル共有システムを使用しているものがあるようです。「Lurssen Mastering Console」がそれにあたりますね。

詳しいやり方を、忘備録的にまとめてみました。気になる人は、こちらの記事をどうぞ↓

Auxy Pro

Auxy Pro - Music & Beat Maker

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

Auxy Pro は、iCloudバックアップで移行することができるようです。

また個別・すべてのプロジェクトはエクスポート・インポート可能ですので、自分でバックアップして復元できそうですね。

NOISE - ROLI Ltd.

NOISE

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

ROLI「NOISE」は、手動でバックアップが必要そうです。詳しいヘルプを、見つけることができませんでした。

アプリ内課金は、Restore All Purchases ボタンがあるので、大丈夫ですね。各プロジェクトも、個別にエクスポート(Ableton Live SetまたはWAV形式のファイル書き出し)できるようです。

Zenbeats - Roland

Roland Zenbeats

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

Rolan「Zenbeats」は、手動でバックアップが必要そうです。

プロジェクトごとに「Google Drive・Microsoft OneDrive・曲を転送」できたり、プロジェクトのステムでトラック毎にオーディオを書き出したりできるようですね。

アプリ内課金は、初回起動時にサインインして、購入済みタブから確認できそうです。試した結果は、のちほど掲載予定です。

NodeBeat - Playful Music

NodeBeat - Playful Music

610円
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

NodeBeat は、iTunes と接続して、手動でバックアップする必要があります。

Nodebeat backup01

古い iPhone/iPad を接続すると、NodeBeat の内部ファイルを確認できます。録音オーディオ素材は、「recordings」フォルダに入っています。プロジェクトファイルは「.nbml」ファイルとなっていますよ、

いちどこれらすべてのファイルを、パソコン(Mac)などにコピーして、新しい iPhone/iPad の NodeBeat の書類に戻してあげましょう。

Noise Synth - InterArt Lab.

Noise Synth

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

InterArt Lab.のNoise Synthは、プリセットのセーブやロードは、アドオンの購入が必要のようです。

高機能かつ直感的にノイズサウンドを作ることができるので、すごく重宝するアプリですよ。

しかし、機種変更のときに、新しい iPhone にプリセットを移す機能がなさそうですね。設定値は少ないので、スクショでメモしておくのもありですよ!

SettingSheet for Band - monnouchi

SettingSheet for Band

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

SettingSheet for Band は、1つずつ手動でバックアップする必要があります。

ステージセッティングの状態を、画像(PNG)もしくは PDF で保存することができますよ。ただ書き出してしまうと、編集することができなくなってしまいます。その点は、注意が必要です。またインポート機能は付いていないようです。

BeatHawk - UVItouch

BeatHawk

1,220円
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

UVItouch「BeatHawk」は、さまざまなバックアップ方法が用意されています。

iCloudファイル管理、iTunesファイル共有(ファイル取込のみ)という二つの方法があるようですね。ユーザーマニュアルがありましたので、機種変更したときにはチェックしておきましょう。

KORG Gadget 2

KORG Gadget 2

2,440円
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

KORG Gadget 2 は、さまざまなバックアップ方法が用意されています。

エクスポート機能をつかえば、プロジェクトファイルで書き出すことが可能です。iPhone 内のKORG Gadget フォルダのプロジェクトファイルを、iCloud に移動することもできました。

KORG Gadge 2 は、有料アプリですので、Apple Store からリストアすることで、特別な移行作業は必要なさそうですね。音源の追加には、Module アプリが必要ですのベットダウンロードしておいてください。

iTunes のファイル共有機能を採用しているので、パソコンを使ってサクッとバックアップ&移行作業もできちゃいますよ。くわしくは、ユーザーマニュアルを読んでみてください。

KORG Module

KORG Module

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

KORG Module は、アプリをダウンロードしたら、復元するだけで大丈夫のようです。

Apple Store の ID と、アプリの権限が紐づいているんですね。アプリをダウンロードしたら、すでに購入済みの音源には、「購入済み」と表示されていました。「復元する」をタップしたら、あっというまに新しい iPhone でも使えるようになりましたよ。

さすがの KORG さんクオリティですね!移行作業は、簡単でした。

Bluetooth MIDI Connect - KORG INC.

Bluetooth MIDI Connect

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

Bluetooth MIDI Connect は、KORG 製品などの無線製品を接続するためのアプリです。

機種変更の場合は、あらたにインストールし直す必要がありますね。Bluetooth 製品は、新たに接続していきましょう。

HandyRecorder - ZOOM Corporation

HandyRecorder

無料
(2020.12.07時点)
posted with ポチレバ

HandyRecorder は、ZOOM のハンディーレコーダーでつかえる録音アプリです。バックアップは、iCloud や iTunes のファイル共有機能を使用することができます。

アプリの「Auto Sync」 をオンにしておくと、iCloud に録音データがどんどんアップロードされていますよ。各種設定「AUTO REC」「AUTO GAIN」などは、あらためて設定してあげましょう。

新しい iPhone にアプリをいれても、ファイル名がでてくるわけではありません。iTunes のファイル共有を使用すれば、FILE タブに表示させることも可能でした。

アプリだけ削除しても、iCloud 内にデータは残ってしまうため、手動で削除する必要がある点はご注意ください。

iKaossilator - KORG

KORG iKaossilator

1,220円
(2020.12.08時点)
posted with ポチレバ

iKaossilator の機種変更時のやることは、アプリのバックアップとリストア機能を使うことで実現できます。

書き出したオーディオファイルは、iTunes のファイル共有にはいるようですので、パソコンに接続して取り出すようにしましょう。

バックアップ自体は iCloud でできるようですので、心配はなさそうですね。公式ヘルプは、こちら↓

機種変更時に、移行作業が必要なかったアプリ

とくに移行作業が必要なさそうなアプリ
  • Logic Remote
  • Song Beats
  • NoiseMachine
  • Musyc
  • RealLive
  • Helix Tuner

作曲・DTMアプリのなかで、iPhone/iPad の機種変更作業で、とくに作業が必要なかったものをまとめています。

アプリの使い方や内容によっては、私が想定していないものも含まれる可能性があります。各アプリの移行作業については、各デベロッパーのヘルプを参照してください。

Audio Units の引き継ぎ方法は?

Audiounits change

Audio Units の引き継ぎ方法についても、解説します、

Audio Units とは、iPhone/iPad でつかえる DAW に、ソフトウェア音源・エフェクトとして組み込めるプラグインのことです。

Audio Units ごとに、設定やプリセットといった機能があり、それらも機種変更時に、正しく操作しないとデータが消えてしまう恐れがあります。

別記事にて、斯く Audio Units ごとにやり方をまとめましたので、ご確認ください↓

【関連】Audio Unitsプリセット等の引き継ぎ方法まとめ

Inter-app Audio の引き継ぎ方法は?

Inter-app Audio の引き継ぎ方法については、Audio Units と同様の方法で引き継ぎすることができます。

Inter-app Audio アプリとは、DAW アプリとオーディオ BUS をひもづけることで、アプリ間のオーディオデータをやりとりできる仕組みのことです。今後、Audio Units にまとめられるのでは?という予測もされています。

また Audio Units のやり方さえわかっていれば応用できるため、個別の解説は見送ることにしました。

あとがき

iPhone機種変更で、作曲・DTMアプリのやることを、まとめてみました。個別のやり方について、まとめきれなかった部分はユーザーマニュアルを参照してくださいね。おって、ひとつずつ詳しい方法は掲載予定です。

取り急ぎまとめつつ、追記していきますね。基本的にはアプリのアカウントに再ログインもしくは、プロジェクトの手動引き継ぎ、iCloudドライブの活用という3つの方法がメインのようです。参考にしてみてください。

それでは、今回はこの辺で!? 未来の音楽制作、モバイル DTM の話や音楽制作についての知識が詰まった記事は、こちらをごらんください↓

【関連】DTM音楽制作の記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

4,237,188 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事