もう悩まない!iPad ProでDTMしたい人の容量選びを徹底解説

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM
読者さん
読者さん
iPad Pro を DTM(音楽制作) で使いたいんだけど、容量はどれを選んだらいいの?

って悩みを解決していきます。

どうも、音楽制作の下書きは iOS 版の Garageband でサクッとはじめるでおなじみのサウンドアーティスト「サウンドオルビス(@soundorbis)」です。

iPad Pro ってやっぱり高いので、できるだけ予算を少なくしたいんですよね。

容量の大きさで値段が変わるので、どれを選ぶのかはとても重要です。

しかし使い道が DTM となると、一番安くて容量が小さいとダメなんじゃないか?かといって、いちばん大きい容量は必要なのか?悩ましい問題ですよね。

というわけで今回は、普段からモバイル端末で DTM している私が iPad Pro でDTMしたい人の容量選びを解説していきます。

iPad ProでDTMのおすすめ容量と、その理由は?

iPad Pro で DTM するのにおすすめな容量は、256GB です。

256GB を選んだのには、3つの理由があります↓

256GB を選ぶ3つの理由
  1. 64GB では、足りない
  2. 512GB 以上は、高すぎる
  3. 256GB で、困ったことがない

それでは、1つずつ解説していきます。


理由1:64GB では、足りない

1つ目の理由は、64GB では容量が足りないからです。

たとえば、DTM に関するファイルサイズを例にあげてみましょう↓

代表的な DTM アプリ容量
GarageBand2.85GB
KORG Module Le1.2GB
Beatwave0.2GB
Auxy0.13GB
Medly0.2GB
合計4.58GB

記事を書きながら、手持ちの DTM アプリの容量チェックしてみました。

有料版を購入して、音素材を新たにダウンロードすればさらに必要な容量が増えます。

録音素材の例容量
10トラックの曲30プロジェクトのWAV3,000MB
5分の完成した曲のWAVデータ30曲分300MB
合計3.3GB

WAV(オーディオ素材-44.1kHz/16bit/長さ5分)の容量って、10MBぐらいあるんです。WAVっていうのは、ギターとか、声を録音したデータの種類のことです。

曲を作れば作るほど、必要な容量が増えていきます。

実際に利用できる容量は仕様を下回り、多くの要素によって変わります。標準構成では、モデルと設定に応じて、約10GBから12GBの容量(iOSとあらかじめインストールされたアプリケーションを含む)がすでに使われています。

iPad Pro - 仕様 - Apple(日本)より引用

さらに 64GB モデルでは、システムがはじめから使っている容量があり、実質 50 GB ほどしか使用することができないんです。

手元にある iPhone ですら、50GB は使っています。

DTM 用途でもがっつり使うなら、64GB は心配ですね。

512GB 以上は、必要ない

512GB 以上は、モバイル DTM では必要ないと思います。

オーディオ素材の参考例で、WAVファイルの大きさを出しましたが、30曲で 3.3GB です。

どれだけアプリに音素材を入れて、たくさん曲を作っても...128GBぐらいが、使う容量ではないでしょうか。

512GB 以上は、これからモバイル音楽制作を始める人にとっては、宝の持ち腐れになる場合もあります。


理由2:512GB 以上は、高すぎる

2つ目の理由は、512GB 以上は高すぎるからです。

たとえば、iPad Pro の容量違いで、価格をみてみましょう↓

iPad Pro の容量11インチ12.9インチ
64GB¥89,800 (税別)¥111,800 (税別)
256GB¥106,800 (税別)¥128,800 (税別)
512GB¥128,800 (税別)¥150,800 (税別)
1TB¥172,800 (税別)¥194,800 (税別)

※参考価格は、iPad Proを購入の Wi-Fi モデル。

読者さん
読者さん
iPad Pro って、やっぱり高いんですね〜。
チビおるびす
チビおるびす
そうなんだよ。タブレットなら、10 万円ぐらいを相場にしてほしいところさ...

DTM 用途なので、13 万円ぐらいまでが許容の範囲でしょうか。

予算的に、iPad Pro 256GB が正解だと思います。

ワンポイントアドバイス

512GB 買う差額(¥22,000)を、有料のアプリやアドオンに回す方がおすすめです。DTM でできることが広がると、曲作りも楽しくなります。



理由3:256GB で、困ったことがない

3つ目の理由は、256GB で困ったことがないからです。

今まで、iPad Pro や iPhone でも、256GBモデルを使ってDTMしてきました。だいたいの流れは、こんな感じ↓

モバイル音楽制作の流れ
  1. Garagebandで 10 曲ほど作る
  2. DAW にファイルを移す
  3. 本格的に仕上げる

この使い方なら、256GB で困ったことはありません。

DTM以外のアプリや、写真を保存していても、まだまだ余裕がありました。

クラウドストレージが発達してから、iPad Pro 本体に保存するものが少なくなっている恩恵も大きいですね。

容量と価格のバランスからいって、容量は 256GB が大正解だと思います。

iPad Pro 画面サイズはどっちを選ぶ?

iPad Pro 画面サイズはどっちを選ぶ?

iPad Pro のサイズは、11インチと12.9インチどっちを選ぶべきでしょうか?

現在(2019/07/15)発売されている iPad Pro シリーズの違いは、容量だけというシンプルなものです。

容量が 256GB がいいのはわかったけれど、今度はサイズの選び方で迷ってしまうのではないでしょうか。

DTM で使う場合にも当てはまる内容なので、お悩みの方はこちらの記事もあわせてどうぞ↓

iPad Pro 11 vs 12.9 比較!画面サイズは、どっちを選ぶべき?

まとめ

もう悩まない!iPad ProでDTMしたい人の容量選びを徹底解説してきました。まとめると、こんな感じ↓

まとめ
  • 256GB が、iPad Pro で DTM のおすすめ容量
  • おすすめ理由1:64GB では、足りない
  • おすすめ理由2:512GB 以上は、高すぎる
  • おすすめ理由3:256GB で、困ったことがない

iPad Pro で DTM をはじめようとするには、2019年はとてもいい時期です。

モバイル音楽制作は、パソコンとはまったく別の方向に進化していくと思います。

多くの人が、むずかしいことを考えず、音楽を楽しめる時代が目の前まできているんです。

乗りましょう、この流れに!

そのほか、作曲アプリや、モバイル音楽制作の記事は、こちらをどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,901,953 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール