DTM専用Macおすすめは、コレだ!作曲家の視点で選んでみた

DTM

「DTMでつかうMacは、どれを選んだらいいのでしょうか?」って疑問を、解決していきます。

2021年3月12日現在、Mac は、以下のラインナップがあります↓

前回の記事で、Mac のスペック選びについて大切なポイントも解説しました。まだ読んでいない方は、こちらをどうぞ↓

【関連】音楽制作で必要なMacのスペック3つのポイントとは?

いちばん安い Macbook Air でもDTMできるのか疑問に思いますよね。ただ DTM はできますけれども、本格的に DTM をする予定ならよく考えた方がいいことは確かです。

DTM は重い作業ではないので、スペックもVRや動画編集ほどは必要ありませんが、大きなソフト音源などをつかうために、ある程度の CPU やメモリは必要になります。

助手くん
助手くん
私はいったい、どれを選べばいいのでしょう…
大丈夫。おすすめの Mac を教えてあげよう!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

この記事で紹介する「わたしがおすすめするDTM専用Mac」を買えば、ほぼ問題なく音楽制作できちゃいます。

もし紹介しているおすすめ Mac がお気に召さない場合は、Mac の各モデルをDTM作曲家の視点から、どんなモデルなのかも解説しています。

長く付き合うことになるDTMパソコン(Mac)。急がずあせらず、判断しましょう。

というわけで今回は、作曲家の私が選ぶ、おすすめしたいDTM専用Macをご紹介いたします。

DTM専用Mac。おすすめは?

DTM専用Macのおすすめは、「iMac」と「Macbook Pro」です。

YouTube などの動画投稿サイトや、ストック型サービスに 100 曲以上投稿しているサウンドオルビスが、DTM作曲家という視点であなたの Mac 選びをお助けします。

それでは、2つのおすすめ Mac をご紹介いたします。

おすすめ1:デスクトップ型「iMac」27インチ

Imac 2019

iMac - Apple(日本)より引用

おすすめその1は、iMac Retina 5Kディスプレイモデル 27インチです。

iMac をおすすめする理由
  • スペックと価格のバランスがいい
  • 外部ディスプレイを考えなくていい
  • 大きな画面の方が、初心者も扱いやすい
  • DTMなら、十分すぎる性能
  • 拡張性も充分ある
  • シンプルな構成でシステムをつくれる
  • 音楽制作以外でも、活躍してくれる

おすすめカスタマイズ構成を解説
カスタマイズ内容
プロセッサ3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
メモリ8GB 2,666MHz DDR4メモリ
ストレージ512GB SSD
グラフィックRadeon Pro 570X(4GB GDDR5メモリ搭載)
価格231,800 円(税抜)
あなたも iMac をカスタマイズしてみよう→27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル - Apple(日本)

プロセッサは Core i5 以上であれば、DTM で困る場面は少なかったです。

SSD 容量は、512GB 以上を選択しました。予算があれば、1TB 以上を選びたいんですけどね。フュージョンドライブにしない理由は、外付けHDDを自分で用意した方が安くてたくさん保存しておけるからです。

メモリは 8GB を選びました。対応しているメモリを、自分で増設しましょう。メモリは相性の問題があるので、慎重に選びましょう。

メモリの定番は、このあたりでしょうか↓
ワンポイントアドバイス

iMac のメモリ増設は、初心者でも簡単にできます。自分でやると約 5,000 円ぐらい節約できますよ。【参考】iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート

  • iRam Technology 社製メモリ:2019年モデル iMac に対応の表記あり。
  • Crucial(Micron製) メモリ:レビューで2019年モデルで動いた報告あり。永久保証があるので、安心。

おすすめ2:ノート型「Macbook Pro」15インチ

Macbookpro 2019

MacBook Pro - Apple(日本)より引用

おすすめその2は、Macbook Pro 15インチです。

Macbook Pro をおすすめする理由
  • スペックとモバイル性が魅力
  • 外部ディスプレイがなくても、15インチなら作業しやすい
  • 大きな画面の方が、初心者も扱いやすい
  • DTMなら、十分すぎる性能
  • 4ポートあるので、拡張性も充分ある
  • 価格は高いが、長く使えるから
  • 音楽制作以外でも、活躍してくれる
おすすめカスタマイズ構成を解説
カスタマイズカスタマイズ
プロセッサ第9世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
メモリ16GB 2,400MHz DDR4メモリ
ストレージ512GB SSD
グラフィックRadeon Pro 555X(4GB GDDR5メ‍モ‍リ搭載)
価格280,800 円(税抜)
あなたも Macbook Pro をカスタマイズしてみよう→15インチMacBook Proをカスタマイズ - Apple(日本)

プロセッサは、「Core i7 / Core i9」を選択できます。Core i9 を使い切るほど、DTM は重い作業ではないので選びませんでした。

Macbook Pro のメモリは、あとから増設できません。後悔しないように、16GB 以上を選んでおきましょう。

SSD 容量は、512GB 以上ですね。大きなソフト音源も、工夫次第で運用できます。

サウンドオルビスも、Macbook Pro つかってるぞ!
「iMac」と「Macbook Air」2台持ちだった話

2台、同時持ちしてた時期がありました。iMac の作業データを、「Macbook Air」で引き続き編集したいときに面倒だったんです。いまは「Macbook Pro」1台で運用しています。スペックもモバイル製も兼ね備えるので、合理的な判断でした。ト

作曲家の視点で、Macの各モデルを解説

Dtm siten kaisetu2

2021/03/12 現在の Mac シリーズを、作曲家の視点で解説していきます。

シンプルなカスタマイズこそ、Mac を選ぶ最大のメリットです。

パソコン選びの時間は最低限にして、音楽制作にかける時間を増やしていきましょう。

とくにスペック面で3つのポイントで、Mac の選び方を解説した記事があります。新しい Mac がでても、基本になるところなので関連記事をチェックしてみてください↓

【関連】音楽制作で必要なMacのスペック3つのポイントとは?

MacBook Air

作曲家の視点で評価
MacBook Air
トータル評価
★★☆☆☆ (DTM では、う〜ん)
モバイル性
★★★★★(感無量)
スペック性能
★★★☆☆ (足りない...)
価格とのバランス
★★★☆☆ (いい感じ)
対象者:
初心者向け
DTMできる?:
工夫次第
コメント

Macbook Air は、軽くて持ち運びしやすい入門用 Mac です。

  • 新品で買える Mac の中で最も安価
  • カスタマイズしても、パワー不足感ある
  • iMacにできない、屋外DTMがメリット
  • 13.3 インチの画面サイズは小さい
  • Thunderbolt 3ポートが2個なので、HUB変換アダプター必須。拡張性に難あり?
  • ワイヤレス系のDTM機材があると、本領を発揮できるかも?
  • 個人的に Macbook Air なら、がんばって Macbook Pro もしくは iMac を選びたい。
  • CPU:Apple M1 チップは、評判がいい。
  • メモリ:16GB はほしい
  • ストレージ:最低でも 512GB はほしい
メーカーページ
私ならこうする!Macbook Air カスタマイズ構成
  • 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
  • 16GBユニファイドメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • True Tone搭載Retinaディスプレイ
  • バックライトMagic Keyboard - 日本語(JIS)
  • Touch ID
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Thunderbolt / USB 4ポート x 2
Macbook Air で DTM できる?

Macbook Air で問題なく DTM できると、ブログ「「logic Pro X」に必要なスペックは?MacBookでDTMはできないの? | 隣町本舗.com」で紹介されていました。不満が、あるっちゃあるらしいので、本格的な DTM には向かなそうです。

わたしも昔使っていた Macbook Air 2011 で、Logic Pro の 10トラック目ぐらいから重くなってた記憶あります。

CPU が M1 になったので、DTM まわりのプラグインが対応していくことで、さらに新かうする可能性がありますよ!


MacBook Pro

作曲家の視点で評価
MacBook Pro
トータル評価
★★★★★ (おすすめ!)
モバイル性
★★★★☆ (ちと重い)
スペック性能
★★★★☆ (必要十分)
価格とのバランス
★★★☆☆ (充分価値アリ)
対象者:
中級・上級者向け
DTMできる?:
できる。
コメント

MacBook Proは、スペックとモバイル製を兼ね備えたプロ向け Mac です。

DTM するなら、Macbook Pro のスペックで問題ありません。とくに、DTM初心者の結論としていきつくさきは、コレ(Macobook Pro 15インチ)だと確信しています。まぁ、自分のことなんですけどね。

外部ディスプレイを用意する予算があれば、iMac よりもメリットがおおきい1台になります。あとは、音楽の制作スタイルで、どれだけ盛るべきかかわります。

  • さすがMac、お値段高め
  • 価格に見合って、安定して音楽制作できる
  • USB Type-C のみだが、不足を感じない
  • Touch Bar は、ほとんど使わない
  • 音楽制作以外でも、力を発揮してくれる
  • 持ち運びできるハイスペックな相棒
  • iMac と Macbook Air を1台でまかなえる
  • CPU:Core i7 でも十分。安心したい人は Core i9 を選択しよう!!
  • メモリ:16GB でも問題ない。予算があれば 32GB ほしい。
  • ディスプレイ:基本は15インチのほうが、作業しやすい。モバイル製を高めたい場合のみ、13インチを選ぶのが良さそう。
  • グラフィックス:マルチディスプレイしたい場合は、上のランクを選ぼう。
  • ストレージ:512GB 以上は必須。予算があれば、1TBほしい。
メーカーページ
私ならこうする!!Macbook Prカスタマイズ構成
  • 第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
  • 32GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 1TB SSDストレージ
  • True Toneを採用した16インチRetinaディスプレイ
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • Touch BarとTouch ID
  • バックライトMagic Keyboard - 日本語(JIS)
ワンポイントアドバイス

Macbook Pro 13インチには、M1 チップが良さそうです。ただ、DTM だとまだ Interl が有利な場面がありそうですね。2021年3月12日時点では、Intel 入りの 16 インチの方が、個人的には選ぶかな?って感じですね。

【参考】M1チップ搭載の新型MacはDTMに使えるのか? DAW、プラグイン、オーディオインターフェイスなど動作状況をチェックしてみた | 藤本健の “DTMステーション”

【参考】M1 Mac、まさかの敗北 Apple純正Logic ProでIntel Macに勝てないとは:iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら(1/2 ページ) - ITmedia NEWS

iMac

作曲家の視点で評価
iMac
トータル評価
★★★★★ (おすすめ!)
モバイル性
★☆☆☆☆ (むりむり!笑)
スペック性能
★★★★★(最高です)
価格とのバランス
★★★★☆ (コスパいい)
対象者:
初心者・中級者向け
DTMできる?:
できる。
コメント

iMac は、スペックと価格のパランスがいいデスクトップ Mac です。

  • 価格とスペックのバランスが、とにかくいい
  • デスクトップなら、1TBでシンプルな構成を組みたい
  • メモリは8GBで、後から自分で増設すると安上がり
  • 画面サイズは、27インチがおすすめ。大きさは慣れます
  • 室内だけの作業なら、間違いなくiMacを選んだほうがいい
  • ノート型より、拡張性ある
  • CPU:Core i5 を選択。スペック的に問題ないと思う
  • メモリ:8GBを選択し、自分で増設しよう
  • ディスプレイ:27インチがおすすめ。大きいと感じるのは最初だけ
  • グラフィックス:マルチディスプレイにしないなら、Radeon Pro 570Xで充分。
  • ストレージ:512GB 以上は必須。予算があれば、1TBほしい。
メーカーページ
私ならこうする!iMac カスタマイズ構成
  • 3.3GHz 6コア第10世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)
  • 8GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 512GB SSDストレージ
  • ギガビットEthernet
  • Magic Mouse 2
  • Magic Keyboard - 日本語(JIS)
21.5インチはメモリ増設不可?

iMac 21.5 インチのメモリは、メモリを増設することができないみたいです。

【参考】iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート

【参考】iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート

iMac Pro・Mac Pro・Mac mini

iMac Pro・Mac Pro・Mac miniについて
  • iMac Pro:価格の面で難あり
  • Mac Pro:価格の面で難あり
  • Mac mini:ディスプレイを気にする必要がある

iMac Pro・Mac Pro・Mac mini について、考えていきしましょう。

上記の3種類は、現状ですと...初心者 DTMer の場合には、手を出さない方がいいと結論づけました。

Pro シリーズは、価格的に同感あえてもプロレベルですからね。

Mac mini の安さは素晴らしいですが、ディスプレイを考えたりする時間を考えたら、他の選択肢のほうがわかりやすいです。

DTM をはじめるにあたって、Mac の使い方を覚えるのに疲れてしまっては、本末転倒ですよ!

ベンチマークも参考に

Mac Benchmarks 2019

リンク:Mac Benchmarks - Geekbench Browser

現在リリースされている Mac のベンチマークスコアを比較することで、マシンパワーの参考になります。

わたしの「Mac」歴スコア

Mac 名称ベンチマークスコア
iMac mid 2010 27インチシングル「2705」
マルチ「8536」
Macbook Air 2011 11インチシングル「2087」
マルチ「3782」
iMac 2015 27インチシングル「4719」
マルチ「13394」
Macbook Pro 2016 15インチシングル「4323」
マルチ「14318」
参考:Mac Benchmarks - Geekbench Browser

iMac 2010 mid のスコアで、100 曲以上つくることに成功しています。

「10,000」以上のベンチマークスコアがあれば、DTM ではストレスが溜まりづらいというのが経験からの結論です。

まずは、自分が買ってみたい Mac のベンチマークスコアを調べてみよう!

DTMパソコンは、Windows と Mac どっちがいいの?

Dtm windows mac

ネットでは、「基本的にどちらを選んでもいい。」という結論がおおいです。

ここはあえて10年以上、作曲活動をつづけてきた、わたしなりの結論を書かせていただきました。

と言いましても、たしかにどちらを選んでも、音楽制作で後悔することはありません。

Windows PC も持っていますが、おおきな違いはありませんからね。

さまざまな意見をとりいれて、最終的に判断していただけましたら幸いです。

結論についての詳細は、こちらです↓

まとめ

作曲家が選ぶ!DTM専用Macのおすすめ
  • おすすめ1:デスクトップ型「iMac」27インチ
  • おすすめ2:ノート型「Macbook Pro」15インチ
Mac各モデルの評価
  • MacBook Air:軽くて持ち運びしやすい入門用
  • MacBook Pro:スペックとモバイル製を兼ね備えたプロ向け
  • iMac:スペックと価格のパランスがいいデスクトップ
  • iMac Pro・Mac Pro・Mac mini:DTM 作業は、ここまでハイスペックはいらないかも?プロ作曲家の世界

DTM専用Macおすすめを、作曲家の視点で選んでみました。

わたしがDTM初心者の作曲家だったあの日、iMac 27インチを購入し、100曲以上つくるレベルまで成長することができました。

迷った時は、iMac。予算があるなら、「Macbook Pro」ぐらいシンプルに考えてもいいと思います。

Macbook Air は、安いですが入門機なので本格的にDTMに挑戦したい場合は、もういちど考え直した方がいいかもしれません。

あなたの Mac 選びに、少しでも光を差すことができたら嬉しいです。そのほか、DTMパソコンに関する悩みを解決する記事なら、こちらをどうぞ↓

【関連】これからはじめるDTMパソコンの選び方。【Windows・Mac】

サウンドオルビス

4,902,722 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事