• HOME
  • マウス
  • マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法

マウス

「マウスのボタンに割り当てられたボタンの番号って、どうやって調べるの?」って疑問を、解決していきます。

他ボタンマウスを買って、割り当てソフトを使おうと思った時に...自分が今押しているマウスのボタンが、何番のボタンに割り当てられているのか必要になる場面ってありますよね?

画像:M-HT1DRBK ボタンがたくさんあるマウス

例えばマウスのボタンを、割り当てソフトでカスタマイズしたいときに、標準で何番のボタンが割り当てられているのかわかったら便利ですよね?この記事では、サクッと調べる方法を3ステップでわかりやすく説明していきますよ。

というわけで今回は、マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法について解説します。

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法【3ステップ】

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法について、解説します。

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べるには、フリーソフトウェアの「Karabiner-EventViewer」を使います。また今回の検証では、M1 Mac mini 2020 の macOS Big Sur を利用していますので、新しい Mac の場合でも問題なく動作しますよ!

だれでも挑戦できるように、3つのステップで説明していきます。それでは、いってみよ〜!

【ステップ1】Karabiner-Elements をインストールする

Karabiner-Elements 2021/04/29より引用

【配布サイト】Karabiner - Software for macOS

ステップ1は、Karabiner-Elements をインストールしてください。

まずは配布サイトにアクセスして、「Karabiner-Elements」をダウンロード&インストールしましょう。

「Karabiner-EventViewer」は、「Karabiner-Elements」に付属していますので、ご安心ください。

詳しいインストール手順を別記事「Karabiner-Elementsの使い方解説。初心者でも使える!」にまとめておきました。初めてで不安な人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでで、ステップ1「Karabiner-Elements をインストールする」作業は完了です。

【ステップ2】Karabiner-EventViewer を起動する

Karabiner EventViewer5

ステップ2は、Karabiner-EventViewer を起動してください。

アプリケーションフォルダのKarabiner-EventViewerを、クリックしましょう。

Karabiner EventViewer1

Karabiner-EventViewer が、起動します。

アラートが表示されたら、「Open Security & Privacy System Preferences」をクリックしてください。

Karabiner EventViewer4

Mac の「システム環境設定>セキュリティとプライバシー>プライバシータブ>入力装置」が、自動で開きます。

左下の鍵アイコンをクリックして、ロックを解除しましょう。Karabiner-EventViewer にチェックを入れてください。

Karabiner EventViewer2

終了して再度開く を、クリックしましょう。

Karabiner EventViewer6

Karabiner-EventViewer が起動します。あとは、マウスのボタンを押せば割り当てられているボタンを確認できますよ。次のステップに進んでください。

ここまでで、ステップ2「Karabiner-EventViewer を起動する」作業は完了です。

【ステップ3】マウスのボタンを押して割り当てられた番号を調べる

Karabiner EventViewer3

ステップ3は、マウスのボタンを押して割り当てられた番号を調べていきましょう。

Karabiner-EventViewer が起動したら、調べたいマウスのボタンを押してください。イベントビューワーに、「Event type・HD usage・Name・Misc」の4つのパラメーターがわかりますよ。

HID usage の後半番号が、マウスに割り当てられているボタン番号になります。例えば、左クリックをすると「9,1」となります。つまり、左クリックはボタン番号「1」ってことですね。

1つずつボタンを押して、標準で割り当てられている番号がわかれば、Karabiner-Elements でマウスのボタンをカスタマイズできるようになるので便利ですよ。

ここまでで、ステップ3「マウスのボタンを押して割り当てられた番号を調べる」作業および、マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法の解説は終了です。

【動画でチェック】マウスのボタンに割り当てられた番号を調べている様子

マウスのボタンに割り当てられた番号を調べている様子を、動画でチェックしていましょう。

実際にマウスを押している様子と、Karabiner-EventViewer の操作画面を、同時に撮影してみました。

どんな感じで表示されるのか、よくわかるので参考にしてみてください。動画の後半では、操作画面のみ大きくしておきましたので、よく見えると思いますよ!

まとめ

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法まとめ

※ 全体の流れがわかったら、ステップ1から挑戦してみましょう。リンクをクリックで、記事の上部に移動できます。ぜひご利用ください。

マウスのボタンに割り当てられた番号をMacで調べる方法について、解説させていただきました。

筆者が「エレコム製多ボタントラックボール M-HT1DRBK」をカスタマイズするときに、標準でマウスのボタンに割り当てられている番号がわからずに困ってしまいました。今回検証してみた方法を参考にすれば、サクッとマウスボタンに割り当てられている番号を調べることができますよ!

Karabiner-Elements は、筆者自身キーボードのカスタマイズで長年使っていました。フリーウェアを使うのが、ちょっと怖いかも?と感じる人のために、今後も何か問題があれば記事で追記しますので、今後も記事内容をチェックしてもらえましたら幸いです。

それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、エルゴノミクス系のマウスについて、在宅ワークなどに役立つマウスの記事を書いていますので、あわせてこちらの記事もどうぞ↓

サウンドオルビス

5,460,879 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事