f.luxとは?使い方解説。ブルーライト軽減で目を守ろう

Macアプリ・ソフト

「ブルーライトを軽減したいんだけど、f.lux(フラックス)ってアプリを使ってみたいんです。だけど、どうやって使えばいいのかな?」って疑問を、解決します。

インターネット環境の進化で在宅ワークや e スポーツなど、パソコン・Mac の画面を眺める時間が増えている気がしませんか?

長時間画面を見続けた後の疲れや、睡眠不足の原因の1つに「ブルーライト」が関係している可能性もあります。そこでブルーライト軽減で目を守ってくれるアプリ「f.lux」が、役に立つというわけですね。

というわけで今回は、f.lux の役割や使い方について、わかりやすく解説していきます。

f.lux(フラックス)とは?ブルーライトを軽減するアプリ

「f.lux(フラックス)」とは、ディスプレイの色を時間帯にあわせて変更してくれるアプリケーションです。夜は暖かいケルビン温度となり、日中は青色の多く含まれた強い色合いになります。

f.lux(フラックス)に住んでいる位置情報を入力するだけで、あとは自動的に色温度を設定してくれるので、簡単操作なんです。

明るすぎるディスプレイにはブルーライトが含まれ、その光は睡眠に影響を与えるといわれているんです。

【参考】Using screens safely at night - f.lux Software LLC

【参考】ブルーライトは目に悪い? 夜のスマホの影響は…:朝日新聞デジタル

目そのものへの影響は分からないというのが現状ですが、体内時計つまり睡眠への影響は証明されているようです。ブルーライトを軽減することで、仕事やパソコンを使った活動へのパフォーマンスに影響することは、間違いありません。

f.lux(フラックス)を使うことで、そうした影響を減らす効果が期待できるかもしれません。実際に筆者は、夜間にケルビン温度を下げて作業をすることで、翌日の目覚めの良さを常に体験しています。手放せないアプリとなっているため、一定の効果は見込めると思いますよ。

【解説】f.lux の使い方

f.lux の使い方について、わかりやすく解説していきます。

f.lux(フラックス)に興味がでてきたら、サクッと使い方を覚えてしまいましょう。初めて使う人が気になるであろうポイントに絞って、個別に説明していきますね。

さらに、手動で色温度を設定したい人むけにもやり方を説明していきます。今回は「M1 Mac mini」を使った検証結果となっておりますので、参考にしてみてください。それでは、いってみよ〜!

f.lux のダウンロード方法

Flux dlinstall6

【公式サイト】f.lux: software to make your life better

f.lux のダウンロード方法を、解説します。

まずは、公式サイトにアクセスしてください。トップページのDownload f.lux ボタンを、クリックしましょう。

f.luxのサイト側で、ブラウザを通したあなたの使用 OS を判別してくれます。今回は macOS でアクセスしたため、ダウンロードボタンの下に「Free for macOS」と表示されていますね。Windows 版もありますので、ぜひチェックしてみてください。

Flux dlinstall1

ダウンロード指定した場所に、f.lux のファイルがダウンロードされたらオッケーです。Mac の場合には、アプリケーションが直接保存されました。Windows の場合には、異なりますのでご注意ください。

ここまでで、f.lux のダウンロード方法の解説は終わりです。

f.lux のインストール方法

Flux dlinstall1

f.lux のインストール方法を、解説します。Mac を使って、インストール方法を検証していきますよ。

ダウンロードフォルダに保存したf.lux アプリケーションを、ダブルクリックしてください。

Flux install1

「”Flux”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」と表示されたら、開くをクリックします。

Flux install2

「Move f.lux to Applications folder?(f.lux をアプリケーションフォルダに移動しますか?)」とでたら、Move to Applications Folder をクリックしてください。

Flux install4

Mac のアプリケーションフォルダを確認すると、「f.lux」が移動しています。確認しておきましょう。

作業が終わると、f.lux が自動的に起動しているはずです。

ここまで、f.lux のインストール作業の解説は完了です。

f.lux をアンインストールする方法

Windows の場合

[スタート]メニュー> [プログラムの追加と削除]> [f.luxのアンインストール]を実行

Windows の場合
  • メニューバーの f.lux アイコンをクリック
  • Quitf.lux をクリック
  • Finder で、f.lux アプリを削除。ゴミ箱を空にする
  • [システム環境設定]>[ディスプレイ]>[色]で、「f.luxプロファイル」を削除
  • Mac を再起動
  • 自動明るさを無効にして再起動。自動明るさをオンに戻す

f.lux をアンインストールする方法について、解説します。

Mac の場合にはちょっと面倒と感じるかもしれませんが、筆者自身はアンインストール作業で困ったことはありません。「AppCleaner」を利用することが多いので、もしアンインストールがうまくいかない人は活用してみてください。

Windows と Mac で、アンインストールのやり方が違います。f.lux 公式のヘルプでアンインストール方法について、説明がありますので下記の「参考 FAQ」をご確認ください。

f.lux のロケーション(位置情報)の設定方法

Flux default01

f.lux のロケーション(位置情報)の設定方法を、解説します。

f.lux のロケーション(位置情報)の設定すれば、あとは自動で f.lux が画面の色温度を設定してくれますよ。

Flux location button

「Location:」の右横にある矢印ボタンをクリックしてください。

Flux location confirm

あなたの現在地が、地図で表示されます。

Confirm Location を、クリックしてください。

Flux location tokyo

有線接続している場合や、自分の住んでいる場所ではなく「日本」を基準にしたいだけなら、上記の東京の緯度経度データの数値を入力しておきましょう。

この作業で、あなたの f.lux は自動でディスプレイの色温度を変更してくれますよ。

f.lux のロケーション(位置情報)が設定できないときは?

Flux install3

f.lux のロケーション(位置情報)が設定できないときには、「Wi-Fi」機能をオンにしておきましょう。

インターネットを有線接続していると、「Location Error」と表示される場合があります。位置情報を取得することができないため、でてくるエラーなんです。

解決方法としては、Wi-Fi 機能をオンに設定してください。

ここまでで、f.lux のロケーション(位置情報)の設定方法の解説は終了です。

基本的な f.lux の使用方法

基本的な f.lux の使用方法、選べるプリセット設定
Flux basic howto

  • Recommended colors:f.lux のおすすめ設定 日中 6500K・日没 3400K・就寝時刻 1900K
  • Custom colors:日中・日没・就寝時刻を、自分で決める
  • Classic f.lux:日中 6500K・日没 3400K
  • Far from the equator:日中 6500K・日没 5500K・就寝時刻 1900K
  • Working late:日中 6500K・就寝時刻 2300K

基本的な f.lux の使用方法について、解説します。

f.lux の基本的な使い方は、3つの時間帯「日中・日没・就寝時刻」で、ディスプレイの色を変化させる設定ができることです。f.lux では、5つのプリセット設定を変更できますよ。

基本的には Recommended colors で、十分です。しかし、写真を編集したり、本来の色で動画を見たい場合には、「Custom colors」に設定してケルビン数を変更する必要があります。

基本的な f.lux の使用方法は、位置情報さえ登録してしまえば自動ですし、プリセット設定を変えるだけなので難しくありません。この機会に、ぜひ覚えておきましょう。

自分の好きな色温度で、ブルーライトを軽減したい場合は?

Flux custom colors01

自分の好きな色温度で、ブルーライトを軽減したい時には、「Custom colors」を使いましょう。

まずはプリセット設定をCustom colors に設定してください。

Flux custom colors02

Daytime タブが選択されていることを確認して、スライダーを左側に動かしてみましょう。

今回は5500K(Sunlight) のところまで、調整してみました。

Flux custom colors03

続けて Sunset をクリックして、スライダー4200K(Fluorescent) まで調整してみましょう。

Flux custom colors04

Bedtime をクリックして、スライダーを 3400K(Halogen) に設定してください。

しばらくすると、自動で「日中・日没・就寝時刻」の中から、現在の時刻にあった設定に戻りますよ。

これで、「日中・日没・就寝時刻」3つの時間帯で、あなたが設定してた好きな色温度に自動で変化するようになりました。

ここまでで、基本的な f.lux の使用方法の解説は終了です。

ワンポイントアドバイス

ディスプレイの色温度を変化させる時間帯は、変更できないようです。そのため、そのため、起床する時間をずらすことで、自分の生活リズムに合わせる方法を試してみてください。

f.lux の「Options」の説明

f.lux の「Options」について、説明していきます。

※ 現在設定について、調査中&まとめ中です。

f.lux の「Color Effects」の説明

Color Effects について
  • Darkroom:暗室モード
  • Movie mode:映画モード
  • macOS Dark theme at sunset::macOS ダークモードにあわせて、日没にする

f.lux の「Color Effects」について、説明していきます。

Darkroom(暗室モード)をオンにすると、Mac の画面が黒を基調とした写真を現像する部屋のようになります。かなり光を抑えられるので、暗い場所での使用にメリットがありますね。

Movie mode(映画モード)は、映画を見るのに最適な色温度に瞬時に変化するモードです。詳しい解説はありませんが、一定の色温度まで一時的に戻る機能だと思います。日中に使うと逆に黄色く感じてしまうため、6000Kより暖かい色のようです。

「macOS Dark theme at sunset」は、ダークモードに切り替わるのにあわせて、f.lux の日没時間をあわせてくれるという設定だと思います。現在検証中ですので、詳しいことが分かり次第追記していきます。

f.lux の「Disable」で一時停止しよう

f.lux Disable 設定について
  • for an hour:1時間
  • until sunrise:陽がのぼるまで
  • for full-screen apps:フルスクリーンのアプリが開いたら
  • for current app:現在のアプリケーション

f.lux の「Disable」で一時停止する方法について、解説します。

画面の色温度を暖かくするアプリケーションは、グラフィックや動画編集者といったデザイナーには、不向きなアプリかもしれません。しかし、f.lux の開発チームをそれを把握しており、気軽に f.lux の機能を一時停止する方法を備えてくれていますよ。

「for an hour」をオンにすれば、1時間だけ f.lux の全機能をオフにできます。「until sunrise」をオンにすると、翌朝まで機能をオフにできます。

「for full-screen apps」をオンにすれば、例えば動画などフルスクリーンで再生した時にだけ、f.lux をオフにすることができます。

「for current app」は、現在開いているアプリを使用しているときだけ、f.lux をオフにできます。アクティブになっているアプリの名前が表示されるので、わかりやすい設定項目かもしれません。

F.lux を一時停止する必要がある作業の時には、「Disable」機能を活用しましょう。

f.lux の終了方法

Flux quit

f.lux の終了方法について、解説します。

Mac のメニューバーにある f.lux アイコンをクリックして、Quit f.lux をクリックしましょう。これで、f.lux アプリを終了させることができます。

ほかには、f.lux の設定画面を開いて、キーボードの ⌘ CommandQ を押すことでも終了させることができますよ。

f.lux の終了方法の解説は終了です。

f.lux は、Apple Silicon(M1)搭載 Mac 対応

f.lux は、Apple Silicon(M1)搭載 Mac 対応のアプリケーションです。

さすが歴史のあるアプリケーションです。2021年4月30日に確認したところ、アプリケーションの種類はユニバーサルとなっていましたよ。

筆者の M1 Mac mini 2020 の macOS Big Sur で検証してみたところ、問題なく動作してくれています。色温度もしっかり変更されるので、ご安心ください。

そのほか、M1 Mac で使用できるアプリケーションについて調べていますので、あわせてこちらの記事をどうぞ↓

【関連】M1 Macで動かないソフトは?アプリの動作確認してみた

あとがき

f.lux の役割や、使い方を徹底的に解説させていただきました。

ブルーライトを軽減する目的なら、昔からある「f.lux」は選択肢の一つとしていれてみてほしいですね。シンプルな操作画面で、最大限の効果を発揮してくれますよ。

今回の記事が、あなたの作業を効率化する手助けになっていたら嬉しいです。それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、Mac で使えるおすすめのアプリケーションやソフトウェアを紹介する記事も書いていますので、あわせて読んでみてください↓

【関連】Mac歴10年のおすすめアプリ・ソフト27選【どどーんと大列挙】

サウンドオルビス

5,222,502 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事