iPhone 12 Pro Maxで、iOS版GarageBandはどんな感じ?

はじめかた(GarageBand iOS)

「iPhone 12 Pro Max で、iOS 版 GarageBand を始めたいのですが、どんな使用感でしょうか?」って疑問を、解決していきます。

iPhone 12 シリーズには、「mini・無印・Pro ・Pro Max」の4種類の iPhone が登場しました。iOS 版 GarageBand なら、どれがおすすめなのか…悩みますよね?

迷っているあなたのために、今回は iPhone 12 Pro Max で iOS 版 GarageBand が、どんな感じで使えるのか?実際に試してみたので、情報をシェアさせていただきます。

【iOS 版 GarageBand】iPhone 12 Pro Max の使用感について

Iphone12promax gbios siyoukann

iOS 版 GarageBand を、iPhone 12 Pro Max で使ってみた使用感について、まとめてみました。

現在は 6.5 インチの iPhone XS Max をメインで音楽制作で使っています。それと比較した場合に、どんな風に感じるのか?という視点でチェックしています。

後日、より小さいサイズの iPhone シリーズとの比較・考察する記事も予定していますので、しばらくお待ちください。それでは、使用感まとめ、いってみよ〜!

表示される情報量が、ちょっとだけ多い

iPhone 12 Pro Max で、iOS 版 GarageBandを使うと、表示される情報量が、ちょっとだけ多くなっています。

  • 6.5インチに比べて、ピアノ鍵盤の表示が、1つ分多く使える
  • ボタンは大きくなっていないが、表示領域が広がった分んで操作しやすくなっている
  • 6.7 インチの恩恵を受けていると、感じる
  • 両手操作での入力でも、広すぎて困ることはない

0.2 インチ分広くなっているので、iOS 版 GarageBand の使い勝手は向上していますよ。音楽制作は、表示領域が広いだけ有利ですからね。

表示領域については、実際に目で見たほうがいいと思います。下記に、iPhone XS Max と iPhone 12 Pro Max の違いがわかる画像を掲載しておきました。

ぜひ、参考にしてみてください↓

iPhone 12 Pro Max の GarageBand 表示例

Gbios 12promax1

Gbios 12promax2

Gbios 12promax3

Gbios 12promax4

Gbios 12promax5

iPhone XS Max の GarageBand の表示例

Gbios xsmax1

Gbios xsmax2

Gbios xsmax3

Gbios xsmax4

Gbios xsmax5

スピーカーの音が、良くなっている

Speakergood 12promax

iPhone 12 Pro Max で、iOS 版 GarageBandを使うと、スピーカーの音が良くなっているのを感じます。

  • 中域の表現というか、解像度がより一層上がっている
  • 筐体が大きくなって、スピーカーの音質も向上している
  • 音量は十分な大きさを確保できる
  • 包み込まれるような音になるので、作業に没入できる

iPhone 12 Pro Max と比べると、私が使っていた iPhone XS Max のスピーカーは、低音と高音が強くでており、安っぽい音に感じてしまいました。2年間の差があるので、当然の進化かもしれませんね。

iPhone で音楽制作は、イヤホンやヘッドホンがメインだと思いますが、iPhone 1台でサクッと作れるのも醍醐味のひとつです。スピーカーの音質が良くなったというのも、すごくポイントが高いですよ。

ライトニング端子なので、拡張性に変更なし

iPhone 12 Pro Max で、iOS 版 GarageBandを使うと、ライトニング端子のままなので、拡張性に変更はありません。

  • 機材の接続は、問題なし!!
  • できれば、USB Type-C 化してほしかった...
  • 付属のライト二ングケーブルの片方が、 USB Type-C なので注意!!

iPhone 12 Pro Max に搭載されたのは、USB Type-C ではなく、ライトニング端子でした。モバイル DTM 系は、基本的にライトニング端子に最適化されていますが...できれば、USB Type-C に移行して、パソコンと同等の機材を使えるようになりたいものです。嘆いても仕方ないですね。iPhone13 に期待しましょう。

端子類に進化や変更がないので、拡張性の部分では特に心配することはなさそうです。今まで同じように、モバイル DTM の最前線で使えるのが、iPhone 12 Pro Max の強さだと思います。

楽曲作りに、特別影響なし!

Iphone12promax gbios eikyounasi

iOS 版 GarageBand に iPhone 12 Pro Max を選択しても、楽曲作りに影響はありません。

特定の動作でアプリが落ちたり、書き出しができないなどの情報もないと思いますので、安心だと思いますよ。純正アプリなので、問題があっても即対応されるところが、iOS 版 GarageBand の強みですよね。

Audio Units 系は、今回の記事の検証から外していますので、ご了承ください。

ひとつ注意点があるとすれば、付属のライトニングケーブルの片方が USB Type-C なので、Lightning - USB 3カメラアダプタを使用する場合は、別途ライトニングケーブルが必要な場面がでてくるってことですね。オーディオインターフェイスを使用する人は、とくにこの点に注意です。

ただ、ディスプレイが 0.2 インチ大きくなって GarageBand の操作がしやすくなっているところは、他のモデルよりもメリットというか、買いの人押しになるポイントだと思います。手に持った時に、若干の重さを感じますが...モバイル DTM 用途ならば、両手操作が基本ですからね。重さも、問題ないと思います。

まとめ

iPhone 12 Pro Maxで、iOS版GarageBandの使用感まとめ
  • 画面サイズが大きくなって、操作しやすくなった
  • スピーカーの音が良くなった
  • 端子の違いはないけれど付属のケーブルに注意!

iPhone 12 Pro Maxで、iOS版GarageBandはどんな感じになるのか、まとめてみました。

今までと同じ感覚の延長で、安定して使える機材だと思いますので、使用感としてはバッチリいい感じ!ってところでしょうか。

大きな画面サイズが有利な音楽制作に、iPhone 12 Pro Max は最高の相棒になると思いますよ!

そんじゃ、今回はこの辺で!? そのほか、iOS版GarageBand の使い方などお困りの時は、「GarageBand iOSの使い方を徹底解説!!【iPhone・iPad専用】」というマニュアル記事があります。ぜひ、ご活用くださいませ。

サウンドオルビス

3,802,653 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事