【GarageBand iOS】MIDIリージョンをトランスポーズする方法

この記事のURLとタイトルをコピーする
リージョン(GarageBand iOS)

GarageBand iOS で、MIDI リージョンのトランスポーズ(移調)って、どうやるの?って疑問を、解決しています。

大サビや、音楽の展開を変えたいときに使う手法に「転調」があります。半音だけあげたり、ボーカルの音域にあわせてちょっと下げたりなど。

MIDI で打ち込みすることで、あとから移調などかんたんにできるのが、DTM のメリットですよね。

もちろん、GarageBand iOS にもトランスポーズ(移調)機能が備わっていますよ。

というわけで今回は、GarageBand iOSで、MIDIリージョンをトランスポーズする方法を解説します。

GarageBand iOSで、MIDIリージョンをトランスポーズする方法

GarageBand iOSで、MIDIリージョンをトランスポーズする方法を、解説させていただきます。

思いつくところで、3つの方法がありました。それでは、説明いってみよ〜!

【方法1】MIDIリージョンの「設定」から、トランスポーズする

ひとつめは、MIDIリージョンの「設定」からトランスポーズする方法です。

MIDI リージョンの設定画面をだす手順
midiリージョン設定ボタン

  • MIDI リージョンを2回タップ
  • メニューの設定をタップ
  • 設定画面がでてくる

メニュー画面がでてくると、こんな感じになります↓

Gbios midisetting trancepose1

MIDI リージョンのよこにポップで設定画面がでてきました。したの方にある「トランスポーズ」まで、うえにスワイプしてください。

Gbios midisetting trancepose2

MIDI リージョンのトランスポーズは、「オクターブ・半音」からえらぶことができます。

オクターブの意味
  • 2:2オクターブ上げる
  • 1:1オクターブ上げる
  • 0:もとのMIDIリージョンのまま
  • -1:1オクターブ下げる
  • -2:2オクターブ下げる
解説

Gbios octave desc

オクターブって、12音ずつ上下する音のことですよ。たとえばピアノのまんかの「ド(C3)」を基準にすると、オクターブ上げるとド(C4)、オクターブ下げるとド(C2)になります。

GarageBand iOS の場合は、こんな感じのイメージでオクターブ移動できます↓

Midioctave kaisetu1

たとえば、C4〜C5までのあいだを 0 とすると...「+1」は、C5〜C6のあいだに MIDI リージョンの音を上げてくれます。「-1」は、C3〜C4のあいだに、MIDI リージョンの音を下げてくれるんです。

使いどころとしては、シンセサイザーの音源によって打ち込んだ MIDI の音が高すぎたり、低すぎたりしたときに重宝しますよ。

半音の意味
  • +11:11半音上げる(例:シ)
  • +10:10半音上げる(例:ラ#)
  • +9:9半音上げる(例:ラ)
  • +8:8半音上げる(例:ソ#)
  • +7:7半音上げる(例:ソ)
  • +6:6半音上げる(例:ファ#)
  • +5:5半音上げる(例:ファ)
  • +4:4半音上げる(例:ミ)
  • +3:3半音上げる(例:レ#)
  • +2:2半音上げる(例:レ)
  • +1:1半音上げる(例:ド♯)
  • 0:元の音のまま(例:ド)
  • -1:1半音下げる(例:シ)
  • -2:2半音下げる(例:ラ#)
  • -3:3半音下げる(例:ラ)
  • -4:4半音下げる(例:ソ#)
  • -5:5半音下げる(例:ソ)
  • -6:6半音下げる(例:ファ#)
  • -7:7半音下げる(例:ファ)
  • -8:8半音下げる(例:ミ)
  • -9:9半音下げる(例:レ#)
  • -10:10半音下げる(例:レ)
  • -11:11半音下げる(例:ド♯)
解説

リージョンをまるごと、半音ずつ上下に動かすことができます。イメージしづらいかもしれないので、0を「ド」としたときに、その音が実際にはどの音になるのか書いておきました。「12」になると、1オクターブなのでオクターブが +1 になります。

リージョンごとにトランスポーズができるので、とても便利なんですよ。

大サビだけ半音上げるなんてときには、リージョンの設定からトランスポーズをすると便利です。

ここまでで、【方法1】MIDIリージョンの「設定」から、トランスポーズするの解説は完了です。

【方法2】手動で MIDI ノートをトランスポーズする

ふたつめは、手動で MIDI ノートをトランスポーズする方法です。

それでは、実際にやってみましょう。

設定に「トランスポーズ」がでてこない「Smart 楽器(ギター)」の MIDI リージョンを、用意してみました↓

Gbios smartmidi1

出てきたメニューの 編集 を、タップしてください。

Gbios smartmidi5

MIDI 編集画面で、トランスポーズしたい MIDI ノートを選択しましょう。

Gbios smartmidi2

MIDI ノートを選択する方法は、MIDI 打ち込み方法の「MIDI ノートを選択する」を参照してください。

Gbios smartmidi3

MIDI ノートを選択したら、なるべく長めの MIDI ノートの中央にタッチしながら上下に動かしてみましょう。

今回は、半音上にトランスポーズしてみました↓

Gbios smartmidi4

こんな感じで、MIDI ノートを、手動でトランスポーズすることができます。

「ギター」「ベース」「ストリングス」などの Smart 楽器系は、設定に「トランスオーズ」がでないタイプもあります。

そんなときに、手動で MIDI ノートをトランスポーズする方法を覚えておくと、いいですよ。

ここまでで、【方法2】手動で MIDI ノートをトランスポーズするの解説は完了です。

ワンポイントアドバイス

「【方法1】MIDIリージョンの「設定」から、トランスポーズする」では、リージョンの設定だけがかわるので、MIDI ノートはもとの音のまま動かないんです。MIDI リージョンの編集をするときに、実際になっている音にしたい派の方は「方法2」のほうがあっていますので、お試しください。

【方法3】プロジェクト設定の「キー」で、トランスポーズする

みっつめは、プロジェクト設定の「キー」からトランスポーズする方法です。

この方法は、通常の MIDI リージョンでも、Smart楽器の MIDI リージョンでも OK ですよ。

それでは、実際にやってみましょう↓

Gbios projectmidi1

たとえば、KeyC(ハ長調)の MIDI リージョンがあります↓

Gbios projectmidi2

この MIDI リージョンを、プロジェクト設定の「キー」で、トランスポーズしてみます。それでは、画面右上の 完了 をタップして、さいしょの画面にもどりましょう。

Gbios projectmidi3

さいしょの画面右上の Gbios newgear 歯車ボタンをタップしてください。でてきたメニューのキー をタップしてみましょう。

Gbios projectmidi4

「キー」の設定画面が、ポップしてきました。もとが KeyC(ハ長調)だったので...D♭ をタップして、半音上げてみましょう。

それでは、どこでもいいのでリージョンをタップして、設定画面を閉じてください。あらためて、さきほどのリージョンを開いてみると↓

Gbios projectmidi5

KeyC(ハ長調)だった MIDI リージョンが、半音上がって、KeyD♭(嬰ハ長調)になりました。この設定では、プロジェクト全体が KeyD♭(嬰ハ長調)になっているので確認してみましょう。

方法3のメリットは、曲全体をトランスポーズできる点ですね。曲のキーがボーカルの声域とあわないときに、便利です。

リージョン単位で設定すると、「あれ?いま、何キーなんだ?」っていう疑問になることがあります。いちどプロジェクトの設定でトランスポーズしてから、MIDI ノートの音がいくつあがっているかチェックするなんて応用もできるので、試してみてください。

この方法は、プロジェクト曲のキー(調)を変える方法でくわしく解説しています。気になる方は、あわせてこちらの記事もどうぞ↓

【関連】【GarageBand iOS】プロジェクト曲のキー(調)を変える方法

オーディオリージョンをトランスポーズする方法

Gbios audioregion tranceppose

MIDI リージョンだけではなく、オーディオリージョンにもトランスポーズ機能が備わっています。

レコーディングした音素材など、あとから半音だけ上げる必要があった!ボーカルの1音だけピッチがはずれてるから、調節しなきゃ!!

といった悩みを、解消してくれるのがオーディオリージョンのトランスポーズ機能です。

くわしくは、別記事にまとめておきました。あわせて、こちらをどうぞ↓

プロジェクトファイルのバックアップを、お忘れなく!!

MIDI リージョンをトランスポーズするときは、かならずプロジェクトファイルのバックアップを忘れないようにしてください。

パソコンの画面と違って、iPhone・iPad の画面は情報量がすくないです。だから、どうにも音が違う気がするんだよなぁ〜ってなっときに、修正不可能になることがあるんですよ。

わたしはなんど、トランスポーズした MIDI リージョンを見失ってしまったか...涙。

そんな残念かつ悲惨な状態にならないために、さきにあなたにはお伝えさせていただきます。

プロジェクトファイルのバックアップを、お忘れなく!!

っで、プロジェクトファイルのバックアップのやり方は、複製(コピー)をすれば大丈夫です。

くわしいやり方は、こちらの記事を参照してください↓

【関連】プロジェクトを保存する方法記事内「プロジェクトを複製(コピー)する方法」より

あとがき&関連リンク

GarageBand iOSで、MIDIリージョンをトランスポーズする方法を、解説させていただきました。

MIDI リージョンを半音・1オクターブ・自由に設定できるようになると、音楽性にひろがりがでてきます。

なんだか、いよいよ本格的な音楽制作って感じがしてきませんか?さくっとやり方を覚えて、次のステップにすすみましょう!

もう一度、MIDIリージョンをトランスポーズする方法を確認する場合は、下のリンクからトライしてみてください↓

【トライする】GarageBand iOSで、MIDIリージョンをトランスポーズする方法

今回の記事が、あなたの音楽制作のお役に立てましたら幸いです。

そのほか、GarageBand iOS の使い方は、こちらをどうぞ↓

【関連】GarageBand iOSの使い方を徹底解説!!【iPhone・iPad専用】

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ