• HOME
  • 気になるモノ
  • 合成みたいだけど、実在するリュック「Hoverglide(ホバーグライド)」

合成みたいだけど、実在するリュック「Hoverglide(ホバーグライド)」

気になるモノ

引きこもりすぎてサイフ以上の重さが辛くて、いつも手ぶらで出かける  soundorbis です。
あなたもリュックの重さで、思わず座り込み、天を仰いだことが一度はあるはず。

Ruck 重い

できる限り旅も、人生も荷物は少ない方がいいですよね? 今回は、リュックサック自体が浮いて、重さをフリーダムにしてくれる Hoverglideの「ホバーグライド」をご紹介します。

「マジで、雑コラみたいな映像だから見てみて!」

Hoverglideの「ホバーグライド」

Hoverglide2

浮いて重さを感じないフローティングバックパック。その名も、Hoverglide(ホバーグライド)!背中、首、膝に負担なんて、かからないからハイキング、旅行、通勤、トレーニングも怖くありません。

ケガの心配、ないないない!だって、

  • 歩行中は82%
  • 走っている間は86%

も、衝撃を吸収してくれるんです。リュックの上下ゆっさゆっさって、めっちゃ疲れます。だけど Hoverglide(ホバーグライド)があれば、もう安心なんです。

こんなシーンで、抜群の力を発揮

こんなシーンは、誰にでもありますよね? リュックを背負って階段を駆け上がる日々。

Hoverglide5

Hoverglide があれば、こんな階段へっちゃらなんです。ご自慢のガッツポーズが出ました!

Hoverglide6

そして、この顔ですよ。実に満足そう。やりきった男の顔をしています。いい仕事をしましたね。

この表情だけで、

Hoverglide6dash

注文、殺到です。

「緑のシャツを着た外国人が背負っているリュックは、いったいなんなんだ!」
「あれほど勝ち誇れる顔できるリュックを、私にも教えてくれ!」

サポート窓口への電話が鳴り止まないことは、想像に難しくありません。

さて、続いてのシュチュエーションです。

Hoverglide4

きっとあなたにも、湖のほとりを意味もなくリュックを背負い風のごとく走り続けた幼少期がかならずと言っていいほどあるはずです。私にはありました。

真っ青のリュックを背負い、風になろうとした日々が。

Beanie setunai

あぁ、切ない。

ちなみに Hoverglide(ホバーグライド)を背負って、どのぐらいの距離を走り続けられるのかというと、

Hoverglide3

FOREVE(永遠)

内在性カンナビノイド出まくりです。ランナーズハイ!

どこまでも旅行に行けちゃう「Hoverglide(ホバーグライド)」。マジで合成みたいですが、くわしい動きは、ぜひ動画でご覧ください。

Hoverglide の詳細

28L~55L の 4つのスタイル

  • HoverGlide Trekker(ホバーグレードトレッカー)
  • HoverGlide Commuter (ホバーグライドコミューター)
  • HoverGlide Hiker(ホバーグライドハイカー)
  • HoverGlide Tactical(ホバーグライドタクティカル)

仕様

・浮遊負荷テクノロジー(SLT)
特許取得のダブルフレームとプーリーシステム設計を使用して、パックに影響するダイナミックな力を大幅に低減

頑丈で優れた耐久性デザイン
SLTの設計・機能はフィールドテストされており、現在米陸軍と米海兵隊による運用テストを受けています

たっぷり収納/スペース
パックには、さまざまなポケット、スリーブ、メッシュウェッビング、その他のユニークな機能をご用意

耐久性に優れた軽量素材
ファブリックからフレーム、ジッパーとストラップまでトレイルの厳しさに耐えられる材料を厳選、パックの重量も削減

軍用テストで証明済
USマリーン/USアーミ―双方で環境テスト済

通気性がよく快適
ハーネス・ヒップベルトは、閉じたセルフォームを3D「エアメッシュ」で覆い、水分を逃がします

素材
雨や湿気からアイテムを保護する耐久性のある撥水性材料で作られたパック、高品質ハードウェア使用。特にタフな1000Dコーデュラ素材で作られたパックは、重い訓練荷重を必要とする方がウェイトプレートを入れても利用できます

ご購入は、こちら。

image rakunew

記事へのお問い合わせ

soundorbis

178,073 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」。「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、サウンドが彩る刺激的な情報を発信しています。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS