【保存版】インターネット環境が悪いときに試す改善方法

インターネット

「インターネット環境が悪いのですが、どうすれば改善できますか?」って悩みを、解決していきます。

「有線・無線」「中継器・メッシュ Wi-Fi」「設置の仕方」など、パソコンに壊しくない人は、何から手をつけたらいいのかわからないですよね?

インターネット環境の改善って、いろんなことが影響しあっているので、とても難易度が高いですよ。

そこで記事では、当メディアのインターネット環境が、どのような順番で改善されたのかを、まとめてみました。

ぜひ、あなたのインターネット環境改善の参考にしてみてください。

というわけで今回は、インターネット環境が悪いときに試してほしい改善方法を、ご紹介します。

【まとめ】私が試したインターネット環境の改善策

記事の改善策が、参考になる住宅スペック

Net wagayano spec

  • 木造住宅・鉄筋コンクリートあり
  • 30m ほどの縦長タイプの構造
  • 家の端から端で、インターネット環境を整えたい
  • 2階建の1軒家
  • 2階の「和室2」の電話のところに、インターネット回線の光コンセントがある
  • まわりにアパートや1件やなど、Wi-Fi飛ばしてる住宅が多い

※ 当メディアのインターネット環境の改善前の状態を想定していますよ。

インターネット接続の環境をよくするために、私が試した改善策をご紹介します。

当メディアのインターネット環境改善策が、きっとあなたのインターネット環境をよくするためのヒントになるでしょう。

たとえば、二階にある大元のインターネット回線のジャックから、25m ほど離れた1階のスタジオまでネットを接続するような場面で有効的です。

当メディアで改善策を試し、どのような結果になったのかをまとめた内容となっております。環境によって適さない場合もございますので、あくまでも参考程度によんでいただけましたら幸いです。

それでは、いってみよ〜!

【改善策1】インターネット回線を変更する

1つ目の改善策は、インターネット環境が悪いときには、インターネット回線を変更することです。

どれだけ性能がいい無線 LAN 機器を買っても、ハイカテゴリな有線 LAN ケーブルを使っても、インターネット回線のもともとの速度が遅ければ意味がないからです。

たとえば、当メディアでは「auひかり ホーム1ギガ」を契約しています。オンラインゲームやネット配信、大容量のダウンロードコンテンツでも、最大速度 1Gbps あればほとんど問題ありません。むしろ、大満足しております。

【参考】【KDDIのauひかり】auスマホユーザーならさらにおトク!

2021 年になり、最大通信速度「2Gbps・5Gbps・10Gbps」といった超光速通信型のインターネット回線も登場しています。対象のエリアになっていた場合には、ぜひ契約を検討してみるといいかもしれませんね。

1つ目の改善策をまとめるとは、インターネットの回線を変更するということでした。このあたりは、予算も関係してくるので慎重に選択してみてください。当メディアでは、au ひかりを使用しております。

【改善策2】無線 LAN 機器を導入する

Internet express 01

2つ目の改善策は、無線 LAN 機器を導入することです。

無線 LAN 機器を導入することで、インターネット回線に接続したルーターから、インターネットの電波を飛ばすことができるからです。

無線 LAN 機器とは、いわゆる Wi-Fi を飛ばす機械のことですね。(関連:Wi-Fiとは?改めて初心者目線で理解してみた

たとえば筆者は、Apple の「Airmac Express」という無線 LAN 機器を導入しました。

Airmac express gen2
画像:使い込んだ無線 LAN 機器「Apple - Airmac Express」

設置したとなりの部屋や、二階からすぐ下の一階の部屋ぐらいなら快適にインターネットできました。ですが 25m ほど離れた部屋には、パワー不足で届きませんでしたね。

無線 LAN 機器のパワーと飛ばしたい距離を、よく考えて導入しなければなりません。わざわざインターネットがつながる部屋まで、パソコンを運んで作業なんて面倒なことになりかねませんからね。

2つ目の改善策をまとめると、インターネットを Wi-Fi で飛ばすには、無線 LAN 機器が必要で、機器のパワーと距離をあらかじめ吟味する必要があるので注意ってことでした。

そもそも、Wi-Fiってご存知ですか?

「IEEE 802.11・中継器・メッシュ Wi-Fi」など、各メーカーからでている無線 LAN 機器の説明って、聞き慣れない言葉が多くありませんか?

ネットワーク系の言葉って、専門用語だからむずかしいんですよね。まだ情報を自分なりの言葉で、まとめている最中ですが...「Wi-Fi って、そもそもなんだっっけ?」って質問に、答えられない人はぜひこちらの記事をよんでみてください↓

【関連】Wi-Fiとは?改めて初心者目線で理解してみた【解説】

【改善策3】無線 LAN 機器に、中継器を追加する

Internet extreme express01

3つめの改善策は、無線 LAN 機器に、中継器を追加することです。

追加する理由は、Wi-Fi の飛距離を伸ばすことができるからです。すでにご利用の無線 LAN 機器に中継器を追加することで、届かなかった場所に Wi-Fi を届けることができるようになります。

Airmac extreme set
画像:無線 LAN 親機「Apple - Airmac Extreme」

たとえば筆者は、無線 LAN の親機「Apple - Airmac Extreme」+中継機「Apple - Airmac Express」という構成で Wi-Fi の範囲を広げていました。

2つ離れた部屋や、2階から1階の斜め下の部屋に Wi-Fi を飛ばす場面で、安定したインターネット環境を用意することができますよ。

2つ目の改善策をまとめると、1台の無線 LAN 機器でパワー不足の場所には、中継器を利用することで Wi-Fi の電波が届くようにできますよってことでした。

【改善策4】電波強度にあわせて、無線 LAN 機器の場所をかえる

4つめの改善策は、電波強度にあわせて、無線 LAN 機器の場所をかえることです。

なぜなら、無線 LAN 機器の置く場所によって、Wi-Fi の届く範囲や強さがちがってくるからです。

たとえば、無線 LAN 親機と子機の距離や高さをかえることで、通信速度や途切れやすさを改善させることができます。

一例をあげると、無線 LAN 機器を窓の近くに置いたりすると、窓の外に電波が逃げたり、直射日光で熱暴走して通信品質が不安定になります。設置方法については、Wi-Fi機器でおなじみのメーカー「エレコム」さんの解説が勉強になるので、ぜひ目を通してみてくさい↓

【参考】やってはいけないWi-Fi(無線LAN)の設置方法とは?- エレコム

設置場所の変更や、アルミホイルで電波強化など、試してみた記事がありますので、あわせてこちらの記事もよんでみてください↓

無線 LAN 機器の置き場所1つで、Wi-Fi の飛び方が全然ちがいます。ぜひ、いろいろ試行錯誤してみて下さい。

3つ目の改善策をまとめると、インターネット環境が悪い時には、無線 LAN の設置場所を電波強度にあわせて変更することで、改善する場合がるってことでした。

【改善策5】無線 LAN 機器「メッシュ Wi-Fi」を導入する

5つ目の改善策は、無線 LAN 機器「メッシュ Wi-Fi」を導入することです。

メッシュ Wi-Fi を導入する理由は、Wi-Fi のインターネット可能エリアを、中継器よりも広く拡張していけるからです。

ちなみにメッシュ Wi-Fi とは、親ノード(親機)と子ノード(サテライト)と呼ばれる無線 LAN 機器同士が、相互にネットワークエリアを構築するシステムです。

中継器の場合は、デバイスによって1〜2台ほどしか拡張することができませんでした。メッシュ Wi-Fi なら、9台ほど拡張できるエリアを広げたい人向けのシステムとなっています。

Linksys velop dual review icatch

たとえば筆者は、メッシュ Wi-Fi 「Linksys Velop」を導入してみました。使い心地をレビューした記事がありますので、気になった人はよんでみてください↓

【関連】Linksys Velop徹底レビュー!!手軽さこそ正義だ

5つ目の改善策をまとめると、メッシュ Wi-Fi を導入することで、どんどん子機を拡張できるので、広い家の人におすすめの改善方法ってことでした。

ワンポイントアドバイス

メッシュ Wi-Fi をリリースしているメーカーがたくさんあるため、どれを選んでいいのかわからないですよね?そこで、どのメーカーが、どんなメッシュ Wi-Fi 機器をリリースしているのかまとめてみました。さらに、デュアルバンドやトライバンドの違いなど記事にしてみましたので、興味の湧いた人はぜひチェックしてみてください。

【改善策6】Wi-Fi アダプターを使う

Wi u2 433dhp antena04

6つ目の改善策は、Wi-Fi アダプターを使うことです。別名「無線 LAN 子機」ともよばれていますよ。

デスクトップパソコンに無線 LAN アンテナが搭載されていないときに、USB に接続するだけで Wi-Fi が使えるようになるからです。

たとえば、インターネット回線を契約して、無線 LAN 機器を導入したのに、Wi-Fi の電波をキャッチできないときには、そもそもあなたのパソコンに無線 LAN のアンテナが搭載されていない可能性があります。

Wifi disappear solution

また古いノートパソコンの場合には、無線 LAN アンテナを認識できなくなる事例もありました。

一例をあげるとすると、友人から「一体型パソコンが、Wi-Fi に接続できないんだけど?」って相談を受けたので、解決方法を模索したことがありました。

パソコンの Wi-Fi マークが消えたので、何事かと思いましたが、やっぱり無線 LAN アンテナを認識できなくなっていたようでした。そのときの様子を、詳しく記事にしていますので、同様の症状でお困りの方は、ぜひ読んでみて下さい↓

【関連】パソコンのWi-Fiが消えた!!修理前に試した解決方法

Wi u2 433dhp appearance01

そんなときに USB 端子に直接接続する無線 LAN 子機(Wi-Fiアダプター)というアンテナ機器なんです。

当メディアでも、Wi-Fiアダプターの実機バッファロー「WI-U2-433DHP」お使い方とレビュー記事をご用意しております。初心者にもわかりやすい良品だったので、おすすめですよ↓

6つ目の改善策をまとめると、無線 LAN 機器で Wi-Fi を飛ばしているのに電波をキャッチできない時には、Wi-Fi アダプターを使ってみよう!って内容でした。

【改善策7】インターネットを、有線接続する

Lancable wiring01

7つ目の改善策は、インターネットを有線接続することです。

なぜなら、有線接続することで、インターネット通信速度や通信品質が、圧倒的に改善させることができるからです。

たとえば、無線 LAN 親機のある部屋から 25m 離れた筆者の部屋で、インターネット通信速度を計測してみると、4倍ぐらいの差が出ていました。

目安として、無線 LAN 環境の「ダウンロード速度 100Mbps」が、有線接続にすると「ダウンロード速度 400Mbps」ぐらい違います。無線 LAN 機器と近い場合には、通信品質の安定化の方がメリットあるかもしれません。

Ercielook flat50 01

当メディアでは、長い距離を有線 LAN ケーブルで接続するために、50m タイプを使用しています。どんなケーブルが必要になるのか気になる人は、読んでみて下さい↓

【関連】Ercielookの有線LANケーブル50m【買ってみたレビュー】

また、インターネットを有線接続するには工事が必要だと考えている人もいるのではないでしょうか?壁裏に入れる必然性がなければ、筆者のようにDIY で自分で繋げることができます。

そのときの様子をまとめた記事がありますので、詳しくはこちらをどうぞ↓

【関連】インターネットを二階から、有線工事なしで繋げてみた!!

7つ目の改善策をまとめると、インターネットを有線接続することで、Wi-Fi の電波改善で悩んでいたことが嘘のように改善されるのでおすすめですよ!って内容でした。

【改善策8】有線 LAN アダプターを使う

BUFFALO LUA4 U3 AGTE NBK appearance

8つめの改善策は、有線 LAN アダプターを使うことです。

なぜなら、インターネットを有線接続するときに、「LAN ポート」がない「パソコン・iPhone・iPad・ゲーム機」でも、有線 LAN ケーブルで接続できるようになるからです。

Usbadapter switchdock01

たとえば、Nintendo Switch(任天堂スイッチ)を、有線 LAN アダプターで有線接続することで、ラグや回線落ちを回避することができるようになります。

Nintendo Switch のドックには LAN ポートがないため、有線 LAN アダプターを背面の USB に差し込むことで、有線 LAN 接続できるようになります。

Iphone laninternet overall01

また iPhone・iPad で、Lightning USB3 カメラアダプタを介して有線 LAN アダプターを接続することで、インターネットに有線接続できるようになります。

通信速度よりも、通信品質の安定化を目指す人におすすめです。電波環境に左右されず安定してインターネット環境を良くすることができますよ。

ここが重要なのですが、有線 LAN ケーブルには、相性問題があります。だから、使用する機器によって使える有線 LAN アダプターを見つける必要がります。

ここだけ聞くと難しく聞こえますが、ご安心ください。当メディアで使用した有線 LAN アダプターが、どのデバイスに接続できたのか解説した記事をご用意しております。

詳しい接続方法や、有線 LAN アダプターのレビューなど、あわせてこちらの記事も、読んでみてください↓

【改善策9】スイッチングハブを使う

Baffalo switchinghub LSW6 GT 5EPL

9つめの改善策は、スイッチングハブを使うことです。

改善策7・8で、有線 LAN でインターネットを接続しようとすると...1本の有線 LAN ケーブルに、1つパソコンにしか接続できませんよね?

そんなときに役立つのが、スイッチングハブと呼ばれる製品です。インターネット有線 LAN ケーブルを、分岐してくれる役割をはたしてくれるんですよ。

インターネットの有線 LAN を引っ張ってきたときに、パソコン・ゲーム・スマホといった複数の機器がある場合には、筆者もつかっているバッファローの「LSW6-GT-5EPL」が、気軽に使えてオススメですよ。

詳しい使い方は、別記事で解説しています。気になった人は、こちらの記事をごらんください↓

【関連】バッファロー「LSW6-GT-5EPL」の使い方解説【簡単】

インターネット環境の改善策を、試した結果...

2021/01/29 現在のインターネット環境
Internet environment 20210129

  • メッシュ Wi-Fi で、広範囲に無線 LAN インターネットに接続できる環境を構築
  • 有線 LAN 接続で、オンラインゲームや業務用パソコンの通信品質を安定化
  • 各種アダプターで、柔軟なインターネット環境を構築

インターネット環境が悪いときに試す改善方法を、試した結果...とてもインターネットが快適になりました。

家族からインターネットが途切れるという声も聞こえないですし、絶対にインターネットが途切れて欲しくないデバイスの通信品質も確保できるようになったからです。

たとえば、家中どこでも Wi-Fi の電波強度が十分に確保され、オンラインゲームなども遅延なく楽しむことができる環境になったことで、本当にインターネット関連のストレスがなくなりましたよ。

ちなみに当メディアのインターネット環境の現状は、「メッシュ Wi-Fi」と「有線 LAN 接続」の2つを使用しています。

2つのインターネット環境を作っている理由は、モバイル端末の利便性のためにメッシュ Wi-Fi を使用し、通信品質と高速化のために「有線 LAN 接続」を使用するためですね。

「無線・有線」にこだわらずに、目的にあわせてインターネット環境を構築することで、ストレスのない環境を構築することができるようになりますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね!!

まとめ

インターネット環境が悪いときに試す改善方法まとめ

  • 【改善策1】インターネット回線を変更する
  • 【改善策2】無線 LAN 機器を導入する
  • 【改善策3】無線 LAN 機器に、中継器を追加する
  • 【改善策4】電波強度にあわせて、無線 LAN 機器の場所をかえる
  • 【改善策5】無線 LAN 機器「メッシュ Wi-Fi」を導入する
  • 【改善策6】Wi-Fi アダプターを使う
  • 【改善策7】インターネットを、有線接続する
  • 【改善策8】有線 LAN アダプターを使う

インターネット環境が悪いときに試す改善方法について、ご紹介させていただきました。

2010 年から、当メディアが試してきた改善方法です。きっとあなたのインターネット環境も、今回の内容を参考にすれば、改善するはずですよ。

現在進行形で、さらにインターネットの環境をよくするために、試行錯誤の真っ最中です。新しいことがわかり次第、情報を追記していきますのでお楽しみに!!

今回の記事が、インターネット環境を改善したいと思っている全ての人にとって、参考になっていたらうれしいです。それでは、今回はこの辺で!?

そのほか、サウンドテック・ラボの管理人がまとめたガジェット記事も、あわせてご覧ください↓

【関連】音楽ブロガーが気になるガジェット

サウンドオルビス

5,922,024 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事