iPadでDTMする時代。音楽制作アプリはどこまで進化したのか?

作曲アプリ

時代の流れはモバイル端末で直感的に作業をこなす方向に、すっかりシフトしています。

最近の学生は、パソコンのキーボード文字入力も苦手だなんて話も聞きますからね。

これは過去よりも、あたしい時代をうけ入れるしかありません!

サウンドオルビス
サウンドオルビス
iPad で DTM 音楽制作する時代に、乗り遅れるな!

というわけで今回は、iPad で DTM 音楽制作が、どこまで進化したのか調べてみました。

iPad の DTM アプリを調査!音楽制作アプリは、どこまで進化した?

Iphone music app eye

iPad の DTM アプリを、どこまで進化したのか調査してみましょう。

モバイル音楽制作でも、まず DAW が必要です。iPad では、アプリがその役割をしてくれます。

iPad の作曲アプリの現状をしらべてみました。iOS アプリなので、iPhone と共用ですね。詳細はこちらの記事をどうぞ↓

本当に使える?iPhoneで音楽を作る作曲アプリ徹底調査

※ iPad 専用アプリの記事は現在、鋭意執筆中です。


iPad でつかえるモバイル DTM 機材は、どこまで進化した?

モバイル DTM 機材は、どこまで進化しているのでしょうか?

各社がモバイル DTM に対応した機材を、リリースするようになっています。

これから DTM を始める方は、まずはモバイル DTM 機材から入る〜なんて人もふえてくると思いますよ。

MIDIキーボードの進化

iPad で DTM 時代に、Bluetooth で使える MIDI キーボードが登場しています。

作曲アプリの音を鳴らすために、MIDI キーボードは欠かせません。

Bluetooth で iPad と接続することで、パソコンとかわらず演奏できるんです。有線で DTM する時代が、昔話になる日もちかいかもしれませんよ。

KORG さんから標準でワイヤレス MIDI キーボードなんて、まさに進化だと思いますね。

【関連】ワイヤレスは正義!Bluetooth対応MIDIキーボード12選


MIDIインターフェースの進化

MIDIインターフェースも、進化しています。

2019年現在だと、MIDI インターフェースも Bluetooth 接続できるんです。

ただ進化するだけではなく、古い MIDI キーボードでも、iPad で使えるようになるんですよ。

機材をながくつかえるから、エコな現代にあわせて進化と言えるかもしれません。

MIDI コントローラーの進化

ミキシングや、パッドなど。MIDI コントローラーも、進化しています。

さまざまな DTM 機材が無線化することで、iPad に接続することができるようになっています。

モバイル DTM 機材は、ほんと進化してきてるんですよ。同時にパソコンでも使えるので、DTMer にとっては嬉しい流れですよね。

iPad Pro 12.9 インチ登場で、時代が動いた

2015 年の iPad Pro 12.9 インチ登場で、モバイル DTM の時代が動いたと思っています。

2015年当時、モバイル端末でプロユース作業できることに、期待で心がおどりましたよ。

Apple も「iPad Pro CM で、「What's a compiter?」なんて、おもしろく挑戦的な CM を打ちだしてましたからね。

いまでは iPad Pro だけじゃなくて、iPhone ですら、本格的なモバイルDTMできる時代に突入しています。

モバイル DTM の進化の瞬間に立ち会えていることに、感謝ですよ。

2014年のモバイル制作環境を振り返る

iPad Pro 12.9 インチ登場まえ、2014年のモバイル制作環境を振り返ってみました。

正直 2014 年ごろは、モバイル制作環境に、まったく魅力がありませんでした。

2014年ごろの モバイル DTM といえば...
  • MIDIをオーディオに書き出しできなかった
  • トラック数に制限があった
  • 音源の数が圧倒的に少なかった
  • アプリの数が少なかった
  • パソコンと同じようなUIを目指している感じだった
  • ...などなど。

気軽にはじめられるモバイルなのに、ストレスがかかるそんな時代。

サウンドオルビス(@soundorbis)も、なんどかパソコンだけの音楽制作から、モバイルに移行しようと挑戦していたんです。

Twitter で宣言するたびに、やっぱり安定性ややりたいことができず、3回ぐらい挫折したんですよ。これ内緒です。笑

2019年になり、アプリ・機材・安定した環境になってきました。

モバイル制作環境に挑戦するには、いよいよいい時期だと実感しています。

2019年以降の音楽制作の未来予想

かなり現実的なモバイル DTM が、実現できると予想しています。

具体的にいうと、iPad とパソコンでは、まったく違う DTM の進化をするのではないかと思っています。

  • iPad で DTM:パソコンより、まったく違うアプローチで曲作り。ジャイロやARなど、より直感的で独創的な進化を遂げる。
  • パソコンでDTM:人工知能・VR・MR など、いままでの DTM 音楽制作+α の流れで進化していく

あくまでも個人的な予想ですが、モバイル DTM の業界が、ますますおもしろくなっていくと思っています。

サウンドオルビスも、あたらしい時代を見越してモバイル DTM で 100 曲チャレンジをはじめています。

モバイル DTM で、実際にどんな曲が作れるのか気になる方は、こちらの記事もどうぞ↓

【関連】GarageBand iOS で、どこまでできる?100曲作って検証中


まとめ

iPad で DTM が、どこまで進化したのか調べてみました。まとめると、こんな感じ↓

まとめ
  • iPad Pro 12.9 インチ登場で、時代が動いた
  • 音楽制作アプリは、進化している
  • モバイル DTM 機材の進化が、すごい
  • 2019年は、モバイル制作環境に挑戦するにはいい時期

iPad で DTM なんてできるのかな?なんて思っていた時代が、ほんとうに懐かしいです。

パソコンで DTM をはじめるよりも、安価にスタートできるので、ぜひ気軽に挑戦してみてほしいですね。

iPhone・iPad なら、GarageBand iOS という Apple 純正の無料 DAW アプリがあるので、初心者にもおすすめです。

GarageBand iOS の使い方なら、当ブログで徹底解説しています。もし迷ったときは、のぞいてみてください!

そのほか、モバイル DTM について、もっと知りたいぞ!って方は、あわせてこちらの記事をどうぞ↓

【関連】
これからはじめるモバイルDTM【iPhone・iPad・Android】

GarageBand iOSの使い方を徹底解説!!【iPhone・iPad専用】

サウンドオルビス

3,091,615 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事