iPadでDTMする時代。音楽制作アプリはどこまで進化したのか?

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM

時代の流れはモバイル端末で直感的に作業をこなす方向に、すっかりシフトしています。

最近の学生は、パソコンのキーボード文字入力も苦手だなんて話も聞きます。

これは過去よりも、あたしい時代をうけ入れるしかありません。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
「iPhone・iPad で音楽制作する時代に、乗り遅れるな!」
助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
はい!!先生。どこまでも、ついていきます!

というわけで今回は、iPhone/iPadで音楽制作がどこまで進化したのか、調べてみました!

モバイル音楽制作アプリは、どこまで進化した?

モバイル音楽制作アプリが、どこまで進化しているのか、気になりますよね?

音楽制作アプリ・DTM 機材など、モバイル音楽制作について、いっしょに確認していきましょう。


iPad・iPhone アプリを調査

Tukaeruiphonemusicmakeapp

モバイル音楽制作でも、まず DAW が必要です。

iPhone・iPad では、アプリがその役割をしてくれます。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
助手くん、アプリのほうは調べてくれたかね?
助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
はい先生!!もちろんです。
サウンドオルビス
サウンドオルビス
いい仕事だね。それじゃあ、実際につかってみよう!

というわけで、iPhone の作曲アプリの現状をしらべてみました。

詳細は、こちらをどうぞ↓

Android アプリを調査

Android アプリは、iOS よりも再生遅延の問題が残っており、モバイル DTM に厳しい状況があります。

お使いの端末により、音がでるまでの時間にばらつきが出てしまうようです。

無料のアプリもありますが、広告が途中表示されるため、曲作りの妨げになるなぁ〜と調査しながら感じています。

※記事は、鋭意準備中。


モバイル DTM 機材は、どこまで進化した?

iPhone・iPad で音楽制作というと、手軽なイメージを持ってしまいますよね。今は違うんです。DTM の機材も進化しているんです。

これから DTM を始める方は、モバイル環境に対応した機材を揃えていく必要があるかもしれません。


MIDIキーボード

iPhone・iPad の時代を見越して Bluetooth で使える MIDI キーボードに進化しています。

音楽制作に欠かせない MIDI キーボード。

現在は Bluetooth で、無線接続できます。

KORG からは標準で Bluetooth 接続の MIDI キーボードが、発売されています。

有線で DTM する時代はが、古い時代の産物となる日も近いかもしれません。


インターフェースの充実

現在は、MIDIインターフェースですら Bluetooth で無線接続できるようになっています。

古い MIDI キーボードでも、iPhone・iPad で使えるようになりました。

助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
...先生!!機材を、ながく使えますね!
サウンドオルビス
サウンドオルビス
エコな現代に、ぴったりさ。

MIDI コントローラーの進化

ミキシングや、パッドなど。

MIDI コントローラーも、無線化しています。

モバイル DTM 機材は、ほんと進化してきてるんです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
モバイルDTM機材は、同時にパソコンでも使えるぞ!
助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
飛び道具として、無駄にならないのがいいですね。

iPad Pro 12.9 インチ登場で、時代が動いた

2015 年に発売された、iPad Pro12.9 インチ。

モバイル端末でプロユース作業できる期待に、胸おどりました。

Apple も、おもしろい CM を打ちだしてましたね↓

今思えば、あの瞬間に時代が動いた気がしています。

いまでは iPad Pro だけじゃなくて、iPhone ですら、モバイル音楽制作できる時代に突入しました。

助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
時代を感じたいです。先生!!
サウンドオルビス
サウンドオルビス
iPad Pro で、未来を感じるんだ!

2014年のモバイル制作環境を振り返る

2014年ごろは、モバイル制作環境に、まったく魅力を感じませんでした。

何かをしたくても、できない!

例えば
  • MIDIをオーディオに書き出しできなかった
  • トラック数に制限があった
  • 音源の数が圧倒的に少なかった
  • アプリの数が少なかった
  • パソコンと同じようなUIを目指している感じだった
  • ...など。

気軽にはじめられるモバイルなのに、ストレスがかかるそんな時代。

2019年になり、アプリ・機材・安定した環境になってきました。

モバイル制作環境に挑戦するには、とてもいい時期だと思いますよ。

2019年以降の音楽制作の未来予想

かなり現実的なモバイル DTM が、実現できると予想します。

助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
先生!!どう変わると、お考えですか?
サウンドオルビス
サウンドオルビス
モバイルとパソコンで、まったく違う進化をするんじゃない?

こんな感じで、変わっていくと予想しています↓

  • モバイル:パソコンとは、まったく違うアプローチで曲作り
  • パソコン:人工知能・VR・AR で音楽制作が進化していく
助手くん /画像:CHARAT
助手くん /画像:CHARAT
なるほど!!これは、メモだぁーー!!
サウンドオルビス
サウンドオルビス
助手くんは、マジメだな〜(笑)。


( ̄☆:*:・≪チュドーン!!≫・:*゚☆ω ̄)・;'.、グハッ!

チビおるびす
チビおるびす
あくまでも、予想だぞ!!※時間制限で、イケメン終了。

まとめ

音楽制作アプリが、どこまで進化したのか調べてみました。まとめると、こんな感じ↓

まとめ
  • iPad Pro 12.9 インチ登場で、時代が動いた
  • 音楽制作アプリは、進化している
  • モバイル DTM 機材の進化が、すごい
  • 2019年は、モバイル制作環境に挑戦するにはいい時期

iPad で DTM なんてできるのかな?なんて思っていた時代が、ほんとうに懐かしいです。

そのほか DTM 音楽制作の記事は、こちらをどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,441,123 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS