• HOME
  • iPad , iPhone
  • iPhone/iPadでDTMする時代。音楽制作アプリはどこまで進化したのか?

iPhone/iPadでDTMする時代。音楽制作アプリはどこまで進化したのか?

iPad

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。

時代の流れはモバイル端末で直感的に作業をこなす方向に、すっかりシフトしています。最近の学生は、パソコンのキーボード文字入力もできないそうです。これは過去を引きずるよりも、私たちが新しい時代を受け入れなければなりません。

今回は、iPhone/iPadで音楽制作がどこまで実用的になっているのかを、様々な記事を紹介しながら分析する記事となっております。音楽制作アプリ・機材・書籍など、最先端で使える情報をまとめましたので、参考にしてください。

「iPhone・iPad で音楽制作する時代に、乗り遅れるな!」

12.9 インチの iPad Pro が登場してから、時代は動いた。

2015 年に iPad Pro12.9 インチが発売されました。当時モバイル端末で、プロユースの作業ができるのでは? という期待に胸が踊りました。Appleもそれを見越してか、上記の CM を打ち出してましたね。

今思えば、あの瞬間に時代が動いた気がしています。いまでは、iPad Pro じゃなくて iPhone でモバイル音楽制作できちゃう時代に突入しております。

時代を感じたいですか? 中古でも良いので、iPad Pro や iPhone を入手して未来を感じておきましょう。

音楽制作アプリは、どこまで進化した?

Tukaeruiphonemusicmakeapp

音楽制作では、まず DAW というホストアプリケーションが必須です。それは iPhone・iPad でも同じです。その他にも、シンセサイザーアプリや、ソフトウェア音源など、用意すべきものがあります。

1つずつ調査しながら、必要なアプリを厳選しております。用意のできた方は下の記事をごらんください↓

iPhone・iPad で使えるモバイル DTM 機材は、どこまで進化した?

iPhone・iPad で音楽制作というと、手軽なイメージを持ってしまいますよね。今は違うんです。DTM の機材も進化しているんです。

これから DTM を始める方は、モバイル環境に対応した機材を揃えていく必要があるかもしれません。

iPhone・iPad の時代を見越して Bluetooth で使える MIDI キーボードに進化しています。

音楽制作に欠かせない MIDI キーボード。

KORG からは標準で Bluetooth 接続できる MIDI キーボードが、発売されています。

iPhone・iPad で DTM 時代のインターフェースも充実してきてる。

ワイヤレスMIDIインターフェース mi.1 [Rev.3]
QUICCO SOUND株式会社 売り上げランキング: 3,622

さらにワイヤレス MIDI インターフェースを使えば、古い MIDI キーボードでも iPhone・iPad で使うことができるようになります。

充電不要で、お値段も 5000 円前後とお手ごろ。

「plugKEY」はオーディオインターフェースもあり、MIDI インターフェースでもあります。さらにスピーカーやミキサーに流すこともできます。

有線だから、安定しているのも特徴です。

MIDI コントローラーまで進化してる。iPhone・iPad で DTM 本当にできるんだよ!

KORG MIDIコントローラー USB・ワイヤレス対応 nanoKONTROL Studio
KORG (2016-04-24)
売り上げランキング: 9,784

MIDI コントローラーだってあります。ぐりぐりしたり、ミキシングだって思いのまま。

モバイル DTM 機材は、ほんと進化してきてるんですよ。マジですごいから。

2014年ごろを振り返る個人的iOS音楽制作

いやぁ〜調べてみたら、かなり現実的なモバイル DTM が実現できそうです。

最終的な仕上げが Mac とかじゃなくて、方向性が違うことになっていきそうな予感がします。

  • iPhone・iPad で DTM:これまでの DTM 作業がモバイル環境でできるようになる
  • Mac で DTM:人工知能や VR 空間での音楽制作など、処理パワーが必要な DTM 作業のみ

こんな感じかな。既存の作業がモバイル環境でできるようになり、Mac でやるのが逆に新しいこと。みたいなイメージです。伝わります?

iPhone・iPad で DTM 音楽制作に興味を持ったり、本気で挑戦しようと思ったのが iPhone6 のときでした。2014年ぐらい。

あの頃は正直に言って、全く魅力を感じませんでした。何かをしたくても、それができない!ということにストレスがかかるそんな環境でしたが…

これだけアプリが充実し、機材もワイヤレスでつながり安定した物が増えてきたので改めて挑戦するにはいい時期だと思い、今回記事を書きながら自分はどれを導入しようかと考えておるわけです。

つまり、今回の記事は忘備録なわけですね笑。

同じようなことを考えている方が、今後迷わないように随時更新していきたいと思います。

まとめ

iOSデバイス、iPhone/iPadで音楽制作して、リリースできるレベルのことができるように早くなれたら、それだけで優位性が抜群ですね。soundorbisも数年後、ここの分野で高品質なフリーBGM作っている人!

っていうブランディングができたら嬉しいな。というわけで、今回はここまで!

記事へのお問い合わせ

soundorbis

178,125 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」。「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、サウンドが彩る刺激的な情報を発信しています。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS