iPhoneとオーディオインターフェイスの接続方法。必要なものは?

オーディオインターフェイス
この記事のURLとタイトルをコピーする

「iPhone とオーディオインターフェイスって、接続できるの?」って疑問を、わたしの検証結果で解決していきましょう!

iPhone で DTM をやりたいとおもったときに、オーディオインターフェイスをどうやって接続するのか悩みますよね?

オーディオインターフェイスとは、録音・レコーディング・モニタリングのために接続する機材のことです。

マイクやギターは、iPhone の Lightning(ライトニング)端子には、直接接続することができませんん。オーディオインターフェイスの USB 端子と変換アダプタをさして、直接つながれば問題ないのですが...そう簡単にはいかないんですよ。

それじゃあ、接続する方法ってないの?
安心してください。ちゃんとありますよ!
管理人
管理人

iPhone とオーディオインターフェイスを接続には、必要なものがあったり、接続方法にひとクセありますが、検証の結果ちゃんと接続できたのでご報告させていただきます。

というわけで今回は、iPhoneとオーディオインターフェイスの接続方法を、わかりやすく解説していきます。

オーディオインターフェイスと iPhone の接続に、必要なものは?

Necessities

オーディオインターフェイスと iPhone の接続に、必要なものについて解説します。

今回の検証で使用したもので、必要になったものとをまとめてみると、こんな感じでした↓

接続に必要なもの

Iphone audioif needthings

  • iPhone 本体
  • オーディオインターフェイス本体(iPhone 対応が望ましい)
  • オーディオインターフェイスの付属 USB ケーブル
  • 変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」
  • Lightning(ライトニング)ケーブル(電源供給のため)
  • モバイルバッテリー・電源アダプタ
  • モニタリングヘッドホン・スピーカー
  • 楽器(ギター・マイクなど)+楽器用ケーブル

けっこう必要なものが多いので、シンプルに作業デスクをつくりたい場合は、素直にパソコンを使用した方がいいかもしれません。

それでも、iPhone 一台で音楽をつくることには、ロマンがある!

というわけで。気合を入れて、ひとつずつ解説していきましょう。

必要なアイテム点数、やっぱり多い?

パソコンで接続するよりも、アイテム点数がおおいですよね。iPhone から各機材に、電源を供給できないからしょうがないんですよね。

ですが、iPhone と「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」があれば、パソコンと同様のクオリティのレコーディングができるって、すごくロマンあふれませんか?

iPad Pro が USB Type-C になったことで、電源供給できるようになっているはずなので...iPhone 12 で、USB Type-C に対応してくれることを期待したいところです。いつか、iPhone だけでオーディオインターフェイスに接続できる日が来ることを...

1.iPhone 本体

iPhone XS Maxの画像

ひとつめに必要なものは、iPhone 本体です。

2020年4月30日現在、iPhone 11(無印・Pro・ Pro Max)までリリースされており、搭載されているのは Lightning(ライトニング) 端子となっています。

ちなみに今回は、iPhone XS Max でオーディオインターフェイスと接続していきますよ!端子はもちろん、Lightning(ライトニング) 端子です。そろそろ、iPhone 12 ぐらいから端子が変わる気がしているので...そうなったら、また再検証ですね。

ワンポイントアドバイス
Lightning(ライトニング)端子は、iPhone 5 以降のモデルで搭載されるようになりました。参考:iPhone 5 - Wikipedia

2.オーディオインターフェイス 本体

M-Track 2X2の画像

ふたつめに必要なものは、オーディオインターフェイスです。

基本的には、iPhone・iPad に対応していると、メーカー公式で表記があるモデルだといいですね。たとえば、TASCAM(タスカム)さんの「for Windows」「for Mac, iOS」の表記だったり、Steinberg(スタインバーグ)さんの「iOS/iPadOS 対応 CC モード」の表記が、目印ですね。

ちなみに今回の検証では、M-AUDIOの「M-Track 2X2」というオーディオインターフェイスを使用させていただきました。

じつはこれ...公式には iPhone・iPad に対応しているとは表記されていないモデルなんですよ。だからこそ、実験する意味がある!

3.オーディオインターフェイスの付属 USB ケーブル

みっつめに必要なものは、オーディオインターフェイスの付属 USB ケーブルです。

これは、オーディオインターフェイスと、「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」を接続するためにつかいます。

「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」側が、USB Type-A の形状をしているので、それにあわせるケーブルをご利用ください。今回つかっているM-AUDIOの「M-Track 2X2」には、「USB Type-C to USB Type-A」のケーブルが付属していたので助かりました。

4.変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」

Lightning tousb3 camera adapta3

よっつめに必要なのは、変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」です。

これ、今回の検証の要になるたいせつなアイテムです。これがないと、iPhone とオーディオインターフェイスを接続することができません。

変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」の前のモデルがあります。しかし「Lightning - USBカメラアダプタ」だと、オーディオインターフェイスに給電ができないため、使用することができないんですよ。

iPhone とオーディオインターフェイスを接続するときには、変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」とおぼえておきましょう。

5.Lightning(ライトニング)ケーブル

いつつめに必要なものは、Lightning(ライトニング)ケーブルです。

ケーブルのLightning(ライトニング)端子側を、「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」に接続します。反対側の USB Type-A 側をモバイルバッテリーや、電源アダプタに接続する必要があります。

Lightning(ライトニング)ケーブルは、オーディオインターフェイスに電源を供給するために使用します。iPhone を購入した際に付属していたもので構わないので、用意しておきましょう。

6.モバイルバッテリー・電源アダプタ

むっつめに必要なものは、モバイルバッテリー・電源アダプタです。

今回の検証では、Anker の「Astro M3 13000mAh AK-79ANM3-WA」モバイルバッテリーを、つかっています。

電源コンセントをひっぱってこれるなら、電源アダプタを使用して接続することもできます。

電源アダプタは、iPhone 付属のものもしくは、iPad に付属するタイプの大きいアダプタの方がいいのかもしれません。モバイルバッテリーですと、どうしてもバッテリー切れの心配がありますからね。

7.モニタリングヘッドホン

sony mdr-900stの画像

ななつめに必要なものは、モニタリングヘッドホンです。

iPhone とつないだオーディオインターフェイスに、モニタリング機材を接続してください。今回は、SONY の「MDR-900ST」」を接続してみました。

もちろん、アウトプットの出力にモニタリングスピーカーをつないでいても大丈夫です。ご利用の環境にあわせて、オーディオインターフェイスに好きなモニタリング機材をつなげて OK ですからね。

検証ではわかりやすく、ヘッドホンだけ接続していますよ!

8.楽器(ギター・マイクなど)+楽器用ケーブル

Guitar BLITZ BY ARIAPROII

やっつめに必要なものは、楽器(ギター・マイクなど)と楽器用ケーブルです。

さいごに、オーディオインターフェイスに楽器を接続したら完了です。検証では、エレキギターでレコーディングできるかやってみましたよ。

後日追記する予定ですが、コンデンサーマイクを接続してファントム電源をいれても、ちゃんと駆動できたのでびっくりでした。

iPhone とオーディオインターフェイスの接続方法

Gbios aif cameraneed
写真:iPhone とオーディオインターフェイスを接続した状態

iPhone に接続したオーディオインターフェイスで、ギター・マイクを接続する方法を、解説していきます。

必要なものを用意したら、いよいよ接続していきましょう。上記の写真を参考に、iPhone とオーディオインターエフィスを接続してみましょう。

iPhone とオーディオインターフェイスの接続図
エレキギターモバイルバッテリー
↓シールド
↓Lightning ケーブル
オーディオインターフェイス
↓→
付属ケーブル
Apple Lightning - USB 3 カメラアダプタ
ヘッドホンiPhone

接続した状態を図で表すと、こんな感じになります。各ケーブルなどを、端子に接続できたら作業完了ですね。

ここまでくれば、あとは録音・レコーディングするだけです。といっても、ふだんパソコンで使っている DAW は iPhone で使えません。

次の見出しでは、わたしが普段つかっている iOS 版 GarageBand で録音・レコーディングするやり方について説明していきますので、参考にしてみてください。

ここまでで、iPhone とオーディオインターフェイスの接続方法の解説はおわりです。

接続したら、安定するまで待つ必要アリ!

iPhone とオーディオインターフェイスを接続して、モバイルバッテリー・電源を ON(オン) にしたら、電源が安定して供給されるまで待つ必要があります。

具体的にいうと、接続した直後は電源が安定していないせいか、モニタリングから拍動のような音が鳴ります。数秒待つと消えますので、ご安心ください。この現象について動画を撮影しておりますので、追記までしばらくお待ちください。

iPhone とオーディオインターフェイスで、録音する方法

iPhone とオーディオインターフェイスで録音する方法の解説動画

【YouTube】【iOS版GarageBand】エレキギターの接続方法&録音のやり方【Lightning USB 3カメラアダプタ必要】

iPhone とオーディオインターフェイスで、録音する方法を解説していきます。

今回は iPhone でつかえる DAW アプリ「iOS版GarageBand(ガレージバンド)」で、 オーディオインターフェイスに接続した状態で録音してみました!

さらに、iPhone とオーディオインターフェイスを接続するのに、Apple Lightning - USB 3カメラアダプタを使わないタイプも存在しています。

くわしく知りたい方は、すこし長くなってしまうので別記事にて解説しています。あわせて、こちらの記事をどうぞ↓

【関連】GarageBand iOSで、エレキギター/ベース接続方法&録音のやり方

iPhone とオーディオインターフェイスの接続について、疑問を解決!

疑問の画像

iPhone とオーディオインターフェイスの接続について、一問一答で解消していきます。

わたしが実際に試した中で、回答できる内容について初心者向けに説名していきますね。もし間違ってしまっていた場合は、ぜひサウンドオルビスの Twitter アカウント(@soundorbis)まで、ご連絡ください。汗

管理人
管理人
よし、いくぞ〜!

「Apple Lightning - USBカメラアダプタ」では、動かないの?

【質問】「Apple Lightning - USBカメラアダプタ」では、動かないの?

【回答】動きませんでした。

【コメント】

変換コネクタを使用する理由は、オーディオインターフェイスに電源を供給するためです。だから、全モデルの「Apple Lightning - USBカメラアダプタ」だと、電源を供給する仕組みがそなわっていないんですよ。

iPhone に接続したオーディオインターフェイスに、録音のレイテンシーはありますか?

【質問】iPhone に接続したオーディオインターフェイスに、録音のレイテンシーはありますか?

【回答】レイテンシーは、気になりませんでした。

【コメント】

オーディオインターフェイスを接続した状態で、エレキギターなどレコーディングしています。その経験では、加工する前も、加工した後の音についても、レイテンシーを感じることはありませんでしたよ。ちなみにレイテンシーとは、音の遅れのことですね。ギターを弾いた瞬間と、モニタリングに返ってきた音がズレが大きくなると、レイテンシーがある状態になります。

通常、オーディオインターフェイスには、バッファサイズを変更する設定があります。iOS 版 GarageBand 側では、それらをいじる設定が見つからないんですよね...だからレイテンシーについては、追い込めることがわかった時点で追記していきます。

iPhone8・iPhone7でも、接続できますか?

【質問】iPhone8・iPhone7でも、接続できますか?

【回答】現在、検証中です!

【コメント】

iPhone 8 で試す予定ですので、しばらくお待ちください。

まとめ&関連情報

まとめの画像

iPhoneとオーディオインターフェイスの接続方法について、解説してきました。まとめると、こんな感じ↓

接続に必要なもの
  • iPhone 本体
  • オーディオインターフェイス本体(iPhone 対応が望ましい)
  • オーディオインターフェイスの付属 USB ケーブル
  • 変換アダプタ「Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ」
  • Lightning(ライトニング)ケーブル(電源供給のため)
  • モバイルバッテリー・電源アダプタ
  • モニタリングヘッドホン・スピーカー
  • 楽器(ギター・マイクなど)+楽器用ケーブル
iPhone とオーディオインターフェイスの接続図
Gbios aif cameraneed
エレキギターモバイルバッテリー
↓シールド
↓Lightning ケーブル
オーディオインターフェイス
↓→
付属ケーブル
Apple Lightning - USB 3 カメラアダプタ
ヘッドホンiPhone

【iPhone とオーディオインターフェイスで、録音する方法は動画でチェック↓】

iPhone とオーディオインターフェイスを接続できれば、音楽制作のはばがグッとひろがりますよ。

なんども読みかえして、ぜひ自分のものにしちゃってください!よみ返すときは、下記のリンクをご利用ください。記事の該当部分まで、移動することができますよ。

それでは、今回の記事が iPhone とオーディオインターフェイスを接続したいあなたの悩みを、解決する手助けになっていたらうれしいです。

管理人
管理人
そんじゃ、今回はこの辺で!?

ほかにも、iPhone にも接続できるオーディオインターフェイスをまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。きになる方は、こちらの記事をどうぞ↓

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする

サウンドオルビス

2,582,085 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール
記事へのお問い合わせ