• HOME
  • iPhone
  • iPhoneをiCloudデバイスリストから削除する方法

iPhoneをiCloudデバイスリストから削除する方法

iPhone

「iPhoneを、iCloud デバイスリストから削除する方法を、おしえてください!!」って悩みを、さくっと解決します。

iPhone を初期化しただけだと、個人情報を削除しきれません。譲渡や売却するまえに、やるべきことがいくつかあります。そのひとつに、「Apple ID と紐づけされた端末情報」を削除する必要があります。これを、iCloud のデバイスリストからの削除といいます。

そこで今回は、わかりやすく iPhone を iCloud デバイスリストから削除する方法を解説してみました。

iPhone を、iCloud デバイスリストから削除する方法

iPhone を、iCloud デバイスリストから削除する方法を解説します。

【Apple 公式】
iCloud.comの「iPhoneを探す」でデバイスを削除する - Apple サポート

Apple 公式のやり方を iPhone 12 Pro Max で、実際に試してみました。2020 年現在は、アプリ「iPhone を探す」ではなく、アプリ「探す」になっていますのでご注意ください。

探す

無料
(2020.11.21時点)
posted with ポチレバ

それでは、やってみましょう〜!

1.設定アプリの Apple ID をひらく

Iphone setting app

設定アプリの Apple ID をひらきます。

iPhone の「設定アプリ」のアイコンを、タップしてください。

Iphone icloud device delete1

設定の Apple ID アイコンを、タップしましょう。

設定のいちばんうえの項目なので、わかりやすいですね。

2.Apple ID の「サインアウト」をタップ

Iphone icloud device delete2

Apple ID の「サインアウト」をタップしましょう。

Apple ID がひらいたら、上にスワイプします。

Iphone icloud device delete3

サインアウト を、タップしてください。

3.Apple IDパスワードを入力

Iphone icloud device delete4

Apple IDパスワードを入力しましょう。

"iPhoneを探す"をオフにするために、Apple ID パスワードの入力を求められます。

Apple ID のパスワードを入力したら、右上の オフにする をタップしてください。

4.データのコピーは残さず、サインアウトする

Iphone icloud device delete5

データのコピーは残さず、サインアウトしましょう。

「データのコピーをこの iPhone に残しますか?」と表示されたら、データを残す必要はありません。コプーを残すのチェックボタンは、すべてオフにしておいてください。

右上の サインアウト をタップしましょう。

Iphone icloud device delete6

「本当によろしいですか?」と確認されたら、サインアウト をタップしてください。

iPhone 上の iCloud の機能およびデータが、すべて削除されます。

ちょっと時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

5.「iPhoneにサインイン」と表示されたら、完了

Iphone icloud device delete7

「iPhoneにサインイン」と表示されたら、iPhoneをiCloudデバイスリストからの削除は完了です。

サインアウトがおわると、Apple ID のアイコンが人影になり、「iPhone にサインイン」と表示されます。

これで、iCloud のデバイスリストから、iPhone が削除されたはずです。お疲れ様でした!!

iCloud のデバイスリストから、iPhone が削除されたことを確認する

Iphone icloud device delete8

iCloud のデバイスリストから、iPhone が削除されたことを確認してみましょう。

たとえば、iPhone の「探す」アプリやブラウザ版の「iCloud.com」で確認すると、iCloud のデバイスリストから iPhone が削除されているはずです。今回は、iPhone 12 Pro Max が、デバイスリストから削除されました。

ちなみに、各 Apple 製品のサインアウト方法は、Apple サポートでも確認できますので、チェックしてみてください!!

iPhone を iCloud から、サインアウトすればOK?

注記: お使いのiPhone、iPad、iPod touch、またはMac上でiCloudを完全にオフにすることでも、そのデバイスの「探す」をオフにできます。iCloudをオフにすると、デバイス上のiCloudの全機能がオフになります。

出典:デバイス上で「探す」をオフにする - Apple サポートより引用

Apple 製品を、iCloudデバイスリストから削除するには、iCloud から、サインアウトすれば大丈夫のようです。

デバイスリストから削除するって聞くと難しそうでしたが、ヘルプをみるかぎり初期化するまえに iCloud の機能の「オン/オフ」もしくは、iCloud からサインアウトすれば大丈夫なようです。

公式の Apple ヘルプに乗っている方法なので、間違いはないと思いますが...。もし不具合があった場合は、追記させていただきますね!!

iPhone が手元にないときに、iCloud デバイスリストから削除するには?

iPhone が手元にないときに、iCloud デバイスリストから削除するには、「探す」アプリを使いましょう。

iPhone の初期化やデバイスリストからの削除をする必要があることがわからずに、手放してしまう人もいると思います。はじめてのときは、誰だってわからないですからね。

そんなときにも、しっかり救済処置がありますよ!!公式のヘルプで、このように紹介されています↓

iPhone、iPad、iPod touch がすでに手元にない場合

上記の手順を行わずにデバイスを手放してしまった場合は、以下の手順で対処してください。

  1. 新しい持ち主に連絡して、上記の手順でデバイス上のすべてのコンテンツと設定を消去してもらいます。
  2. デバイスで iCloud と「[デバイス] を探す」を使っていた場合は、別のデバイスで iCloud.com/find にサインインするか「探す」App を使って、該当のデバイスを選択し、「消去」をクリックします。デバイスのコンテンツと設定が消去された後で、「アカウントから削除」をクリックします。
  3. 上記の手順をどちらも実施できない場合は、Apple ID のパスワードを変更します。この場合、手放したデバイスに保存されている個人情報は削除されませんが、新しい持ち主が元の持ち主 (あなた) の情報を iCloud から削除することはできなくなります。
  4. 他社製の携帯電話に切り替える場合は、iMessage の登録を解除します。
  5. Apple Pay をお使いの場合は、iCloud.com でクレジットカードやデビットカードの情報を削除できます。「アカウント設定」を選択し、Apple Pay をお使いのデバイスを確認し、そのデバイスをクリックします。「Apple Pay」の横の「削除」をクリックします。
  6. 信頼できるデバイスのリストから古いデバイスを削除します。

出典:iPhone、iPad、iPod touch を売却、譲渡、下取りに出す前にやっておくべきこと - Apple サポートより引用

紛失などよほどの緊急の場合をのぞけば、iCloud デバイスリストから削除する方法はいくつかあります。いちばんは、焦らずゆっくり対処することが重要ですね。

もちろん、手元にある状態で iCloud からサインアウトして、iPhone の「探す」機能をオフにすることが簡単なので、おぼえておきましょう!!

まとめ

iPhoneをiCloudデバイスリストから削除する方法を、解説させていただきました。

この記事をまとめるまで、ずっと「探す」アプリから iPhone 消去またはアカウントから削除ボタン、もしくは iCloud.com にアクセスして消去するものだと思っていました。

実際に実機がある場合は、iCloud からサインアウトすることで、機能をオフにすることができるんですね。あくまでも公式のヘルプを参考に、現在も検証中です。

もし間違いやアップデートが入り次第、追記していきますので、参考程度に見ていただけましたらさいわいです。

それでは、今回はこの辺で!?ほかにも、iPhone アプリやレビューなどたくさん記事を書いていますので、あわせてこちらの記事もごらんください↓

【関連】 iPhone 記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

3,803,135 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事