• HOME
  • iPhone
  • iPhoneでクォーテーション「”」が勝手に変換される問題を解決する方法

iPhoneでクォーテーション「”」が勝手に変換される問題を解決する方法

iPhone

どうも。サウンドオルビス( @soundorbis )です。 iPhone で Word Press ブログを更新したら、うまく HTML が動作しないんですよ。リンク飛べなかったり、CSS が効かなかったり、結論から言えば原因はクォーテーションの自動変換でした。

…というわけで、今回は iPhone で勝手に変換されるクォーテーション「”」に、裁きをくわえるときがきました!やるべきことは、ただひとつです。さぁ、いまこそ立ち上がりましょう!

勝手に変換される iPhone のクォーテーションに悩まされる

iPhone から MWeb を使って、記事を更新しているんです。毎回リンクや CSS が効かない問題が発生するので、困っていました。どうやらクラス名を呼び出すクォーテーションに、問題があるようです。

よーく見ると、微妙に形が違うんですよね〜。

「“”」じゃダメなんですよ。「””」が、正解。iOS の辞書機能で HTML 定型文を呼び出しすと、この問題が発生します。もちろん登録されている HTML は、ちゃんと「””」です。

呼び出されるときに、クォーテーションが自動変換されているみたいです。では解決する方法とは、いったいなんなのか? 答えは、とてもスマートでした。

解決方法は「スマート句読点」をオフにする

クォーテーションの自動変換を止める方法は、「スマート句読点」をオフにすることでした。設定アプリの「一般 」「キーボード」と進みましょう。そこに「スマート句読点」がありますので、問答無用でオフ!

iPhone から更新しても HTML が崩れないぞ!

というわけで、無事にクォーテーションが自動変換されずに入力することができました。辞書機能から HTML を呼び出す使い方って、需要なさそうですが困っている方のために残しておきます。

まとめ

今回は iPhone で勝手に変換されるクォーテーション「”」に、裁きを加えてみました。クオンテーションが悪いわけじゃなくて、設定をちゃんとしてないわたしが悪いんですけどね。汗

これでもっと手軽に、しっかりした記事を iPhone から更新できます。

記事へのお問い合わせ

soundorbis

362,418 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、ワクワクが止まらない情報を発信していきます。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS