iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法

音声配信

「iPhone 内蔵マイクって、どうやっていい音で収録すればいいの?」って疑問を、解決していきます。

iPhone に内蔵されているマイクは、年々パワーアップしています。そのため、十分な音質があるのですが...歌声やラジオ・おpっ°キャストを収録するには空間の音を拾いすぎてしまいます。

この記事では、マイクを購入するお金に余裕がない人でも、無料・簡単・家にあるものでできる手軽な方法で iPhone の内蔵マイクを高音質で収録する方法をご紹介します。

というわけで今回は、iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法について、解説します。

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法【3ステップ】

iPhoneだけで高音質で声を録音する方法について、解説します。

だれでも挑戦できるように、3つのステップで説明していきますね。それでは、いってみよ〜!

【ステップ1】丸めた毛布を準備する

Iphonemic highq moufu1

ステップ1は、丸めた毛布を準備します。

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音するのに必要なものは、厚手の毛布だけです。

Iphonemic highq moufu2

毛布の大きさによりますが、ある程度まで折って丸くしていきます。

毛布を丸めて「洞窟・かまくら・メガホン」のような筒状にしていきますよ↓

Iphonemic highq moufu3

毛布の中に iPhone を入れられるぐらいの穴を、開けておきましょう。穴の大きさによって、iPhone で収録される音が変化しますのでご注意ください。

ここまでで、ステップ1「丸めた毛布を準備する」作業は完了です。

【ステップ2】iPhone 録音アプリでレコーディングをスタートする

画像:GarageBand アプリの録音操作画面より

ステップ2は、iPhone 録音アプリでレコーディングをスタートしてください。

ステップ1で毛布を丸めたら、iPhone の録音アプリで、レコーディングボタンをタップしましょう。音声配信アプリ「Stand.fm」でも、ボイスメモでも構いませんが...

筆者はいつもアプリ版「GarageBand」を利用して、声を収録しています。モノラル収録できるので、声をレコーディングするのにぴったりですからね。GarageBand の使い方がわからない人は、別記事「iPhoneのGarageBandで、ボーカルを録音する方法を徹底解説!!」を読んでみてください。

ここまでで、ステップ2「iPhone 録音アプリでレコーディングをスタートする」作業は完了です。

【ステップ3】iPhone を毛布の中に入れてレコーディングする

Iphone blanket1

ステップ3は、iPhone を毛布の中に入れてレコーディングしましょう。

ステップ1で作った丸めた毛布の中に、iPhone を入れます。レコーディングボタンを押してから入れるので、収録された音の前後に「ガサガサ」という音が入ってしまいます。そのため、GarageBand アプリで編集することでこのノイズを減らすこともできますよ。

音の変化に関わる要素
  • iPhone を穴のどの位置に入れるか?
  • 毛布の穴の中の空間を、どのぐらいの広さにするか?
  • 毛布の穴と口の位置関係
  • 毛布の素材
  • ...など

毛布の形や素材などで、レコーディングされる音の音質が結構変わります。面白いので、色々検証してみるといいですよ。それでは、次の見出しでは、実際に収録してラジオ番組として編集した音をチェックしていきましょう。

ここまでで、ステップ3「iPhone を毛布の中に入れてレコーディングする」作業および、iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法の解説は終了です。

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音してみた結果...

【stand.fm】 マイク買う金ない?ならコレだけ気をつけて!!

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音してみました。

iPhone を毛布の中に入れて収録した音声を、実際にラジオ番組として編集したものをご紹介します。上記の放送内では、実演として「対策なしの iPhone 内蔵マイクで収録した音・対策ありで iPhone 内蔵マイクで収録した音」を比較できますので、ぜひチェックしてみてください。

毛布を使うと iPhone 内蔵マイクの音が良くなる理由

Iphonemic taisakuari

毛布を使うと iPhone 内蔵マイクの音が良くなる理由は、iPhone の内蔵マイクにまっすぐ声が届くからです。

毛布で iPhone を包むことで、iPhone マイクの指向性を疑似的に口元だけの音を拾うようにしてあげています。また毛布で包むことで、住宅の壁やデスクに反響した声を拾わなくする吸音をしてくれる役割も果たしてくれますよ。

Iphonemic taisakunasi

対策をせずに iPhone の内蔵マイクで収録すると、壁や天井に反響した声もあわせて収録してしまいます。もともと iPhone のマイクの感度がよく広く音を拾ってしまうため、ラジオの声を収録したり歌声をレコーディングするにはあまり向いていないのです。

実は今回の対策を思いついたキッカケは、ラジオや歌声を普通の住宅環境でもいい音でとりたくて...「デッドな音」の調査記事だったんです。デッドな音とはどんな音なのか?気になった人は、合わせてこちらの記事をご覧ください↓

【関連】デッドな音とは?どうやって反響せずレコーディングできる?

まとめ

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法まとめ

※ 全体の流れがわかったら、ステップ1から挑戦してみましょう。リンクをクリックで、記事の上部に移動できます。ぜひご利用ください。

iPhone内蔵マイクだけで、高音質な声を録音する方法について、解説させていただきました。

iPhone の内蔵マイクの指向性を高めることで、より聞き疲れしづらい音で収録することができます。こもった音だと感じた場合には、EQ(イコライザー)で高い周波数を持ち上げてあげると聞きやすくなりますし、カサついた音に感じた場合には毛布の穴の空間を調整してあげてください。

初心者 DTMer やこれから音声配信コンテンツを初めてみようと挑戦したい気持ちにあふれるあなたを応援しています!それじゃあ、今回はこの辺で!? ほかにも、音声配信コンテンツについての記事を書いていますので、あわせてこちらもどうぞ↓

【関連】音声配信コンテンツカテゴリ - サウンドテック・ラボRADIO

サウンドオルビス

5,460,911 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事