• HOME
  • iPhone
  • iPhoneXS Max ポートレートVS一眼レフカメラ。比較してみた!

iPhoneXS Max ポートレートVS一眼レフカメラ。比較してみた!

この記事のURLとタイトルをコピーする
iPhone
読者さん
読者さん
iPhoneXS 以降のポートレート機能って、一眼レフと比較してどうなの?ブログの写真として、使えるのかな?

って疑問に、お答えしていきます。

iPhoneXS のポートレート写真と、一眼レフカメラを比較

Iphonexs portrait hikaku  1

今回比較するカメラは、こちら↓

  • SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)
  • iPhone XS Max ポートレート機能

書き出しの条件は、以下の通りです↓

  • Mac の写真.app を使用。
  • 編集や加工なし
  • JPEG品質「高」
  • サイズ:1280 × 960

撮影時に α7II の露出が、0.7ev だけ高めに設定されておりました。その点を考慮していただき、参考にしてみてください。

それではさっそく、いってみましょう!

比較:水面と鳥

▼SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)▼
7m2 minamototori

さすがの一眼レフです。水面の揺らぎを精細に写しています。鳥さんの羽の段階的な色の変化も、よく写っています。

なにより、ぼけ味が最高ですね。手前の白い柵こそ、まさに一眼レフの良さですよ。

▼iPhone XS Max ポートレート機能▼
Iphone minamototori

水面の写りは、一眼に比べると精細さに欠けます。手前の白い柵のぼけ味、がんばっていますよ。

iPhone XS Max の苦手な場面かもしれません。

比較:噴水

▼SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)▼
7m2 funsui

背景の水面がしっかりとボケて、その場を雰囲気を伝えてくれるような写りです。

岩の上を流れる水の状態が、しっかり伝わってきます。

▼iPhone XS Max ポートレート機能▼
Iphone funnsui

噴水が「ピタッ」と、止まって撮影できています。岩の表面を流れていく水の状態も、かなり細かに撮影できています。

水面の背景もご覧ください。一眼レフに負けないボケ味です。

比較:緑の草

▼SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)▼
7m2 nidorinokusa

明るく写りすぎているため、少し暗く加工してあります。ご了承ください。

葉っぱや枝の汚れや、細かな情報まで全て撮影できています。段階的なボケ味が、やはり一眼レフの魅力ですね。

▼iPhone XS Max ポートレート機能▼
Iphone midorinokusa

この写真のボケ味、すごくないですか?iPhone XS Max のポートレート機能、撮影する状況によっては、一眼レフに負けませんよ。

ただ拡大するとわかりますが、葉っぱや枝にデジタル臭がします。精細さが足りないので、雰囲気を味わう使い方にうってつけです。


比較:銅像

▼SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)▼
7m2 douzou

明るさがオーバー気味ですね。空の青さがよくありません。設定ミスりましたね。

ですが銅像の自然な風化、輪郭付近のボケ味、精細さのすべてがさすが一眼レフといったところです。

▼iPhone XS Max ポートレート機能▼
Iphone douzou

iPhone XS Max ポートレート機能も負けていません。銅像の風化具合がバッチリ写っています。

ただ残念なのは、輪郭部分のボケ味です。お尻の部分や木の側面に沿って、不自然な加工あとが見えています。

比較:人物ポートレート

▼SONY ILCE-7M2 α7II(レンズ:Sony FE 90mm F2.8 OSS)▼
7m2 zinbutu

マフラーの毛羽立ちや、髪の毛一本一本まで精細に描かれています。

背景のボケ味も、まるでその場の空気を切り取ってくれています。

▼iPhone XS Max ポートレート機能▼
Iphone zinbutu

本人たっての希望により、足先を写さないようにトリミングしてあります。

さぁ iPhone XS Max のポートレート機能の本領発揮です。

ご覧ください、自然な色合いとボケ味の素晴らしさ。人物を写すことで、輪郭のボケ味のデジタル感がまったく消えているんです。

ポートレートは、人物を写すために使うのが最強ですね。

結論:iPhoneXS Max のポートレートは、かなり優秀!

めっちゃ iPhoneXS Max ポートレート機能、がんばってるじゃないですか!一眼レフと比較してきましたが、レンズ性能の差がちょっとズルすぎましたね。

だって今回一眼レフで使用したレンズ Sony FE 90mm F2.8 OSS って、148,000円+税ぐらいの高級レンズなんですよ。

それを加味すると、iPhoneXS Max のポートレートはかなり優秀なんです。

あとがき

というわけで、iPhoneXS Max のポートレートってすごいんだぞ!って話をしてきました。

カメラマン的な仕事や、コンテストに出す写真としては難しいと思いますよ。でも、ブログのグルメ写真、記録画像みたいな使い方だったら一眼レフなくてもぜんぜんイケちゃいます。

iPhoneXS Max に興味のある方は、ぜひレビュー記事をまとめましたので、購入の参考にしてください↓

そのほか、iPhone のケースレビューや、便利な使い方などあつめた記事も、あわせてご覧ください↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,440,628 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS