ピアノ音源を5つ比較!「Ivory II」が絶対オススメって話

DTM

どうも、サウンドアーティストのおるびす兄さんです。

ピアノ音源の選択って、悩みますよね?

それなら YouTube でピアノ楽曲を公開したところ 10,000 回以上再生される実績のあるピアノ音源をご紹介します。

おすすめピアノ音源は?

Ivory II American Concert D

結論から言いましょう。

あなたの買うべき、個人的イチオシピアノ音源は…Ivory II American Concert D です。

現在 20 曲のピアノソロを、リリースしています。

soundorbis のピアノ楽曲は、「Ivory II American Concert D」がなければ、成り立ちません。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
本当に手放せない!

その理由を、探ってみました。さらに上記の「Angina」を使って、 5 つのピアノ音源を聞き比べていきます。

5つのピアノ音源で聴き比べてみた

Logic5pianosdisplay

soundorbisのフリーBGM「Angina」を、5つのピアノ音源で鳴らしてみました。

Ivory II American Concert D

まずはイチオシ「Ivory II American Concert D」。

さすがの音です。圧巻。いい音出しますよねぇ〜。

1音目に、特に注目してください。ゆったりと、繊細で、懐の深い音がしています。

まぁ、難しいことは抜きにしても、演奏して気持ちイイ!!

って感じるのが重要なんです。それが、私にとっては「Ivory II American Concert D」でした。

弾いていて気持ちいい理由は、5つの音源比較のあとで!

気になる方は、このまま読みすすめてください。

Logic付属Steinway Grand Piano

DAW Logic Pro X付属のスタンウェイグランドピアノ。

Ivory IIで鳴らしたMIDIファイルをそのまま演奏しています。

音の粒がはっきりしていて、一見よく聞こえますよね。悪くはないんですよ。悪くないんですが…

ベロシティで表現の幅が少ない。

弾いてる気持ち良さで、Ivoryに負けると感じます。

不協和音の受け止め方も、ピアノ本体の共鳴がないせいか…

機械的な感じです。悪くはないんですよ?

Addictive Key Demo

ドラム音源でおなじみの XLN AUDIO のピアノ音源。

デモ版で試しているので、ちょっと申し訳ないですが…

印象としては、手軽に音作りができるんだけど、ソロで弾いた音はIvoryよりも軽い気がします。

「きらびやかな音」って言えばいいのかな?

デモ版は音域制限と、マイクの位置を変えらえれないので勝負させるのがかわいそうですが…

パツパツなピアノの音って印象を持ってます。Addictive Drumsの印象のせいなのかな?

スポンサーリンク


弾いていて自分には合わなかったため、散財まではいけませんでした

_:(´ཀ`」 ∠):

NI Alicias Key

NIのKOMPLETEに付属されているピアノ音源。

音の調節はできずいじれるのは、空間系だけです。

ざっくりとした感じだけど、意外や意外。

これ使ってみると、結構いい音がするんですよ。

メロウっていうのかな?こういうの。

優しい音で、耳触りがいい。ソロでも使えるし、他の楽器と混ぜて使ってもOK。いつも候補として必ず鳴らしてます。

Alicias Key単体で欲しくて買うって人もいるぐらいです。まぁでも、せっかく買うならセットでKOMPLETE買ったほうがいいですね

(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

The GIANT

NIのKOMPLETEに付属してくるピアノ音源「THE GIANT」

名前の通り、超巨大なピアノをモデリングしています。

変わり種っぽいけれど、意外なほどいい音がします。

エレクトロニカ系や、バンド系で混ぜてもOK!!

今回のようにソロで弾いても、独特な雰囲気を醸し出してくれます。

音がジャキッとしてるから。

弾いていてテンション…上がってくるんですよねぇ〜(笑)

ピアノ音源5つ聴き比べてわかったIvoryの良さ

5pianosmp3

5つのピアノ音源で、「Angina」を聴き比べてみました。

はっきりと違いがありますよね。聴き比べると、Logic Pro付属のピアノで十分じゃね?

って思うかもしれません。でも、よく聞いてください。

明らかに、表現力が違うんです。

Ivory II の良さ
  • ポテンシャルの高さ
  • 懐の深さ
  • 音の包容力

長年使ってると、よく分かります。

だから Ivory II は、演奏していて気持ちイイ

と感じるんです。

Ivory IIの演奏する気持ち良さが重要な理由

理由は、最大20段階のヴェロシティ・レイヤーや、サンプル間のサウンドを補完する技術が影響しています。ピアノ本体の共鳴をエミュレートするカスタムDSP技術もあるので、他のピアノ音源よりも深いんですよ音の処理が。

だから、弾いててめっちゃ気持ちいい。

脳みそが仮想キーボードに対して出した信号に、忠実な音をリアルタイムで返してくれる。気持ちイイ。それを実現しているのが、IvoryIIなんですよ。

演奏者が、直感的に気持ちいいって感じてる音は、リスナーにとっても満足できる音になることは、私が説明するまでもありませんからね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?ソロでも使えるピアノ音源をお探しなら…「Ivory II American Concert D」を買っておきなさい。ってことが、分かりましたね。

ピアノソロでの納品にも耐えられるし、演奏してて気持ちいいから、聴いてくれた人も満足するよ!って話でした。あなたの背中を押すことができていたら幸いです。

私自身もクライアントさんの依頼に、Ivory IIで納品してきた経験があります。だから、自信を持って「IvoryII」ならば、アマチュア時代からプロの時代まで…なが〜〜く使える音源だと、太鼓判を押してお勧めしておきます。

次回は、Synthogy Ivory IIシリーズの「GrandPianos」と「American Concert D」なら、どっちを選ぶべきか?って話題で、書きたいと思います。

スポンサーリンク

記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

805,882 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

「サウンド」「テクノロジー」「ライフスタイル」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、ワクワクが止まらない情報を、発信しています。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS