TASCAM「iXZ」で、録音レコーディングする方法【3ステップ】

TASCAM「iXZ」

TASCAM「iXZ」の録音・レコーディング方法について、解説していきます。

TASCAM「iXZ」と楽器の接続方法をよんでもらったら、いよいよ録音・レコーディングです。

小さくてコンパクトな見た目なのに、その実力はなかなかのものですよ。録音レコーディングのやり方をおぼえて、あなたの音楽制作のスピードを加速させちゃいましょう!

というわけで今回は、TASCAM「iXZ」の録音レコーディングする方法について、だれでもわかりやすく3ステップで解説していきます。

TASCAM「iXZ」の使い方|録音・レコーディングする方法

TASCAM「iXZ」で、実際に録音・レコーディングする方法を解説していきます。

それぞれの楽器ごとに、レコーディングまでの手順を説明していきますね。しっかり接続できていれば、スマホ・タブレットで音声入力を認識してくれているはずですよ。

今回は、iPhone の GarageBand iOS で録音・レコーディングの手順を解説します。

iXZ とコンデンサーマイクで、録音する手順【3ステップ】

iXZ とコンデンサーマイクで、録音する手順は?
  • 【ステップ1】iXZ を接続して、マイクモード(ファントム電源ON)にする
  • 【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする
  • 【ステップ3】録音・レコーディングする

iXZ とコンデンサーマイクで、録音する手順を3ステップで解説します。

1ステップずつ、初心者にもわかりやすく解説していきましょう↓

【ステップ1】iXZ を接続して、マイクモード(ファントム電源ON)にする

iXZ とコンデンサーマイクの接続写真

ステップ1は、iXZ をセットアップして、マイクモード(ファントム電源ON)に設定します。

すでに解説した。「iXZ とコンデンサーマイクを接続する方法」を参考に、接続してください。

コンデンサーマイク使用時の iXZ 設定

コンデンサーマイク仕様時のモード選択

  • MODE:マイク
  • PHANTOM:オン
  • INPUT:真ん中ぐらい

写真を参考に、iXZ の設定をしてみましょう。これで、ステップ1は完了です。

【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする

garageband ios の新規プロジェクトの立ち上げ画像

ステップ2は、DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をしていきます。

今回は、iPhone の GarageBand iOS を使って解説していきます。それでは、GarageBand iOS の新規プロジェクトを、立ち上げてください。

【関連】GarageBand iOS で、新規プロジェクトを作る方法

GarageBand iOS の新規トラック追加画像

GarageBand iOS の場合は、レコーディング用のトラックをつくります。新規プロジェクト画面右下のプラスボタンを、タップしてください。

garageband ios のボーカルトラック立ち上げ画像

ボーカルトラックのレコーディングなら、音源の[AUDIO RECORDER]タブの「ボイス」をタップします。

GarageBand iOS なら、マイクやギターの設定は、自動で認識してくれるのでこれで設定は完了です。レコーディングするためのオーディオトラックが、立ち上がりますよ。

【ステップ3】録音・レコーディングする

GarageBand iOS の録音ボタンをタップ画像

ステップ3は、いよいよ録音・レコーディングしていきます。

GarageBand iOS の録音ボタンをタップして、iXZ をとおしてコンデンサーマイクで、レコーディングしてみましょう。

【関連】iPhoneのGarageBandで、ボーカルを録音する方法を徹底解説!!

レコーディング中画像

iXZ に接続したコンデンサーマイクから、音声が入力され、レコーディングがはじまります。

しっかりと iXZ とスマホ、コンデンサーマイクを手順通りに接続していれば、レコーディングが完了しているはずです。

これで、iXZ とコンデンサーマイクで、録音する手順の解説はおわりです。

iXZ とエレキギター・ベースで、録音する手順【3ステップ】

iXZ とエレキギター・ベースで、録音する手順は?
  • 【ステップ1】iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)にする
  • 【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする
  • 【ステップ3】録音・レコーディングする

iXZ とエレキギター・ベースで、録音する手順を3ステップで解説します。

1ステップずつ、初心者にもわかりやすく解説していきましょう↓

【ステップ1】iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)にする

iXZ とエレキギターの接続写真

ステップ1は、iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)に設定します。

すでに解説した「iXZ とエレキギター・ベースを接続する方法」を参考に、接続してください。

エレキギター・ベース使用時の iXZ 設定

ギター仕様時のモード選択

  • MODE:ギター
  • PHANTOM:オフ
  • INPUT:動作しない

写真を参考に、iXZ の設定をしてみましょう。これで、ステップ1は完了です。

【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする

garageband ios の新規プロジェクトの立ち上げ画像

ステップ2は、DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をしていきます。

今回は、iPhone の GarageBand iOS を使って解説していきます。それでは、GarageBand iOS の新規プロジェクトを、立ち上げてください。

【関連】GarageBand iOS で、新規プロジェクトを作る方法

GarageBand iOS の新規トラック追加画像

GarageBand iOS の場合は、レコーディング用のトラックをつくります。新規プロジェクト画面右下のプラスボタンを、タップしてください。

GarageBand iOS のAMPタブ

たとえば[AMP]タブで、ギターなら「クリーン・ディストーション」を、ベースなら「ベース」をタップします。

GarageBand iOS なら、マイクやギターの設定は、自動で認識してくれるのでこれで設定は完了です。レコーディングするためのオーディオトラックが、立ち上がりますよ。

【ステップ3】録音・レコーディングする

GarageBand iOS で、ギター録音開始画面

ステップ3は、いよいよ録音・レコーディングしていきます。

GarageBand iOS の録音ボタンをタップして、iXZ をとおしてエレキギター・ベースで、レコーディングしてみましょう。

iXZ に接続したエレキギター・ベースから、サウンドが入力され、レコーディングがはじまります。

しっかりと iXZ とスマホ、エレキギター・ベースを手順通りに接続していれば、レコーディングが完了しているはずです。

これで、iXZ とエレキギター・ベースで、録音する手順の解説はおわりです。

iXZ とキーボード・シンセサイザーで、録音する手順【3ステップ】

iXZ とキーボード・シンセサイザーで、録音する手順は?
  • 【ステップ1】iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)にする
  • 【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする
  • 【ステップ3】録音・レコーディングする

iXZ とキーボード・シンセサイザーで、録音する手順を3ステップで解説します。

1ステップずつ、初心者にもわかりやすく解説していきましょう↓

【ステップ1】iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)にする

iXZ とシンセサイザーの接続写真

ステップ1は、iXZ を接続して、ギターモード(ファントム電源OFF)に設定します。

すでに解説した。「iXZ とキーボード・シンセサイザーを接続する方法」を参考に、写真のように接続しちゃってください。

キーボード・シンセサイザー使用時の iXZ 設定

シンセサイザー使用時のモード選択

  • MODE:ギター
  • PHANTOM:オフ
  • INPUT:動作しない

写真を参考に、iXZ の設定をしてみましょう。キーボード・シンセサイザーでも、モード選択はギターになります。

キーボード・シンセサイザーも、ライン入力という方式で接続します。iXZ は、ライン接続=ギターのマークなので覚えておきましょう。

これで、ステップ1は完了です。

【ステップ2】DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をする

garageband ios の新規プロジェクトの立ち上げ画像

ステップ2は、DAW アプリで、レコーディングの準備・設定をしていきます。

今回も、iPhone の GarageBand iOS を使って解説していきます。ここからは、ほぼエレキギター・ベースと一緒ですね。

それでは、GarageBand iOS の新規プロジェクトを、立ち上げてください。

【関連】GarageBand iOS で、新規プロジェクトを作る方法

GarageBand iOS の新規トラック追加画像

GarageBand iOS の場合は、レコーディング用のトラックをつくります。新規プロジェクト画面右下のプラスボタンを、タップしてください。

GarageBand iOs AUDIO RECORDER タブ

[AUDIO RECORDER]タブで、その他のサウンド をタップしてください。

Gbios basicshaper

今回はシンセサイザーむけの設定 Basic Shaper を、選んでみました。

GarageBand iOS なら、マイクやギターの設定は、自動で認識してくれるのでこれで設定は完了です。レコーディングするためのオーディオトラックが、立ち上がりますよ。

【ステップ3】録音・レコーディングする

Gbios basicshaper rec

ステップ3は、いよいよ録音・レコーディングしていきます。

GarageBand iOS の録音ボタンをタップして、iXZ をとおしてキーボード・シンセサイザーで、レコーディングしていきましょう。

iXZ に接続したキーボード・シンセサイザーから、サウンドが入力され、レコーディングがはじまります。

しっかりと iXZ とスマホ、キーボード・シンセサイザーを手順通りに接続していれば、レコーディングが完了しているはずです。

これで、iXZ とキーボード・シンセサイザーで、録音する手順の解説はおわりです。

ワンポイントアドバイス

ちなみに、iXZ は1チャンネルしか録音することができません。つまり、モノラルでしか録音できないんですよ。ステレオでレコーディングするには、本格的に2チャンネル以上録音できるオーディオインターフェイスが必要になります。

たとえば、iXZ の上位機種になるような TASCAM (タスカム)の「「Trackpack iXR」」などが、あげられますね。

まとめ&関連記事

まとめの画像

TASCAM「iXZ」で、録音レコーディングする方法について、各項目を3ステップで解説させていただきましたよ。まとめると、こんな感じ↓

この記事のまとめ

上記の接続方法のまとめのリンクから、接続方法の説明に移動できますので、ご利用ください。

今回は iPhone・iPad でつかえる GarageBand iOS をつかってみましたが、ご利用の DAW で応用できるはずですよ。いちばん簡単なので、GarageBand iOS が個人的におすすめです!

TASCAM「iXZ」で、楽器の接続方法と録音レコーディング方法をおぼえてしまえば、ほかのオーディオインターエフィスをつかったときにも応用できるのでおぼえておきましょうね!

それでは、今回の記事があなたの TASCAM「iXZ」の悩みを、すこしでも解消できていたらうれしいです。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
そんじゃ、今回はこの辺で!?

さらに TASCAM「iXZ」について徹底レビューした記事や、使い方についてまとめた記事があります。より TASCAM「iXZ」に詳しくなりたい方は、こちらの記事をあわせてごらんください↓

サウンドオルビス

3,522,694 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事