日産リーフe+は買いなのか?40kWhオーナーが伝えたい3つのこと

e+ 62kWh

日産の新型リーフ 40kWh を買った soundorbis です。

はたして、日産リーフ e+ は買いなのか?ぜひリーフオーナーの意見を聞いてみたいあなたに、私からお伝えしたことがあります。

日産リーフ e+ 買いなのか?

結論:しばし、待て。

日産リーフ e+ が買いかと言われれば、少し待ったほうがいいかもしれません。

もし電気自動車が欲しいなら、コスパの 40kWh ノーマルモデルをお勧めしたいです。

ではなぜ、リーフ e +を待ったほうがいいのか、40kWhオーナーが3つあなたにその理由をお伝えいたします。


待ってほしい理由1:価格が高い

1つ目の理由は、価格が高いからです。

リーフ e+ の価格は、416 万円〜 473 万円。乗り出し価格は、e+ X は、435 万円〜。e+ G は、 491 万円〜。ギリギリ 500 万円を切る価格ですね。

いやいやちょっと、待ってくださいよぉ〜。いまどき車に 500 万円も出せないっすよぉ〜。

それなら、40kWh のグレード X(プロパイロット付き) 393万円を買ったほうが、コスパいいですよ。

e+ がリリースされる前に、ノーマルリーフ買っちゃいましたが、+70万円はさすがに出せなかったです。


スポンサーリンク


待ってほしい理由2:航続距離のメリットが少ない

2つ目の理由は、航続距離のメリットが少ないからです。

e+ は 62kWh のバッテリーを搭載し。ノーマルモデルと比べて、航続可能距離が 40% ほど向上しています。

表をご覧ください↓

JC08WLTP
40kWh400km322km
62kWh570km458km
距離の差170km136km

より現実的な燃費基準の WLTP の 40kWh と、e+ 62kWhの航続距離の差は 136km です。

つまり、136km を 1 回の充電でより多く走るために、70 万円多く払うことができるのか?というのが、おもな購入の争点になると思います。

いやいや、これむしろ 40kWh のほうがメリット多いんですよ。

136km というと、もし電費 8km/kWh で走れば 17kWh のバッテリー容量が必要になります。

日産ディーラーにある急速充電器なら、24分必要。高速道路の 50kW タイプなら、20分で完了です。長めのトイレ休憩ですね。

たった 136km 多いだけに、70 万円プラスするなら…そのぶん、レジャー費に充てたいです。


待ってほしい理由3:冷却システムが、搭載されない

3つ目の理由は、冷却システムが、搭載されなかったからです。

正式な情報は、日産から発表されていません。

しかし、冷却システムが搭載されたのなら、目玉の一つとして大々的に発表するはずです。

ということは、ノーマルモデルと同様の空冷式を採用しているはずです。

バッテリー容量がアップしたことで、真夏のバッテリー温度管理がどうなっているのか不安が残ります。

だれもが今回の発表記者会見を見ていて、がっかりした部分かもしれません。

しかし、これによって逆をいえばノーマルモデルに +70万円で収まったと考えることもできますけれどもね。汗

まとめ

40kWhオーナーが、日産リーフe+は買いなのか考えてきました。まとめると、こんな感じです↓

待ってほしい理由
  • 価格が高いから
  • 航続距離のメリットが少ないから
  • 冷却システムが、搭載されないから

バッテリー容量の増加と、パワートレインの強化など、とても魅力的な進化です。

手放しで「e+ 買いです!」といえませんが、40kWh と 62kWh モデルのターゲット層はあきらかに違います。

予算に余裕のある方は、日産リーフのグレード比較をしていただき、最強の証リップスポイラー搭載の日産リーフ e+ を購入してみてください↓

記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,143,509 views

あなたの問題を解決するために、情報発信をしています。悩みからの解放宣言。「音楽」「テクノロジー」が得意分野です。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

ブログについて

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、個人で稼ぎたいクリエイターが役立つ情報を集めたメディアです。
Soundtech-Labo とは?

NEW POSTS