日産リーフの試乗モニター受け取り。必要なものは?

この記事のURLとタイトルをコピーする
リーフ無料モニターキャンペーン

日産リーフ 2 泊 3 日の無料試乗モニターを、受け取りにいってきました!

前回の記事 日産リーフ無料モニターキャンペーンに申し込んだよ!電話の内容まとめ

というわけで今回は、日産リーフ無料試乗モニターの受け取りの話を、まとめていきます。

日産リーフ試乗キャンペーン、体験記事一覧

日産リーフの試乗モニター、受け取り

Leaf monitor6

  • 私「無料モニターの件で、来ました!」
  • ディーラー「コーヒーを、どうぞ!しばらくお待ちください。」
  • 私「ありがとうございます!」

スムーズに誘導され、コーヒーをすすりながら優雅な朝です。

遠足の前夜みたいな、ドキドキ感。

日産ディーラー開店直後...朝早くから、すみません。汗


1.必要なものは?

Menkyoshou inkan

必要なもの
  1. 免許証
  2. 印鑑

担当ディーラーさんを待っている間に、日産リーフを受け取るのに必要なものを確認します。

忘れ物は、ありません。

5 分ぐらいコーヒーをすすながら、ディーラーさんを待ちました。


2.確認事項について

Leaf monitor7

  • 担当ディーラー「お待たせしました。先日はお電話、ありがとうございます。担当の〇〇です!この度は、日産リーフ無料モニターキャンペーンにお申し込みいただきまして、誠にありがとうございます。」
  • 私「はいッ! 本日は、よろしくお願いいたします!」
  • 担当ディーラー「それでは、確認事項がございますので、ご説明させていただきます。」
確認事項
  • 個人情報の記入
  • 事故に関する保険の説明

所要時間は、だいたい 10 分ぐらいです。

さっらと記入と確認をし、駐車場にいくと、そこには…憧れの日産リーフが!

電気自動車(EV車)に乗る夢が、ついに叶います。


3.担当ディーラーと試乗

担当ディーラーと一緒に、日産リーフをまずは試乗です。

貸し出しの前に、日産リーフについて説明を受けました↓

説明内容
  • 運転操作の仕方
  • ナビの使い方
  • 充電スポットの探し方
  • 充電方法など説明

ワクワクが止まらなくて、話半分でしたけどね。

だいたい 30 分ぐらいで、試乗と説明は終わりました。

無料モニター中の充電は、日産ディーラーのみ

Leaf monitor11

無料モニター中は、日産ディーラーの充電器しか使えません。

不便さがすこしでも目立つと、財布のヒモをにぎっている奥さんを説得できません。

これは、かなりのデメリットでした。

スーパーや道の駅で使えるアピールできれば、かなりの説得材料だったんですが...

※2016年当時のデメリットポイントです。

初日の外観・内装チェック!

Leaf monitor2

日産リーフ 30kWh グレード G ブリリアントホワイトパールです。

この顔が、たまらなくかわいくてスキです!

Leaf monitor4

満充電で 241km 走ります。(JC08 モードのカタログ電費:280km)

2 段の速度表示、見やすいですよね。

ゆくゆくは自動運転になるので、こせまさで問題ありません。

Leaf monitor5

充電開口・警告音を消すボタンなど。ちょっと、昭和っぽいデザインですね。

未来カーなら、もっと先進的なデザインにしてほしかった。

Leaf monitor9

トータルでまるいデザインは、統一感やこだわり感があってGOODです。

ただボタンの押し加減や、窓のしまる音に、安っぽさを感じてしまいました。

コストダウンのために、このへんは仕方ないですよね。

Leaf monitor10

助手席です。愛車の「86」だと、足をまっすぐ伸ばせるので、ひろく感じます。

ただ日産リーフは天井が高いので、開放感を感じました。

Leaf monitor3

う〜ん、いい後ろ姿です。日産はおしりの表現が、別格ですね。

フェアレディZ・GT-R と、丸みのあるデザインが最高です。たまらん!

リーフちゃんの「でっぷりとしたおしり」のデザイン考えてくれた人に、称賛の声をあびせたいです。

それではさっそく、リーフちゃんとドライブいってきます!

86/brz乗りが語る電気自動車の魅力

この記事は、日産リーフ 2 泊 3 日の試乗が、終わってから書きました。正直に、言います。

「わたし、日産リーフに恋しちゃった!」

愛車の 86 は、ドコドコとした水平対向エンジンの音が、常になっています。お財布にも、環境にも、胃にくる感じで響くんです。

86 で走っている時は、そりゃあもう!最高に楽しいんです。コーナーを一つ曲がるたびにあたらしい発見があって、運転を楽しむ最高のスポーツカーなんです。

86 は私を大人にしてくれた。リーフは私を、社会人にしてくれる。

電気自動車「日産リーフ」は、それとは対極的な楽しさを持った車でした。アクセルにはリニアに反応し、どの速度域からでもトルク全開で走り出してくれる。エンジン音が無い。有害な排気ガスも出さない。

最強のエコを感じながら、社会的な世界的な責任・役割を果たしていることを楽しむクルマなんです。

どっちが良いかなんて、それは選択する人の心が決めるべきです。しかし、私にとって正解は「日産リーフ」だったんです。

170km の旅路へ、いざ出陣

Leaf monitor12

車は運転してこそ、楽しさがわかります。

さぁ早速、出発しましょう。茨城県の勝田まで、いざ 170km の旅へ!

乗り心地、充電に関する話は、また次回、お楽しみに!

↓次の記事はこちら↓

そのほか、日産リーフの試乗モニターキャンペーンをまとめた記事は、こちらです↓

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

2,039,347 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール

あわせて、こちらもどうぞ!