日産リーフ40kWhの走行距離360kmだと、充電回数は?

この記事のURLとタイトルをコピーする
日産リーフ
日産リーフ 40kWh の走行距離って、どのくらいなの?

って悩みを、解決します。

日産リーフ 40kWh オーナーが、走行距離 360km を、実際に走ってみました。

というわけで今回は、日産リーフ 40kWh で走行距離 360km を走ると、何回充電する必要があったのか、まとめてみました。

日産リーフ40kWhの走行距離360kmでは、充電回数はいくつ?

走行距離360kmだと、充電回数は 6 回でした。

走行条件
  • 検証時期は、2019年1月。冬。
  • シートヒーターや暖房類は、常時ON。
  • エコモードはOFF
  • e-Pedal 常時ON
  • 高速道路では、プロパイロット使用
  • 走行ルート

充電回数 6 回の詳細について

それでは、充電回数 6 回になってしまった様子を、詳細に説明していきます。

雪見風呂をはいりたくて、真冬の山形県米沢市まで、雪道を走ってきました。

それでは充電回数について、ルート順に解説します。


1 回目の充電

1回目の充電について
  • 充電時間:8分
  • 残り充電:57% → 70%
  • 残り走行距離:125km → 156km
  • 平均電費:5.5km/kWh
  • 総走行距離:67km
  • 道路:一般道路 + 高速道路

磐越自動車道 阿武隈高原SA (下り)で、1 回目の急速充電です。

トイレ休憩のあいだだけ、8 分間の充電です。


2 回目の充電

2 回目の充電について
  • 充電時間:7分
  • 残り充電:54% → 63%
  • 残り走行距離:131km → 154km
  • 平均電費:5.7km/kWh
  • 総走行距離:100km
  • 道路:高速道路のみ

東北自動車道 安達太良SA (下り)で、2 回目の急速充電です。

米沢市の一般道路におりるまえに、休憩込みで 7 分間の充電です。


3 回目の充電

3 回目の充電について
  • 普通充電の時間:200分(3時間20分)
  • 残り充電:23% → 32%
  • 残り走行距離:65km → 84km
  • 平均電費:5.9km/kWh
  • 総走行距離:181km
  • 道路:高速道路 + 一般道路

河鹿荘に併設の普通充電で、3 回目の充電です。

リーフの充電カードをつかって、200分の充電です。宿泊なら 100% まで充電できますよ。


4 回目の充電

4 回目の充電について
  • 充電時間:20分ほど
  • 残り充電:写真撮り忘れました。汗
  • 残り走行距離:76km → 112km
  • 総走行距離:189km
  • 道路:一般道路

山形三菱自動車販売(株) 米沢店」で、4 回目の急速充電です。

残りのバッテリー残量 32% では帰れないので、8 分間の充電です。

20kW なので、ちょっとゆっくり。充電中に「中で休んでいってください!」と、山形弁が聞こえてきた時には、なんだかほっこりしました。


5 回目の充電

5 回目の充電について
  • 普通充電の時間:30分
  • 残り充電:41% → 84%
  • 残り走行距離:107km → 221km
  • 平均電費:5.9km/kWh
  • 総走行距離:194km
  • 道路:一般道路

道の駅 米沢で、5 回目の急速充電です。

残りのバッテリー残量 32% では帰れないので、8 分間の充電です。

帰る前に、おみやげ買ったり、水分補給したり、トイレに行ってる間に 30 分すぎてしまいました。


6 回目の充電

6 回目の充電について
  • 普通充電の時間:27分
  • 残り充電:54% → 87%
  • 残り走行距離:151km → 229km
  • 平均電費:6.0km/kWh
  • 総走行距離:262km
  • 道路:高速道路

東北自動車道 安達太良SA (上り)で、6 回目の急速充電です。

トイレ休憩と、味噌田楽のこんにゃくをたべるため、27 分間の充電です。

高速道路を運転してきたので、疲れていました。ストレッチしたり、疲れを十分にとってから出発です。


6 回目の充電で、無事帰宅

終了時のメーター
  • 残り充電:45%
  • 残り走行距離:138km
  • 平均電費:6.2km/kWh
  • 総走行距離:360km
  • 道路:高速道路+一般道路

6 回目の充電から、ゴール地点まで 100km 走ってきました。

日産リーフ40kWhで、走行距離 360km の旅は、これでおしまいです。

走行距離 360km の旅まとめ

走行距離360km・充電回数6回を、日産リーフ40kWhで走った感想を、まとめます。


春・秋なら、充電回数は 4 回でいい。

春・秋の走行条件なら、充電回数は 4 回以下で十分です。

日産リーフの暖房エアコンは、1.5kWh ほど電力をとられます。

春や秋の気温 20℃ ぐらいなら、バッテリー状態もよく、エアコンの必要もありません。

走行距離と充電回数の関係は、季節によって変わります。

夏・冬に旅行が多いなら、e+ 62kWh がおすすめ!

夏と冬に旅行することがおおいなら、e+ のバッテリー容量 62kWh は魅力的です。

一充電距離がのびることで、40kWh の「バッテリー温度のせいで充電できない」問題を、回避できます。

+70 万円の予算が必要なら、充電回数を増やして 40kWh 買った方が経済的だとは思いますが...↓


充電スポットは、壊れているケースもある

充電スポットが使えないケースも、計画に入れておいた方がいいかもしれません。

山形県の米沢市には、アプリで確認するとわかるのですが、充電スポットが少ないんです↓

また修理中で使えない観光地の充電スポットもあり、焦ってしまいました。

頭のかたすみでもいいので、使えない想定をしておくと、心に余裕ができます。


高速道路は、電費がすごく悪い。

高速道路は、かなり平均電費が悪くなります。

高速道路を走っていると、みるみる残りの走行距離が減っていくんです。

電欠がこわいので、かならず高速道路の充電スポットには、寄りたくなってしましました。

そのときの高速道路の実際電費について、記事にまとめておきました↓

あとがき

走行距離360km・充電回数 6 回が、日産リーフ40kWhの結論になりました。

40kWh と 62kWh「e+」でお悩みなら、充電回数が 1〜2 減るために、70万ほど予算を足せるのか?

という視点で考えるといいですね。

ただ、日産リーフ「e+」って、重くなって燃費が少しわるくなっているようですので、その辺も考慮してみてください↓

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ