日産リーフ40kWhで航続距離360km。充電回数は、何回だった?

日産リーフ

日産リーフ40kWhで、航続距離 360km 走ると、充電回数はどのぐらいになるのか?

日産リーフ 40kWh と、62kWh モデル「e+」でお悩みのあなたに、おすすめの内容です。

というわけで今回は、私の日産リーフ40kWhの場合、航続距離360kmで何回充電したのか?まとめてみました。

日産リーフ40kWh。航続距離360kmの充電回数は、6回!

充電回数は、6回でした。

走行条件は、こんな感じです↓

  • 検証時期は、2019年1月。冬。
  • シートヒーターや暖房類は、常時ON。
  • エコモードはOFF
  • e-Pedal 常時ON
  • 高速道路では、プロパイロット使用

走行ルートは、こんな感じ↓

雪見風呂を体験してくて、山形県米沢市の河鹿荘まで走ります。

それでは、詳しい充電回数について、解説していきます。

1 回目の充電

1回目の充電について
  • 充電時間:8分
  • 残り充電:57% → 70%
  • 残り航続距離:125km → 156km
  • 平均電費:5.5km/kWh
  • 総走行距離:67km

67km 高速道路を、走ってきました。

磐越自動車道 阿武隈高原SA (下り)で、充電です。

体力も気持ちも余裕なので、トイレ休憩のあいだだけ充電です。

2 回目の充電

2 回目の充電について
  • 充電時間:7分
  • 残り充電:54% → 63%
  • 残り航続距離:131km → 154km
  • 平均電費:5.7km/kWh
  • 総走行距離:100km

33km 高速道路を、走ってきました。

東北自動車道 安達太良SA (下り)で、充電です。

後悔したことがあります。米沢市に充電スポットが少なく、壊れてる場所もあったんです。

ここで20分充電してたら、充電回数5回でいけたかもしれません。

3 回目の充電

3 回目の充電について
  • 普通充電の時間:200分(3時間20分)
  • 残り充電:23% → 32%
  • 残り航続距離:65km → 84km
  • 平均電費:5.9km/kWh
  • 総走行距離:181km

81km 高速道路と下道を、走ってきました。

河鹿荘に併設してある普通充電をつかわせてもらいました。リーフの充電カードで利用できて、制限時間は無制限です。

日帰りで利用だったので、宿泊なら100%までできるのでありがたいですね!

4 回目の充電

4 回目の充電について
  • 充電時間:20分ほど
  • 残り充電:写真撮り忘れました。汗/li>
  • 残り航続距離:76km → 112km
  • 総走行距離:189km

8km ほど下道を、走ってきました。

河鹿荘の普通順殿だけでは、帰りの道で電欠してしまいます。山形三菱自動車販売(株) 米沢店」で、急速充電です。

20kW なので、ちょっとゆっくり。充電中に「中で休んでいってください!」と、山形弁が聞こえてきた時には、なんだかほっこりしたのを覚えています。

5 回目の充電

5 回目の充電について
  • 普通充電の時間:30分
  • 残り充電:41% → 84%
  • 残り航続距離:107km → 221km
  • 平均電費:5.9km/kWh
  • 総走行距離:194km

5kmほど下道を、走ってきました。

道の駅 米沢で、30分の充電です。ここめちゃくちゃ充電速度が速くて、40kW 以上でてました。

帰る前におみやげ買ったり、水分補給したり、トイレに行ってる間にあっという間に 30 分すぎてしまいました。

6 回目の充電

6 回目の充電について
  • 普通充電の時間:27分
  • 残り充電:54% → 87%
  • 残り航続距離:151km → 229km
  • 平均電費:6.0km/kWh
  • 総走行距離:262km

68km 高速道路を、走ってきました。

東北自動車道 安達太良SA (上り)で、充電です。

トイレ休憩に、味噌田楽のこんにゃくをたべました。さすがに温泉入って、高速道路を運転してきたので、疲れていました。

27分間ストレッチしたり、疲れを十分にとってから出発です。

航続距離 360km の旅、終了。

航続距離 360km の旅終了時のメーター類
  • 残り充電:45%
  • 残り航続距離:138km
  • 平均電費:6.2km/kWh
  • 総走行距離:360km

100km 高速道路と下道を、走ってきました。

無事に、日産リーフ40kWhで航続距離360kmの旅、終了です。完走したあとのメーターを見ると、まだ余裕がありますね。

春・秋なら、充電回数は 4 回でいい。

今回は常に、ヒートシーターや暖房をつかっていました。

日産リーフは、1.5kWh ほど電力をとられる感じ。体感でね。

春や秋の気温 20℃ ぐらいなら、充電回数は 4 回で問題ないでしょう。

夏・冬に旅行が多いなら、e+がおすすめか?

夏と冬に旅行することがおおいなら、e+ のバッテリー容量は魅力的です。

62kWh「e+」の方が、航続距離で 136km も多く走れるメリットがあります。その分、70 万円プラスで予算を用意する必要があります。

私なら、充電回数を増やして 40kWh モデルを選びますね。

高速道路は、電費が悪い。

高速道路の充電スポットには、かならず寄るようにしました。

電欠が怖いのですからね。高速道路の電費は、かなり悪くなるんですよ。

高速道路の実査電費について、まとめた記事を参考にしてください↓

雪見風呂が最高!山形県米沢の河鹿荘に行ってきました。

今回の旅は、雪見風呂をみることが目的でした。2019年の夢だったんですよ。さっそく叶っちゃいました!

山形県米沢にある河鹿荘。興味のある方は、こちらの記事をご覧ください↓

あとがき

日産リーフ40kWhで航続距離360km私が走った場合、充電回数は 6 回になりました。

40kWh と 62kWh「e+」でお悩みなら、充電回数が 1〜2 減るために、70万ほど予算を足せるのか?という視点で考えるといいですね。

ただ、日産リーフ「e+」って、重くなって燃費が少しわるくなっているようですので、その辺も考慮してみてください↓

記事へのお問い合わせ

soundorbis

544,851 views

純粋なあなたを応援するメディア「soundorbis.com」のサウンドオルビスです。好きを、夢を、遊ぶことを諦めない!あなたがワクワクする情報を、毎日お届けいたします。アーティストサイト:https://soundorbis.net

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. シーザー・ミラン

    EV暦5年の、貴殿のブログのファンです。

    読者に誤解されるので、充電が6回「必要だった」という表現は止めて貰えませんか。
    休憩のついでに、6回「実施した」というだけですよね。

    正に先週末に現行リーフでスキー場への往復340kmを走ってきましたけど、
    残量70%で航続可能距離200キロの状態からスタートして、経路充電3回で余裕で帰り着きましたよ。
    充電待ちを回避するためのビビリ目の充電計画で3回です。勿論スタッドレスです。
    もし100%スタートだったら、2回で大丈夫だったことでしょう。

    6回だと、真夏の電池温度上昇を考慮しても700km位走れちゃいますよ
    リーフ乗りの間では、だいたい500kmで3回が平均値です。強者は2回で済ませる方もいますが、自分は充電待ちが嫌いなので3回ですね。

    休憩ついでに何回充電しても個人の自由なのは確かですが、6回も「必要だった」という表現は、
    出来れば訂正してくれると嬉しいです。

    ブログ、応援してます。

    (e+、お金が有り余っていれば乗り換えたいとこですね。)

    • soundorbissoundorbis

      ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

      そうですね。

      「必要」だったという表現には、誤解を招く恐れがありますね。

      というわけで、ご指摘いただきました通り、「必要」というワードを削除し。「私の場合」という表現を、加えてみました。

      EV一年目の私が経験していることは、これからEVを購入する初心者が体験するかもしれない未来です。

      そんな方々に、夢や希望、不安を与えない表現を、これからも追求していきたいと思います。

      ブログ、応援してくださり本当に、ありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いします!

      (ほんと、お金が湯水のようにわくなら、いつでもe+に買い換えるんですけどねぇwww)

  2. シーザー・ミラン

    記事の修正、ありがとうございます。
    偉そうに指摘してしまって申し訳ありません。

    40kwh車は急速充電と高速走行を繰り返しますと、真夏には自然空冷が追い付かず、最終的には1回の急速充電で60km~70km程度しか航続距離追加が出来なくなります。もっとも、そうなってくるのは急速充電5回目位からですけど。

    残念ながら、この電池温度上昇問題があるので、「快適」に走れるのは一日500km程度までなのですね。

    ブログ記事で御指摘の通り、やはり長距離だったらe+ですよね。
    こちらだと急速充電時の発熱が低いので、次の充電スポットへ辿り着くまでの自然空冷で冷却が追い付く様です。冷却が追い付くということは、1回の急速充電での150km航続距離追加を、何度でも永遠と続けられるということですね。

    但し、500kmを超える遠出は1年にそう何回もするわけでもないので、e+が必須かと問われれば必須では無い気もします。差額の50万円でスキーに20回以上は行けちゃいますものね。

    EVライフ、楽しみましょう。

    • soundorbissoundorbis

      いえいえ、コメントがあるからこそ、記事のブラッシュアップがされていくというものです!

      e+ の自然空冷システムが、どれほどの威力を発揮するのか、今年の夏がたのしみです。

      ただ、それをさしおいても差額でたくさん旅行できちゃうので…やっぱり40kWhでいまのところ十分かもしれません!

      はい!EVライフ、楽しんでいきましょう〜!

ABOUT

「サウンド」「テクノロジー」をキーワードに、最新情報・商品レビュー・ハウツー講座・噂・小技など、ワクワクが止まらない情報を、発信している個人メディアです。純粋なあなたを応援します!
soundorbis.com とは?

NEW POSTS