• HOME
  • 日産リーフ
  • 高すぎっ!日産リーフ60kWhの予想価格は、500万円オーバーかも?

高すぎっ!日産リーフ60kWhの予想価格は、500万円オーバーかも?

日産リーフ

どうも、日産リーフ 40kWh G を、E-Plus の登場を待たずに購入した soundorbis です。

日産リーフ E-Plus の価格、気になりますよね? 今回はリーフの過去グレードから 1kWh あたりの差額を計算し、60kWh を搭載した場合の予想価格を大胆発表しちゃいます。

日産リーフE-Plusの価格は、500万円オーバーになる?

400万円〜450万円が、巷の予想です。現行グレードに「+50 万円」。しかし、私はもっと高くなると考えています。つまり、日産リーフ E-Plus の価格は、

435万円〜529万円

になると予想します。あくまで、個人の妄想ですけどね。それでは、その理由をご説明いたします。

予想価格の理由:リーフのバッテリー 1kWh の価格は、6.5万円だったから。

まずは下の表を、ご覧ください。これは第1世代の日産リーフ 24kWh と、30kWh の比較です。

グレード(年式2015) 価格 価格差
24kWh G 362万円 +0円
30kWh G 401万円 +39万円

参考:日産 リーフ 歴代モデル・グレード一覧

39 万円 ÷ 6kWh = 6.5 万円です。

E-Plus は、40kWh ⇨ 60kWh になります。20kWh の増加です。20kWh × 6.5万円 = 130 万円。つまり、日産リーフ E-Plus は、

+130 万円の増額になります。

大胆予想!日産リーフ E-Plus のグレード価格を考えてみた!

というわけで、日産リーフ E-Plus のグレード価格は、次のようになると思います。

E-Plus グレード 価格
60kWh S 435万円
60kWh X 480万円
60kWh G 529万円

ちなみに現行の 40 kWh のグレード表も掲載しておきますので、参考にしてみてください。

現行グレード 価格
40kWh S 315万円
40kWh X 350万円
40kWh G 399万円

さすがにバッテリー価格も、技術の進歩で安くなっているはずです。ただ少なくとも「+80 万円以上」の増額は、避けられないと予測します。

競合するテスラと比較すると、あながち間違いじゃない気がしてくるので、あわせてご覧ください↓

競合するテスラモデル 3 の価格帯

テスラ モデル3のベースモデル価格は、約 397 万円〜です。およそ 50kWh のバッテリーを搭載し、航続距離約 354km です。

オプションをつけていくと、購入できる価格が見えてきます。

  • 有料色:1,000ドル(約11万円)
  • プレミアム・アップグレード・パッケージ:+5,000ドル(約55万円)
  • オートパイロット:+5,000ドル(約55万円)

多くのユーザーは購入価格に、約 509 万円が必要になります。

同様の装備でテスラ モデル3 と、日産リーフ E-Plus は真っ向勝負することになるでしょう。最上級グレードの 60kWh G の価格が、500 万円前後になることは、予想がつきますよね?

参考:テスラ「モデル3」をベース価格で買う人は、ほとんどいないと思われる理由

60kWh の航続距離はすばらしいが、高い。40kWh のコスパが魅力的。

日産リーフ 40kWh G を、2018 年 9 月に契約しました。ハイパフォーマンスモデルを、待つ必要はないと判断したからです。

その理由はトヨタ 86 から乗り換える上で、6 年間保有を考えた場合。日産リーフ E-Plus の予想価格だと、予算オーバーになってしまうからです。高くて買えません。

充電回数を増やすことで、予算をかけられない部分は解決していきます。

充電回数を増やすことで、得られるメリットもある!

充電回数が増えることで、メリットがあります。

高速の SA や道の駅なら、その土地の名産や景色を味わえます。日産ディーラーなら、無料でコーヒー飲めちゃうらしいです。

長距離ドライブ、休憩の目安について

  • 高速道路なら 1~2 時間で、20 分以上の休憩。
  • 一般道なら 2~3 時間で、30 分以上の休憩。
  • プロドライバーなら 4 時間で、30 分以上の休憩。

目的地に早く着きたくて、休まず運転しちゃうことってありますよね? こまめに休むことで、ドライブの疲れを軽減できます。強制的にね!

60kWh だと 300km オーバー走れちゃうので、がんばりすぎちゃいそうですよね。だから日産リーフの 40 kWh ぐらいが、ちょうどいいのです。

まとめ:日産リーフ E-Plus は、40kWh のコスパがおすすめになるかも?

日産リーフ E-Plus の販売価格を、大胆予想してみました。確認してみましょう。

  • 60kWh になることで、現行価格に「+130 万円」
  • 個人的な予想価格は、S 435 万円〜 G 529 万円

日産リーフを購入する理由は、ランニングコストなど費用が安くなることですよね? ならば、コスパの優れる 40kWh を購入する方がトータルの出費は安くなります。

X グレードより、G を買うべき理由ははっきりしています。40kWh ⇨ 60kWh への変更で、月に 1〜2 回程度の遠出のために予算を組めるのか? そこがポイントになります。

この記事が、あなたの日産リーフ E-Plus を待つべきかどうか考える参考になりましたら幸いです。ぜひ、コメント欄にてあなたのご意見をお聞かせください。

 

それでは、あなたの人生にドラマを!

サウンドオルビス(@soundorbis)でした。

記事へのお問い合わせ

soundorbis

224,863 views

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」の運営者、サウンドオルビスです。音楽・映像・文章コンテンツで、あなたがワクワクする情報を、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

ABOUT

聴く、奏でる、つくる人のための音楽メディア「soundorbis」。「サウンド」をキーワードに、イベント紹介や最新情報、商品レビュー、DTM講座、ハイテク家電の噂や小技など、サウンドが彩る刺激的な情報を発信しています。
soundorbis.com とは?

NEW POSTS