M-AUDIO M-Track 2X2レビュー!安いのに長く使える

この記事のURLとタイトルをコピーする
DTM
読者さん
読者さん
USB Type-C に対応してる安くて、音のいいオーディオインターフェースが欲しい...
サウンドオルビス
サウンドオルビス
それなら、M-AUDIO M-Track 2X2が安いのにクリアな音質でおすすめです!
M-AUDIO M-Track 2X2 のいいところ
  • とにかく安い
  • ハイレゾ音質に対応してる
  • USB Type-C に対応している
  • 老舗メーカー M-Audio 製
  • 操作系がわかりやすい
  • クリアな音質

時代はすでに USB Type-C です。次の iPhone や iPad でも、採用が予想されていますからね。

ちょうどオーディオインターフェースの買い替えを検討しているなら、安いのにハイレゾ音質もできる「M-AUDIO M-Track 2X2」はかなりおすすめです。

その将来性をみこんで、買ってしまいました。というわけで今回は、「M-AUDIO M-Track 2X2」のレビューをしていきます。

「M-AUDIO M-Track 2X2」買ってみたレビュー!安いのに長く使える5つの理由

サウンドオルビス
サウンドオルビス
「M-AUDIO M-Track 2X2」を1年以上、つかってきました。

DTM 初心者むけの入門機と思いきや、どうやらまちがっていたようです。

使っていくうちに、名機の予感プンプンです。

安いのに長く使うことになりそうな DTM 機材「M-AUDIO M-Track 2X2」の良さを、5 つご紹介させてください。

理由その1:USB Type-C なのに安い

M track2x2usbtypec

理由その1は、USB Type-C なのに安すぎること。

「新型MacBook Pro2016はクソだと騒ぐDTMerに朗報です」って記事にもしましたが、最先端すぎた USB Type-C を搭載したオーディオインターフェースはさぞお高いと想像していたんです。

約 1 万円ですよ!?

Apple の切り捨てで、DTM機材を入れ替える必要がでてきも、このぐらいの価格ならなんとかなります。

いま使っているオーディオインターフェースが壊れても、買い替えが怖くありません。

理由その2:入門機並みの値段なのにハイレゾレコーディングできちゃう

理由その2は、入門機並みの値段なのにハイレゾレコーディングできちゃうこと。

藤本健さんの「DTMステーション」の記事で、M-AUDIO M-Track 2X2でハイレゾレコーディングに挑戦しています。

製品ページからも。視聴できます。「M-AUDIO M-Track 2X2」の入門機並みの値段なのに、ハイレゾレコーディングできる底力が、はっきりわかります。

初心者 DTMer が買う場合も、将来性をふまえて安心して買えるオーディオインターフェスだと思います。

理由その3:ノブの設計がユーザー目線

M track2x2suberidome

理由3つ目は、ノブの設計がユーザー目線で使いやすいこと。

ノブに滑り止めがあって、まわしやすいです。

スルスルッとした感触なので、いつまでも回していたくなります。

M track2x2sirosen

見やすくて太い白線の配慮も、嬉しいです。

価格が安くて、コストを下げなきゃいけないのに、ユーザー目線で作り込みがしてあります。

読者さん
読者さん
M-AUDIO は神様ですね!
サウンドオルビス
サウンドオルビス
その通りです。

理由その4:操作系が単純で使いやすい

M track2x2nyuuryoku

理由4つ目は、操作系が単純で使いやすいこと。

操作系が、かんたんです。初心者 DTMer も、パッと見ただけでノブの役割がわかります。

左からノブの名称
  • マイク
  • ギター等
  • メイン出力
  • ブレンド・ノブ
  • ヘッドフォン

入力端子ごとにマークもはいっていて、作りこまれています。

初心者 DTMer が、最初に購入するオーディオインターフェース。第1位!に、君臨していてもおかしくない。

理由その5:使えば使うほどクリアで低ノイズを実感できる

Kazukihiro171227DSCF8866 Edit TP V

理由その5つ目は、使えば使うほどクリアで低ノイズを実感できるから。

急な透明感のある女性、これが「M-Track 2X2」の印象です。

  • なにもかもが、クリア
  • 音質も、操作系も、デザインも
  • 透き通った芯のある女性って感じ

以前は、6万のオーディオインターフェースを使ってました。

時代が進んだとはいえ、約1万円でこれほど済んだオーディオインターフェースを作れてしまうなんて……M-Audioさん、さすがです。

動画でも、その魅力を感じてみてください↓

M-Audio M-Track2×2 feat. Candice Gordon & A.S. Fanning_JP

使い込めば使い込むほど、クリアで低ノイズを実感できます。

開封の儀式!

レビューも終わったので、いってみましょう。

M track2x2katta2

「M-AUDIO M-Track 2X2m」と迷ったけど、ケーブルの取り回し大変だからMIDI入力端子ないモデルを選びました。

M track2x2katta3

入力の音量をいじるためのノブ。左側が、コンデンサーマイク用。右側が、ギターなどのライン入力用。

M track2x2katta4

左側が、オーディオインターフェースに直で入ってくる音と、パソコン内でなっているモニター音を調整するノブ。右側が、ヘッドフォン用です。

M track2x2katta6

「+48V」は、コンデンサーマイクで使うファンタム電源スイッチ。右側が見ての通り、ヘッドフォン端子。太りやつね、フォーン端子。

M track2x2katta7

「INSTRUMENT ②」の穴に、ギターなど楽器類のケーブルを接続します。

M track2x2side

左右は思ってたよりも堅牢なイメージだった。よく熱を逃がしてくれそうなつくり。

M track2x2katta10

背面はこんな感じ。

M track2x2katta11

M-Track 2X2の24bit A/Dコンバーターのマークが、ステキだよね。24bit/192kHz 対応してるんだよ。安いのにスゴイ。

USB Type-C の端子がついていますが、ケーブルは 2 本付属されています。「USB Type-C to USB-A」「USB Type-C to USB Type-C」の2本。太っ腹ですわ。

M track2x2katta12

「MAIN」って書いてある端子に、モニタースピーカーのフォーン端子を差し込みます。「MIC/LINE」って方は、コンデンサーマイクでも、ライン入力でもどっちでもいけます。コンボ入力端子って言うのよ。

この安さでこの装備は、ほんとありがたい。

購入はこちら

わたしが購入したのは、MIDI 端子がついていないものを購入しました。

MIDI キーボードは、Bluetooth でつなげています。だから。少しでも安い方を買うことができました。

>>> 愛しのRoland XP-10!Quicco SoundでMIDIキーボードとして復活

いまのところ、とくべつ困ってことにはなっていません。

そのほか、7万円以下で買える USB Type-C 対応のオーディオインターフェースをまとめておきました。

詳細は、こちら↓

M-AUDIO M-Track 2X2レビューのまとめ

「M-AUDIO M-Track 2X2」のレビューを、まとめるとこんな感じでした↓

レビューまとめ。安いのに長く使える5つの理由
  1. USB Type-C なのに安い
  2. 入門機並みの値段なのにハイレゾレコーディングできちゃう
  3. ノブの設計がユーザー目線
  4. 操作系が単純で使いやすい
  5. 使えば使うほどクリアで低ノイズを実感できる

安いのに、クリアな音質。ハイレゾまでこなして、USB Type-C に対応しているっていう将来性に、M-Audio さんの本気を感じました。

買おうか悩んでいる人は、正直オーディオインターフェースとして高い買い物じゃないので、試しに買ってみちゃって損はないと思いますよ。

というわけで、「M-AUDIO M-Track 2X2」を購入しました!って仲間がふえるのを、心よりお待ちしております。

M-AUDIO M-Track 2X2 最高!

Mtrack2x2guriguri

それでは、あなたの人生にドラマを!

ほかにも、サウンドアーティスト太鼓判の DTM 機材を紹介しています。詳細は、こちらをどうぞ↓

この記事のURLとタイトルをコピーする
記事へのお問い合わせ

サウンドオルビス

1,880,787 views

悩みからの解放宣言!!「音楽」と「テクノロジー」の悩みを解決するために、情報発信しています。現在「モバイルDTM」といえば、サウンドオルビス!!って言われるような記事をたくさん書いています。

プロフィール