• HOME
  • マウス
  • 「MA-ERGBT11N」レビュー!静音エルゴノミクスマウスの決定版

「MA-ERGBT11N」レビュー!静音エルゴノミクスマウスの決定版

マウス
この記事のURLとタイトルをコピーする

「クリックは静かな音の静音マウスで、Bluetooth 接続ができて、手首にやさしいエルゴノミクスマウスデザインがいい!」

ってマウスをお探しなら、まさに決定版のマウスがあります。その名も、「MA-ERGBT11N」です↓

「MA-ERGBT11N」とは?

サンワサプライさんからリリースされている、静音Bluetoothエルゴノミクスマウスのことです。

人間工学形状で手首の負担を軽減しつつ、静かで心地よいクリック音が特徴的なマウスですね。

奇抜なデザインのおおいエルゴノミクスマウスのなかでも、かなり控えめなデザインのマウスです。しかし、傾斜角度は 55° あり、手首をひねることなく自然なポジションでパソコン作業を楽にしてくれます。

「MA-ERGBT11N」を決定版としてオススメしたい理由は、やはり静音+Bluetooth 接続であることです。ただ静かなだけではなく、高級感を感じさせる堅牢さにもつながっているんですよ。詳しくは、本文に続くとして...

はじめて静音タイプのマウスを触ってみたわけですが、これに慣れてしまうと普通のマウスのクリック音が、うるさく感じてしまうのは不思議な現象です。

この記事でわかること
  • MA-ERGBT11N の評価・レビュー
  • MA-ERGBT11N を使ってみた感想
  • MA-ERGBT11N の付属品・詳細スペック
  • MA-ERGBT11N の気になるポイント
  • MA-ERGBT11N の疑問を解決!

この記事では、静音Bluetoothエルゴノミクスマウス「MA-ERGBT11N」が気になっているあなたの背中を、後押しする記事になっています。欲しくなってしまうので、ご注意を!!笑

というわけで今回は、静音Bluetoothエルゴノミクスマウス「MA-ERGBT11N」を、買ってみたレビューしていきます。

MA-ERGBT11N の同封品をレビュー

MA ERGBT11N 同封品レビュー

同封品
  • MA-ERGBT11N マウス本体
  • MA-ERGBT11N の取扱説明書
  • 単四乾電池 × 2

MA-ERGBT11N の同封品をレビューしていきましょう。

ぜんぶで3つですね!USB レシーバタイプのマウスと違って、点数がすくないのがうれしいです。なんせ、はじめてなもんで汗

電池はテスト用なので、はやめに予備を買っておいたほうがいいかも?取扱説明書については、無くしてしまったときは公式の PDF でみれるので安心ですね。

MA-ERGBT11N の外観・見た目をレビュー

MA ERGBT11N 右側

MA-ERGBT11N の外観・見た目をレビューしていきます。

クリックする側から見てみると、エルゴノミクス感のある独特な形がおもしろいですね。

ホイールの下にあるボタンは、DPI 変更ボタンです。おすと、マウスカーソルの反応スピードがかわりますよ。

MA ERGBT11N 正面

正面からみると、分厚い印象がありますね。ですが、親指をおくところがくぼんでいるため、マウスをにぎると薄く感じるんですよ。

MA ERGBT11N 左

左側のくぼんでいるほうからみてみましょう。まず、「戻る・進む」ボタンが目に入りますよね。親指を置く場所から十分なスペースがあるので、押し間違いもありません。

マウス下部の「へ」の部分は赤く光ってマウスの状態を教えてくれます。「参考:「MA-ERGBT11N」を、 Bluetooth でペアリングする方法」

MA ERGBT11N 後ろ側

後ろからみると、どれだけ親指をおく場所が窪んでいるかわかりやすいですね。そして、エルゴノミクスマウスのデザインの面白さを感じることができますよ。

MA-ERGBT11N の静音クリックをレビュー

MA ERGBT11N 右クリック画像

MA-ERGBT11N の静音クリックをレビューしていきます。

エルゴノミクスマウスのなかでも、静音タイプというのは少ないです。だから、MA-ERGBT11N は貴重な存在なんですよね。

どのぐらいいい感じの音なのかは、ぜひ動画でチェックしてみてください↓

マウスのクリック音を比較するために、「MA-ERGBT11N」とおなじサンサプライさんのエルゴノミクスマウス「MA-ERGW13」と比べてみました。動画の音について、 iMovie の音量アップと、低域軽減だけ修正を加えています。

静音マウスと普通のマウスの音の違い
  • MA-ERGBT11N:クリックの高い音がまるくなった「カコッ」って感じの静かな音
  • MA-ERGW13:クリック音が乾いた「カチッ」って感じの高い音

静音マウスをつかってみると、高い音がまるくなった感じですごく心地いいんです。印象としては普通のマウスの音より、オクターブ下がったような感じ。

だから...MA-ERGBT11N をつかってから他のマウスに戻ると、クリックの乾いた音が気になってしまうんですよ。これはある意味、罪なところかもしれません。

ちなみにクリック感は軽すぎず、押している感覚があっていい感じです。静音のための構造のおかげで、チープさを感じなくなっているところがポイントかもしれません。

MA-ERGBT11N のスクロールホイールをレビュー

MA ERGBT11N スクロールホイールの画像

MA-ERGBT11N のスクロールホイールを、レビューしていきましょう。

MA-ERGBT11N のスクロールホイールを回したときに、違和感をおぼえるんですよ。違和感の正体は、スクロールホールが斜めになっているからですね。

わたしの操作のクセか、どうしてもスクロールホイールに上から力が入った状態で回してしまうんですよ。だから、回す時にひっかかりを感じるんですよ。

MA ERGBT11N wheel2

スクロールホイールの斜めに沿ってゆびをうごかす意識さえできてしまえば、とてもスムーズにまわってくれるホイールです。

あとは、わたしの意識がかわれば問題ない。慣れるまで、時間の問題ですね。

MA-ERGBT11N のドライバソフトをレビュー

MA-ERGBT11N のドライバソフトは、Mac では使用できないのでレビューできませんしたorz

サンワサプライさんのブルーLEDマウス用ユーティリティ「SANWA SUPPLY Mouse Utility」は、Windows 対応です。2020年4月5日時点での対応 OS は、「Windows 10・8.1・8・7」となっています。Windows ユーザーは、ご安心ください。

公式の説明ですと、割り当てできるボタンは、「ホイールクリック・戻る・進む」ボタンの3つですね。Mac では使えないので、羨ましいです...

といっても、Mac でもカスタマイズできる3つのボタンを、有効化させることができるんです。くわしくは、記事後半の「MA-ERGBT11N は、Mac で使えるの?」を参照してください。

MA-ERGBT11N 手触り・触り心地をレビュー

MA ERGBT11N を握っている画像

MA-ERGBT11N 手触り・触り心地をレビューしていきます。

第一印象で思ったのが、マットな仕上がりと、サラサラした感触が最高!ってことです。マットな仕上がりが、価格以上の価値を感じさせてくれるんですよ。

さらにこのサラサラとしたマウスの触り心地が、握ったときの高級感にもつながっている気がします。

また手のフィット感もすごくいいです。写真で見ると分厚く見えるかもしれませんが、にぎってみると想像以上に薄くてびっくりします。

ちなみにわたしの手は小さい方なんですが、サイズ感がぴったり・しっくりきています。手の大きい方は、むしろ小ささを感じるかもしれません。

「MA-ERGW13」のときもレビューしましたが、サンワサプライさんのマウスは、すごく手触りにこだわりを感じるので、とても好印象です。

MA-ERGBT11N の疑問をわかりやすく解決!

疑問の画像

ここからは、サンワサプライさんの「MA-ERGBT11N」について、ちょっとした疑問を、Q&Aで解決していきます。

「M-HT1DRBK」を購入する前に、わたしが思っていた疑問などを、実際に使っているユーザーの目線で解説していきますね。

スリープの復帰は、どんな感じ?

【質問】パソコンのスリープ復帰は、時間がかかりますか?

【回答】ちょっとだけ、タイムラグを感じます。

スリープからの復帰は、ワンテンポおくれる感じがあります。

理由はで、Bluetooth 接続だからですね。パソコンをスリープ状態から復帰させるために、マウスをクリックしてから数秒のタイムラグが気になりました。

Mac を外部ディスプレイに繋げている影響があるのかもしれません。Bluetooth 接続タイプを使っている方なら、気にならないかもしれません。

わたしは、いままで USB レシーバタイプを使って、これほどラグを感じたことがありませんでした。だからこの感覚は、意外でしたね。

MA-ERGBT11N の Bluetooth ペアリングって、難しいの?

【質問】ペアリングって、難しいですか?

【回答】ペアリング作業は、とても簡単です!

「MA-ERGBT11N」の Bluetooth ペアリング作業は、とてもカンタンでした。

「MA-ERGBT11N」の Bluetooth ペアリングする方法について、あわせて載せておきますね↓

「MA-ERGBT11N」を、 Bluetooth でペアリングする方法

MA ERGBT11N ペアリンボタンの位置

「MA-ERGBT11N」を、 Bluetooth でペアリングする方法を解説します。

ペアリングボタンは、マウスの底面についていますよ。

MA ERGBT11N pairbtn2

ペアリング作業は、この青いボタンを押すだけです。通常のマウス動作でおしてしまわないように、ちょっと押し込む構造になっています。

ペアリング中は、赤いランプの点滅で教えてくれます↓

ペアリング中の赤い点滅
(Size: 290KB)

点滅がはじまったら、Bluetooth 接続したいパソコンで、「MA-ERGBT11N」を探してあげましょう。

MA ERGBT11N bluetooth1
画像:Mac のシステム環境設定の画面キャプチャ

Mac だとシステム環境設定の「Bluetooth」から、マウスを探します。デバイスの中にある「MA-ERGBT11N」を見つけたら、接続 をクリックします。

MA ERGBT11N bluetooth2
画像:Mac のシステム環境設定の画面キャプチャ

接続をクリックすれば、即座につながりました!ここまでで、「MA-ERGBT11N」を、 Bluetooth でペアリングする方法の解説はおわりです。

ワンポイントアドバイス
Windows 版でも同じような手順ですが、くわしくは公式のマニュアルをごらんください → 静音Bluetoothエルゴノミクスマウス 取扱説明書 MA-ERGBT11N

普通のマウスから乗り換えても、使えるの?

【質問】エルゴノミクスマウスはじめてでも、MA-ERGBT11N 買っても大丈夫?

【回答】大丈夫です。むしろ、初心者むけかも!?

MA-ERGBT11N は、普通のマウスに近い感覚でマウスを握ることができます。

サンワサプライさんからリリースされているエルゴノミクスマウス「MA-ERGW13」も持っているのですが…「MA-ERGW13」は、操縦かんをにぎっている感覚です。ロボットを操縦しているイメージでしょうか?

「MA-ERGBT11N」はむしろ、傾斜角 55°でも普通のマウスに近い感覚で扱うことができます。すぐに使えるイメージですね。

公式では大型のエルゴノミクスマウスということだったので、どのぐらい感覚が違うのか不安でしたが…実際につかってみると、意識しなくても使える感じがします。

デザイン的にもシックで落ち着いた感じなので、はじめてエルゴノミクスマウスを挑戦したい人にも、おすすめですよ。

MA-ERGBT11N って、手からすべりやすいの?

【質問】MA-ERGBT11N って、すべりやすいの?

【回答】たしかにすべすべですが、持ち上げのは難しくありません。

MA-ERGBT11N は、サラサラとした手触りがすばらしいんです。サンワサプライさんのこだわりを感じる部分です。ただこのすべすべが、持ちづらいと感じる方もいるかもしれません。

マウスでの作業をしていると、マウスパッド以上の動作をする場合に、いちどマウスを持ち上げて移動するという動作があります。そのときに、「MA-ERGBT11N」はやりづらいんじゃないか?すべりやすいんじゃないか?ってイメージしがちです。

実際に使ってみたユーザーからすると、コツがいることは確かですが、マウスを持ち上げることは難しくはありません。

たしかに冬場のさらさらした指や手だと、ツルツル滑るかもしれません。夏場などは手に湿り気があるときには、どんな持ち方でもすべらないので、持ち上げることができます。

どうしても持ち上げられない!って方のために、ひとつだけ持ち方を提案するならこれですね↓

MA ERGBT11N 持ち方1

親指側にプラスチックの固い面があります。ここに親指をのせることで、すべることなく持ち上げることができますよ。お試しください!

MA-ERGBT11N は、Mac で使えるの?

【質問】MA-ERGBT11N は、Mac で使えるの?

【回答】もちろん。Mac で使うことができますよ。

しかし、公式サイトの情報では、サイドにある「戻る・進む」ボタンは、使えないことになっています。

理由は、サイドのボタンに割り当てられている「ボタン4・5」が、Mac では機能しないためなんです。

しかし、そのボタンを Apple の Mac でも利用することができるんです。

その方法は、キーカスタマイズソフトを使うやり方です。ちゃんと、Mac でも機能させることができますよ。

公式の方法ではありませんが、「MA-ERGW13」とおなじ方法で、サイドにあるボタンが使えるようになります。気になる方は、こちらの記事をどうぞ↓

MA-ERGBT11N・MA-ERGW10N・MA-ERG9N の違いは?

【質問】MA-ERGBT11N・MA-ERGW10N・MA-ERG9N の違いはなんですか?

【回答】それぞれ、接続の方法が違います。

それぞれのモデルの違い
  • MA-ERGBT11N:Bluetooth ワイヤレス接続
  • MA-ERGW10N:ワイヤレス(2.4GHz)USB レシーバで接続
  • MA-ERG9N:有線 USB ケーブルで接続

細かいところで、重量や分解能の選択できる数がちがったりしていますが、デザイン的には同じです。基本的には、接続の違いと思えばいいでしょう。

サンワサプライさんのエルゴノミクスマウスについては、公式のページがわかりやすいので、そちらを参照してください↓

MA-ERGBT11N の電池は、何を使うんですか?

【質問】エレコムの「MA-ERGBT11N」の電池は、何を使うんですか?

【回答】単四乾電池を、2本使います。

【コメント】

MA ERGW10N battery

単四乾電池が同封されています。しかし、テスト用なので電池寿命は短いそうです。付属の電池でもたなくても、電池消耗がはげしいのでは?と間違えないようにしましょう!

「MA-ERGBT11N」のレビューまとめ

まとめの画像

「MA-ERGBT11N」をレビューさせていただきました。静音エルゴノミクスマウスの決定版として、まさにおすすめしたい1品でした。まとめると、こんな感じ↓

まとめ
  • 同封品:USB レシーバがないから新鮮!
  • 外観:エルゴノミクスマウスのなかでも落ち着いたデザイン
  • 静音クリック:最高!普通のマウスのクリック音が気になる諸刃の剣
  • スクロールホイール:ななめの構造に、まだ意識がおいつかない。だから、ひっかかりながら回すようなイメージになってしまう
  • 触り心地:マットな仕上がり、サラサラ感触が、高級感ある。サンワサプライさんのこだわりを感じる部分

って感じでした。「MA-ERGBT11N」についての疑問などは、これから使う中で追記していければと思います。

サンワサプライの「MA-ERGBT11N」は、あらためてはじめてエルゴノミクスマウスを買う人にとって、決定版となる1台だと感じました。

静音タイプだから、職場の会議室や夜間など、音を出せない場所でおおいに活躍してくれますよ。デザイン的にも主張しすぎないので、どんな人にも、どんな場面にもオススメです。

今回のレビュー記事が、あなたのエルゴノミクスマウス選びの参考になったら、幸いです。

管理人
管理人
それじゃあ、今回はこの辺で!?

そのほか、エルゴノミクスマウスのおすすめや選び方をまとめた記事があります。エルゴノミクスマウスについて、もっと深く知りたい方は、こちらの記事をごらんください↓

関連する記事

この記事のURLとタイトルをコピーする

サウンドオルビス

2,582,196 views

「音楽」と「テクノロジー」をキーワードに、あなたの「やってみたい!」悩みを解決するために、情報発信しています。

プロフィール
記事へのお問い合わせ