MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法

MacでDTMライブ配信

「Macのライブ配信で、オーディオインターフェイスを使う方法を教えてください!」って疑問を、解決していきます。

ライブ配信の音声を、プロレベルの音質にしたくありませんか? それなら、オーディオインターフェイスを接続するテクニックが、必要不可欠です。

今回の講座をよめば、誰でもカンタンにライブ配信のマイク音声を改善することができちゃいますよ。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
Macでやる!! DTM ライブ配信講座の第3回目です。

というわけで今回は、Mac の DTM ライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法を解説していきます。

記事を読むと、こんな感じのライブ配信ができるよ↓
動画:ライブ配信時のマイク音質を比較 (Size: 799KB)

MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法

講座の流れ

Mac の DTM ライブ配信に「オーディオインターフェイスを使う方法」を、解説していきます。

まずは「第2回目の講座」をよんで、動画のようなライブ配信ができるところまですすめてください。
助手くん
助手くん
オーディオインターフェイスって、接続するだけじゃダメなの?
助手ちゃん
助手ちゃん
ソフトの設定を、変えないといけないのでしょうか?
プロレベルといっても、難しくないよ。ひとつずつ、ゆっくりやってみよう!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

第3回目の講座から、準備してほしい機材がふえています。プロレベルのマイク音質にするために、必要な投資ですのでしっかり検討していきましょう。

初心者のライブ配信者にもわかりやすく、3ステップ形式でまとめました。それでは、いってみよ〜!

【ステップ1】必要なものを準備する(Mac にオーディオインターフェイスを接続)

必要なもの説明
Mabcook2016 toppic011.Macこれがないと、はじまりませんね。iMac・Macbook など。
youtubeライブ配信
2.ライブ配信先アカウント
ライブ配信したいサービスのこと。今回は「YouTube Live」で、ライブ配信していきます。
【アカウントを作成する】YouTube でアカウントを作成する - YouTube ヘルプ
Gbmac basic screen3.DAW今回は DAW「GarageBand」を、使っていきます。Mac で無料でつかえるなんて、ありがたい。
【Mac App Store でダウンロード】GarageBand
4.ライブ配信ソフトOBS Studioというソフトを使います。高機能かつ無料なので...感謝、感謝!!
【解説】OBS Studio(Mac版)のダウンロード・インストール方法
Ladiocast capture livestream5.音声ルーティングソフトLadioCastという無料のアプリを使います。Mac 内の音声の流れを、設定できるようになりますよ。
【解説】LadioCastのダウンロード方法や使い方を、初心者むけに徹底解説
Soundflower 2ch change
6.仮装オーディオデバイス
Soundflowerという無料のユーティリティを使います。これで、DAW の音をライブ配信に流せるようになります。
【解説】【徹底解説】Soundflowerの使い方!!手軽な仮装オーディオデバイス
900st item
New icon 7.モニタリングヘッドホン
2回目の講座では、モニタリングヘッドホンを使います。オーディオインターフェイスに接続できる 6.3mm ジャックタイプですね。今回は「SONY MDR-900ST」を、使っていきます。
Condencer mic nt1a
New icon 8.マイク(コンデンサーマイク・ダイナミックマイク)
今回は「RODE NT1-A」を使っていきます。オーディオインターフェイスに接続できる XLR 端子のついたマイクを用意してください。
Maudio mtrack22 nobcenter
New icon 9.オーディオインターフェイス
今回は「M-AUDIO「M-Track 2X2」」を使っていきます。Mac に接続できるオーディオインターフェイスを、用意してください。わからない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください→「オーディオインターフェイスおすすめタイプ!超まとめ

ステップ1は、必要なものを準備してください。そして、Mac にオーディオインターフェイスを接続します。

「第1回目の講座の必要なものリスト」に、3つ「モニタリングヘッドホン・マイク・オーディオインターフェイス」を追加してください。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
前回あったイヤホンは、必要なものリストから削除してくださいね!

必要なものを準備したら、オーディオインターフェイスを Mac に接続してみましょう↓

Audioif connect tomac
画像:Macbook Pro の USB Type-C 端子に、オーディオインターフェイスを接続

今回の講座で追加したオーディオインターフェイス「M-Audio M-Track 2X2」に、コンデンサーマイク「RODE NT1-A」、モニタリングヘッドホン「SONY MDR-900ST」も接続した状態です。

ここまでで、ステップ1「必要なものを準備する(Mac にオーディオインターフェイスを接続する)」は、完了です。

【ステップ2】ソフトの入・出力設定を、オーディオインターフェイス用に変更する

ステップ2は、ソフトの入・出力設定を、オーディオインターフェイス用に変更していきます。

第2回目の講座の「Soundflower」「LadioCast」「DAW」「OBS Studio」の 入・出力設定を、すべて変更していきましょう。

といっても、オーディオインターフェイスのデバイスに変更するだけなのでカンタンですよ。それでは。いってみよ〜!

Soundflower のオーディオインターフェイス接続時の設定

Mac audiodevice soundflower

Soundflower の設定を、変更していきます。

Mac のメニューバーにある音量ボタンを、クリックしてください。

出力装置は、オーディオインターフェイスの名前 をクリックして、チェックマークをつけてください。(今回はM-Track 2X2 でした。)

この設定で、パソコンでなっている音を、直接オーディオインターフェイスのモニタリングヘッドホンで聴くことができますよ。

ここまでで、Soundflower のオーディオインターフェイス接続時の設定は完了です。

ワンポイントアドバイス

ここで「Soundflower(2ch)」を選択すると、ライブ配信に Mac 内部の音をライブ配信にのせることができます。つまり、ブラウザで再生した音を配信にのせることも可能になります。

LadioCast のオーディオインターフェイス接続時の設定

LadioCast の設定例
  • 入力1:Soundflower(2ch)
  • 入力1の出力先:メイン
  • 出力 メイン:オーディオインターフェイスの名前(今回はM-Track 2X2
  • その他の入力・出力:すべて「N/A」で大丈夫です。

LadioCast の設定を、変更していきます。

上記の設定例を参考に、LadioCast の設定をオーディオインターフェイス用に変えてみてください。

DAW「GarageBand」の音を、「Soundflower(2ch)」に送っています。

「Soundflower(2ch)」の音を、出力 メインでオーディオインターフェイスに送ることで、モニタリングヘッドホンでライブ配信の音をチェッックできる流れになっています。

ここまでで、「LadioCast のオーディオインターフェイス接続時の設定」はバッチリです!

DAW「GarageBand」のオーディオインターフェイス接続時の設定

オーディオデバイス設定例

Gbmac setting input audioif

  • 出力デバイス:Soundflower(2ch)
  • 入力デバイス:オーディオインターフェイスの名前

DAW「GarageBand」の設定を、変更していきます。

⌘ Command, ショートカットキーで、GarageBand 環境設定の画面をひらいてください。

オーディオ/MIDI タブを、クリックします。

「オーディオ/MIDI」タブにある入力デバイスを、オーディオインターフェイスの名前 に変更してください。(今回は M-Track2X2

入力デバイスを切り替えた時点で、設定が変更されています。左上のバツボタンをクリックして、GarageBand 環境設定のウィンドウを閉じてください。

garageband の楽器トラックとオーディオトラック

そのほかの設定は、前回の講座とおなじです。

「ソフトウェア音源トラック」と「オーディオトラック」を立ち上げる方法や、「トラックヘッダの設定」を確認する場合は、第2回目の講座を参照してください↓

【関連】3.DAW(GarageBand)の設定 - MacのDTMライブ配信で、マイク音声をのせる方法【3ステップ】

ここまでで、DAW「GarageBand」のオーディオインターフェイス接続時の設定は、完了です。

OBS Studio のオーディオインターフェイス接続時の設定

Obs setting audioif connect

オーディオインターフェイス接続時の OBS Studio の設定を、みていきましょう。

第1回目の講座で、DAW「GarageBand」のプレビュー画面を表示させました。第3回目の講座でも、設定の変更はありません。

まとめると長くなってしまうため、第1回目の講座「4.OBS Studio の設定」をご確認ください。

Obs mic setting muted

GarageBand・Logic Pro X でこの講座を試している方は、音量ミキサーのマイクが「ミュート」にするのをお忘れなく!

DAW によっては、入出力を別で選択できない場合があります。

その時は、マイク機能をつかってライブ配信にオーディオインターフェイスの音を使うことができるようになりますよ。

やり方は、Macでやるライブ配信講座の第9回目「MacのDTMライブ配信で、OBSのマイク機能を使って放送する方法」にまとめておきましたので、確認してみてください。

ここまでで、OBS Studio のオーディオインターフェイス接続時の設定の説明は完了です。

【ステップ3】オーディオインターフェイスを通したマイクの音で、ライブ配信できるかチェックする

youtubeライブ配信

ステップ3は、オーディオインターフェイスを通したマイクの音で、ライブ配信できるかチェックしてみましょう。

もしライブ配信のやり方を忘れてしまったときは、第1回目のライブ配信講座を読みかえしてみましょう↓

【参考】【ステップ3】実際に DTM ライブ配信をやってみる - MacでDAWの画面を音入りでライブ配信する方法

【参考】YouTubeでライブ生配信するやり方まとめ

助手くん
助手くん
あれ?エンコーダ配信って、どうやるんだっけ?
助手ちゃん
助手ちゃん
もう!第1回目の講座内容を、しっかり読みかえそう?
なん度も繰り返すことで、おぼえられますよ。焦らずに!!
サウンドオルビス
サウンドオルビス

ここまでで、ステップ3「オーディオインターフェイスを通したマイクの音で、ライブ配信できるかチェックする」は、完了です。

MacのDTMライブ配信で、オーディオインターフェイスを使う方法を試した結果...

動画:ライブ配信時のマイク音質を比較 (Size: 799KB)

MacのDTMライブ配信で、オーディオインターフェイスを使う方法を試した結果について、まとめていきます。

第3回目の講座をよむと、上記の動画のようにライブ配信のマイク音質を向上させることができます。

Mac の内臓マイクを使うよりも、格段に音質がアップしていますね。まさに、プロ品質といっていいでしょう。

Mac で DTM ライブ配信の音声を、プロクオリティにしたいひとは、ぜひトライしてみてください。

ここまでで、ステップ3の「オーディオインターフェイスを通したマイクの音で、ライブ配信できるかチェックする」は、終了です。

MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法まとめ

まとめの画像

MacのDTMライブ配信に「オーディオインターフェイスを使う方法」を、解説させていただきました。

まとめると、こんな感じ↓

MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法【3ステップ】
  • 【ステップ1】Mac にオーディオインターフェイスを接続する
  • 【ステップ2】ソフトの入・出力設定を、オーディオインターフェイス用に変更する
  • 【ステップ3】オーディオインターフェイスを通したマイクの音で、ライブ配信できるかチェックする

【記事上に移動するリンク】
MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法【3ステップ】

「ダイナミックマイク」「コンデンサーマイク」をつかえるようになるので、プロレベルの音質でマイクの音声をとどけることができるようになります。

マイクの音質向上だけじゃなくて、遅延のないモニタリングができるようになりますよ。だから、弾き語り生放送だってできちゃうんですよ。

サウンドオルビス
サウンドオルビス
ギターで弾き語りする場合は、また別の講座で解説しますね。需要があれば!汗

もしわからないところや、説明不足なところがありましたら、サウンドテック・ラボの中の人(サウンドオルビス)まで、ご連絡ください。

次回の講座↓
【講座4】MacのDTMライブ配信で、カメラの映像を使う方法

本講座があなたの DTM ライブ配信の悩みを、解消できていたらうれしいです。そのほか「Mac でやる!! DTM ライブ配信講座のバックナンバー」は、こちらからどうぞ↓

サウンドオルビス

4,582,011 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事