Macでやる!!DTMライブ配信講座|誰でもできるやり方を徹底解説

MacでDTMライブ配信

「Mac で DTMライブ配信するやり方を、教えてください!!」という Mac でライブ配信に悩むあなたの疑問を、解決していきます。

実際にライブ配信ができるようになるまで、しっかりサポートさせていただきますね。1回目から順番に読むことで、誰でも簡単に Mac で DTM ライブ配信できるようになりますよ。

というわけで今回は、Macでやる DTM ライブ配信講座のご紹介です。とてもカンタンなので、ぜひトライしてみてくださいね!

Macでやる!! DTM ライブ配信講座【バックナンバー付き】

この講座の最終目標ライブ配信
ライブ配信の完成動画 (Size: 1MB)

【講座1】DAWの「画面と音」を、ライブ配信してみよう

第1回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

1回目の講座は、「DAW の画面」「DAW の音」をライブ配信にのせる方法です。いくつかのアプリと作業が必要ですが、安心してください、ひとつずつ丁寧に解説していきますよ。
機材は、Mac が1台あればいい! ほんとの基礎からスタートしていきます。挫折した経験のある人にこそ、試してほしい内容です。下のボタンクリックで、記事「MacでDAWの画面を音入りでライブ配信する方法」を読んでみましょう。

【講座2】ライブ配信に、マイク音声をのせてみよう

第2回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

2回目の講座は、Mac の DTM ライブ配信に「マイクの音声」をのせる方法です。ライブ配信の楽しさは、視聴者とのコミュニケーション。あなたの声で語りかけることで、ライブ配信はもっとおもしろくなりますよ。
まずはシンプルに、Mac の内蔵マイクでトライしましょう。下のボタンクリックで、記事「MacのDTMライブ配信で、マイク音声をのせる方法」を試してみましょう!

【講座3】オーディオインターフェイスで、マイク音声をプロ品質にしよう

第3回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

3回目の講座は、オーディオインターフェイスを使ってみましょう。ライブ配信の音声を、プロ音質に変えることで、ライブ配信のクオリティをガツーンとアップできますよ。
下のボタンクリックで、記事「MacのDTMライブ配信に、オーディオインターフェイスを使う方法」を、試してみましょう!。

【講座4】ライブ配信に、カメラ映像をのせてみよう

第4回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第4回の講座は、Mac の DTM ライブ配信に、カメラで撮影した映像をのせる方法です。顔出ししながらライブ配信したい人や、キーボードや演奏する手元の映像をのせたい人は、必見です。
ボタンクリックで、記事「MacのDTMライブ配信で、カメラの映像を使う方法」を、試してみましょう!

【講座5】ライブ配信の画面に、「外枠」を重ねてみよう

第5回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第5回の講座は、ライブ配信画面の「外枠」を作る方法です。ライブ配信の外枠を使うことで、配信者の情報を、わかりやすく視聴者に伝えることができますよ。
下のボタンクリックで、記事「実例付き!ライブ配信画面の「外枠」を作る方法」を、試してみましょう!

【講座6】YouTubeのコメントを、OBSのライブ配信に透過表示してみる

第6回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第6回の講座は、OBS Studio のライブ配信画面に、「YouTube Live のコメント」を透過表示する方法です。コメントを視聴者と共有することで、いっしょに盛り上がることができるようになりますよ。
下のボタンクリックで、記事「YouTubeのコメントを、OBSのライブ配信に透過で表示する方法」を、試してみましょう。

【講座7】OBSのライブ配信に、横に流れるテロップテキストを表示しよう

第7回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第7回の講座は、OBSのライブ配信に、横に流れるテロップテキストを表示する方法です。
生放送の画面に、テキストを横に流すことで、視聴者にも「何をしているのか?どんな番組なのか?」をわかりやすく伝えることができますよ。
ボタンクリックで、記事「OBSのライブ配信に、横に流れるテロップテキストを表示する方法」を、試してみましょう!

【講座8】OBSのライブ配信で、透過ボックスを表示しよう

第8回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第8回の連載は、OBSのライブ配信に、透過ボックスの背景や枠線を表示する方法です。第8回目をおえると、見本動画とおなじライブ配信ができるようになりますよ。
下のボタンクリックで、記事「OBSのライブ配信で、透過ボックスの背景や枠線を表示する方法」を、試してみましょう!

【講座9】MacのDTMライブ配信で、OBSのマイク機能を使って放送する方法

第9回目の目標動画↓
この講座のポイント↓

第9回目の講座は、MacのDTMライブ配信で、OBSのマイク機能を使って放送する方法です。DAW のオーディオ設定の影響で、ライブ配信できない人のために補足講座になります。
DAW によっては、オーディオ設定で仮想オーディオデバイスを選択すると、入力デバイスが選択でなくなる場合があるようです。OBS Studio のマイク機能を使うことで、たとえば CUBASE をつかって DTM ライブ配信する方法がありますので、参考にしてみてください。
下のボタンクリックで、記事「MacのDTMライブ配信で、OBSのマイク機能を使って放送する方法」を、試してみましょう。

Macでやる!!DTMライブ配信講座まとめ

Mac dtmlive thum

Mac でやる!! DTM ライブ配信講座でした。初心者むけに、DTM/DAW といった音楽系のライブ配信に、Mac で挑戦してみたけど...

「むずかしい!挫折した!」

って、あきらめた人...けっこう、いたんじゃないでしょうか?

サウンドオルビス
サウンドオルビス
わかります。その気持ち...

実際に Mac でライブ配信経験のある筆者が、世界でいちばんわかりやすい Mac でライブ配信講座を書いてみることにしました。

ぶじ Mac で DTM ライブ配信を行うことができていたら、うれしいです。「うまくいったよ!」ってうれしいこえは、ぜひTwitterにご連絡ください!あらためて今回の講座バックナンバーはこちら↓

それでは、今回はこの辺で!?本連載企画の記事が、あなたの Mac でライブ配信についての疑問を、解消できていたら幸いです。そのほか、DTM に関する悩みを解決する記事をご用意しております。あわせて、こちらの記事をごらんください↓

【関連】DTM音楽制作の記事まとめ | サウンドテック・ラボ

サウンドオルビス

3,398,603 views

サウンドテック・ラボ編集部兼ライター。「音楽×テクノロジー」をキーワードに、毎日記事を更新中。DTM音楽制作のハウツーや最新情報で、あなたの「やってみたい!...

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事