Macのメールアプリで、一括でバックアップする方法3選

Macアプリ・ソフト

「Macのメールアプリで、昔のメールをまとめてバックアップしたい!!」って疑問を、解決していきます。

友達から添付ファイルのついたメールなど、バックアップしておきたいですよね? 仕事のメールは、ネットじゃなくて PDF 化して手元に保存しておいたほうが、セキュリティ的にも安心です。

添付ファイルのあつかいにはコツがいるので、注意点もポイント解説しておきました。

というわけで今回は、Macのメールアプリで、一括でバックアップする方法を3つご紹介します。

【3選】Mac のメールアプリで、メールを一括バックアップする方法

Mac をバックアップする3つの方法
  • PDFとして書き出す方法
  • 別名で保存する方法
  • 添付ファイルを手動で、保存する方法

この記事では、3つの「Macのメールソフトで、メールをバックアップする方法」を解説します。

それぞれの特徴があるため、ひとつずつ説明していきますね。それでは、試してみましょう〜!

1.PDFとして書き出す方法

PDFとして書き出す手順

Macmail pdf hozon

  1. Mac メールアプリを起動
  2. バックアップしたいメールを左クリックで選択
  3. メニューバーのファイルをクリック
  4. PDF として書き出す...をクリック
  5. 保存先のフォルダをえらんで、保存をクリック
  6. PDF 化されたメールが、書き出される
PDF のメール書き出しは、コツがいる?
Mac mail 101stop
画像:表示がでたままの Mac メール

Mac メールの PDF 書き出し機能には、ちょっとしたコツがあります。

  • 100通以上のメールは、バックアップで止まる
  • バックアップが完了しても、表示がでたままになる

検証で 432 通のメールを一括でバックアップしたときに、101通目でバックアップが止まったんですよ。なんど試しても、同じ結果でした。

またバックアップが完了しても、「PDFの内容を生成中...」が表示されたままになることもおおかったですね。保存先のフォルダをみると、メールはすべて PDF で書き出されていました。キャンセルをクリックすれば OK なので、機能的には問題ありませんね。表示が消えないだけ。

補足コメント

PDFで書き出す方法でした。

さらに PDF として書き出す方法では、大きな動画などの添付ファイルを保存できませんでした。

コツと特徴をふくめると、バックアップのメールがおおいときは、2つめの方法をお試してみてほしいですね。

2.別名で保存する方法

別名で保存する手順

Macmail betumeidehozon

  1. Mac メールアプリを起動
  2. バックアップしたいメールを左クリックで選択
  3. メニューバーのファイルをクリック
  4. 別名で保存...をクリック
  5. 保存先フォルダ・フォーマットを選んで、保存をクリック
  6. 選んだフォーマットで、メールが書き出される
選べる3つのフォーマット

別名で保存の場合は、3つのフォーマットを選べます。

  • メッセージソース:Macのメールアプリで読む形式
  • リッチテキストフォーマット:HTML形式
  • 標準テキスト:プレーンなテキスト

メッセージソースは、そのまま添付ファイルも込みで保存できますが、Macのメールソフトのみで閲覧できます。

リッチテキストフォーマット・標準テキストは、「添付ファイルを含める」にチェックをいれることで画像などを含めてバックアップできます。
大きな動画などは、含められませんでした。1つのテキストファイルに結合されるため、デザインや検索のしづらさがありますね。

【参考】Mac の「メール」でメールに標準テキストまたはリッチテキストを使用する

補足コメント

別名で保存する方法でした。別名で保存する方法は、管理しづらいですが、添付ファイルを保存するできる形式です。

書き出し完了まで、わりと時間がかかる印象です。じっくり、待ちましょうね。

バックアップしたメールは、ちゃんと画像など添付されているか確認するようにしてください。

3.添付ファイルを手動で、保存する方法

添付ファイルを手動で保存する手順
  1. 添付ファイルを保存したいメールを、選択
  2. Macのメールソフトメニューバーファイルをクリック
  3. 添付ファイルを保存をクリック
  4. 保存先のフォルダを選択し、保存をクリック
  5. 添付ファイルだけが、書き出される
添付ファイルの保存が目的なら?

2つめの「別名で保存する」やり方だと、サイズの大きい添付ファイルは、「フォーマットを「メッセージソース」で保存」を選択する必要がありました。

ほかの方法でも、「GIF」「JPEG」「絵文字」などは問題ありませんでしたが...動画などの添付ファイルを確実に保存するなら、今回の方法がおすすめですね。

補足コメント

添付ファイルを手動で、保存する方法です。複数メールの添付ファイルを、一括で保存することも可能です。

メールの本文はいらないけれど、添付された画像や動画などはとっておきたいときに便利な方法です。

添付ファイルを保存したら、ちゃんとファイルが破損していないかチェックするのもお忘れなく!

ゴミ箱に移動したメールの消去を忘れずに

バックアップが完了したら、削除したメールをゴミ箱から消去するのも忘れずにやっておきましょう。

Mac メールの ゴミ箱を右クリックして、消去済み項目を消去...をクリックします。

このときに、過去のメールが削除されず、メールサーバーから何度も受信してしまうトラブルがおきがちです。

そんなときは、「Macのメールアプリで、古いメールを削除する方法」をお試しください。

まとめ

まとめの画像

Macのメールアプリで、メールを一括でバックアップする方法を解説してみました。まとめると、こんな感じ↓

Macのメールアプリで、一括でバックアップする方法3選
  1. PDFとして書き出す方法
  2. 別名で保存する方法
  3. 添付ファイルを手動で、保存する方法

PDFで保存する方法が、あとからメールの検索などやりやすいですね。

どのやりかたも、複数のメールを選択することで一括でバックアップできます。ぜひ、トライしてみてください!

ほかにも、Mac メールやアプリ・ソフトの情報をまとめた記事がありますので、あわせてこちらの記事もどうぞ↓

サウンドオルビス

5,221,949 views

サウンドテック・ラボ編集長兼ライター。「音楽×テクノロジー」で、あなたの「やってみたい」をお手伝いします。人生にドラマを!!

プロフィール

ピックアップ記事

カテゴリ内の記事